ニュース
» 2008年04月03日 18時18分 UPDATE

アカマイ、富士通「FENICS II」へアプリ配信技術を提供

アカマイのアプリケーション配信技術が、富士通の企業向けネットワークサービス「FENICS II」に採用された。

[ITmedia]

 アカマイは4月3日、企業向け業務アプリケーション高速配信サービス「アプリケーション・パフォーマンス・ソリューションズ(APS)」が、富士通の企業向けネットワークサービス「FENICS II」に採用されたと発表した。販売代理店契約も締結した。

akmi02.jpg FENICS IIとAPSの枠組み

 富士通は、FENICS IIを利用したSaaSプラットフォーム事業にアカマイのAPSを活用。ネットワークの混雑状況に左右されずに、安定してWebアプリケーションを利用できるようサービス品質の向上を図るのが目的となる。また、APSをFENICS IIのサービスメニューとして販売する。

akmi01.jpg 小俣氏

 アカマイの小俣修一社長は、「クラウドコンピューティングの世界でSaaSによるサービスを安定して提供したい。富士通はシステムおよびネットワーク分野に経験の豊かな企業であり、理想的なパートナーだ」と述べた。

 アカマイは世界71カ国のIPSなどと提携し、コンテンツやアプリケーションデータのホスティングと、インターネット上のルーティングを管理する専用サーバを3万台以上設置する。専用サーバ間では最大3つのルートでデータを伝送し、遅延抑止やパケットロスによる伝送品質の低下を回避する独自サービスを展開する。

 「コンテンツ配信と同様にアプリケーション配信でも安定利用が品質の第一条件。遅延やデータロスがビジネスに損害を与える影響は計り知れず、システムとネットワークを一体的に最適化することが重要だ、われわれはこのソリューションを提供できるユニークな存在」(小俣氏)

akmi03.jpg 大手専門商社での運用事例

 すでに大手専門商社の1社が、4月下旬からアカマイの配信技術とFENICS IIを組み合わせてWebベースの受発注システムを本格運用するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -