自動車

日本経済をけん引する自動車産業。国際競争力を高めていくために必要なことは? 自動車産業についての記事を集めました

新着記事一覧

news131.jpg

自動運転する椅子「プロパイロットチェア」を日産が開発した。(2016/09/27)

news082.jpg

ルノー・日産自動車連合と米マイクロソフトはコネクテッドカーに関する次世代技術開発で提携し、複数年契約を締結した。(2016/09/27)

news042.jpg

先月末、マツダはサステナビリティレポートとアニュアルレポートを発表した。これはマツダ自身による過去1年間の通信簿とも言えるものだ。今回はそのレポートを基にマツダの現状を分析したい。(2016/09/26)

news026.jpg

シェアリング・エコノミーの台頭や、自動運転技術の進化によって激変するタクシー業界――。そのような中、東京のタクシー初乗り運賃を410円にする実証実験が8月から始まった。その狙いは、単に近距離のタクシー需要を喚起するだけではない。(2016/09/26)

news102.jpg

レクサスのSUVコンセプトカー「UX Concept」が採用する内装の一部が公開された。(2016/09/23)

news100.jpg

排ガス不正で揺れた独VWにイグ・ノーベル賞が贈られた。(2016/09/23)

news079.jpg

スバル「レガシィ」のワイパーに不具合があり、最悪の場合火災が起きる恐れがあるとして10万台をリコール。(2016/09/23)

news045.jpg

右折、左折時や車線変更時に方向指示器(ウインカー)を出す。そんな当たり前の交通ルールが、なぜか岡山県では守られていない。ルールを守らないのは県民性なのか。(2016/09/21)

news063.jpg

軽自動車を主力とするスズキが、国内専用規格の軽販売でひたすらシェアを追い求める「乱売競争」とは距離を置き始めた。(2016/09/20)

news042.jpg

ビッグマイナーチェンジした86の試乗会でトヨタの広報がこう言うのだ。「アルミテープをボディに貼るだけで空力が改善します」。絶句した。どう聞いてもオカルトである。実際に試したところ……。(2016/09/20)

news128.jpg

ホンダがコンパクトミニバン「フリード」をフルモデルチェンジ。(2016/09/16)

news124.jpg

自工会の16年度の国内自動車需要見通しによると、全体では前年割れの484万5200台を見込む。(2016/09/15)

news122.jpg

トヨタがピックアップトラック「タコマ」を生産するメキシコ拠点の能力を増強。(2016/09/15)

news012.jpg

家探しをしているときに「沿線」や「駅」を考慮に入れる人も多いのでは。首都圏でいうと「田園都市線がいいなあ」とか「吉祥寺駅がいいなあ」といった感じで。では、これから注目されそうな沿線・駅はどこか。『沿線格差』(SB新書)の著者に聞いたところ……。(2016/09/14)

news074.jpg

国際的にも初乗り運賃が高いとされる日本のタクシーに新たな顧客を開拓しようと、初乗り距離を短縮した上で料金を引き下げる実証実験が東京都内で始まった。(2016/09/13)

news046.jpg

今年冬にトヨタが発売予定のプリウスPHVは、クルマとしての出来が優れている。だからこそ売らなくてはならない。特に北米市場においては失敗が許されない。そのわけとは……?(2016/09/12)

news136.jpg

富士通子会社の富士通テンがトヨタグループ傘下に。(2016/09/09)

news043.jpg

日本のメーカーの中でもとりわけユーザーとの強い関係性を築き上げているのが、自動車大手のマツダである。その表れの一つとして、実にさまざまなイベントをユーザーとともに開催しているのだ。(2016/09/09)

news050.jpg

マツダが独自技術で存在感を発揮している。独自技術を支えに業績好調を維持し、経営危機を繰り返した歴史から決別できるか。(2016/09/06)

news054.jpg

川崎市の小型EVメーカー「FOMM」が「水に浮く」小型電気自動車を開発した。まずは、海外での製造・販売からスタートするが、量産が軌道に乗れば逆輸入で日本国内を疾走する日も遠くなさそうだ。(2016/09/05)

news048.jpg

クルマは4年ごとにフルモデルチェンジ、その間の2年経過時にマイナーチェンジを行うのがお約束だったが、時代は変わりつつある。そんな中でマツダは「新車効果」を狙ってマイナーチェンジすることを止めるという。(2016/09/05)

news060.jpg

ホンダの最高級スポーツ車「NSX」は、米オハイオ州の専用工場で生産する。熟練技術者約100人を選抜し、ボディー製造から組み立てまで完全に内製化して高い品質と精度を確保した。生産責任者の本田技術研究所米国法人のクレメント・ズソーザ氏に話を聞いた。(2016/09/01)

news058.jpg

これまでのスポーツカーといえば、無駄を極限まで排除し機能を超えた圧倒的な美を放つ、いわば日本刀のようなものだった。しかし近年では、スポーツカーの世界でも「エコ」や「効率」というキーワードが常識になりつつある。(2016/08/30)

news049.jpg

東京メトロのホームドアの設置について、路線によって差が出ている。すでに4路線で全駅に設置している半面、東西線と半蔵門線は着工のめどすら立っていない。それぞれの路線が抱える事情とは?(2016/08/29)

news044.jpg

ホンダが高級スポーツカー「NSX」の国内受注を約10年ぶりに始めた。新型の細部に目をやると同社技術者の本気度合いが伝わってくる。その一方で、販売の無策ぶりが気になるところだ。(2016/08/29)

news111.jpg

「NISSAN GT-R」新モデルの受注が発売約1カ月で858台に。(2016/08/25)

news108.jpg

川崎重工がIT技術を活用した次世代モーターサイクルの開発に着手。(2016/08/25)

news078.jpg

ホンダが新型「NSX」を発表。大出力エンジンと3モーターによるハイブリッド方式を採用した。(2016/08/25)

news090.jpg

日産自動車がミニバン「セレナ」の新型を発売した。(2016/08/24)

news054.jpg

トヨタ自動車の「カローラ」が2016年11月に発売50年を迎える。トヨタを代表する大衆車で根強いファンも多いが所有者の高齢化も進む。抜本的なデザインの見直しなどで、ユーザーの若返りを図れるかが存続のカギとなりそうだ。(2016/08/23)

Loading

注目のテーマ