ニュース
» 2008年05月13日 14時56分 UPDATE

OpenOffice.orgのデータが検索可能に 「QuickSolution Portal」新版

検索ソフトウェアの新バージョン「QuickSolution Portal Ver.6.1.3」を住友電工情報システムが発売。OpenOffice.orgのデータ検索に対応した。 

[ITmedia]

 住友電工情報システムは5月13日、オープンソースのオフィスソフトウェア「OpenOffice.org」のファイル検索に対応したソフトウェア「QuickSolution Portal Ver.6.1.3」を発売した。

 最新版では、テキストファイル、Microsoft Office、PDF、HTMLファイルなどに加え、OpenOffice.orgの文書ファイルの検索にも対応したことが特徴となる。

 QuickSolution Portalは、ファイルサーバ、データベースサーバ、グループウェアなどに保存している文書やデータを全文検索できる企業内検索ソフトウェア。1台のPCサーバで1Tバイト、約1億件のデータを検索できるなど、大容量のデータを高速検索するのに適している。多言語に対応しており、辞書メンテナンスは不要。権限管理機能などを備えている。

 価格は80万円から。OpenOffice.orgの利用を検討している企業に売り込み、全文検索エンジン「QuickSolution」と合わせて年間6億円の売り上げを目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -