特集
» 2005年08月09日 07時14分 公開

OOo 2.0が変えるオフィスアプリ基準 第4回:「Impress」で問うPowerPointを使う理由 (5/5)

[可知 豊,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

 現行で最新のPowerPoint 2003は、テンプレートやアニメーション効果も洗練されており、このセンスをImpressで再現することは難しいというのがOOo上での互換性だ。しかし、仕事でプレゼンを行うために、自宅での作業用としてImpressを使うには、現実的な利用方法ではないだろうか。

 自宅では、プレゼンを作成したりと発表を練習するなどして、最後の仕上げは会社のPC上でPowerPointで仕上げる。このような使い方の一例が考えられる。また、これまでPowerPointを使ってこなかったユーザーが、新しくプレゼンテーションツールを使い始めたいのであれば、フリーライセンス料であるOpenOffice.orgのImpressだけを使っていけるだろう。さらに、旧バージョンのPowerPointを使い続けているユーザーは、セカンドマシンにImpressをインストールしてもよいだろう。

 自らのPC上でプレゼンテーションを作成し、実際のプレゼンの場でも同一のPCを使う。これならばImpressで十分に事足りる。このデータを他人と共有することがある。その場合には制限表を作るなどの前提条件が伴うというのが実シーンでの使いこなしになる。

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -