ニュース
» 2008年11月07日 08時15分 UPDATE

大学もクラウドを支持:立教大学、学生や教員3万4000人がGmailを活用

立教大学は3万4000人が活用するメールシステムにGmailを採用した。学内の認証システムの連携も図り、パスワードを変更せずにGmailを利用できるという。

[ITmedia]

 立教大学は、Google Appsを導入し、学生や教員、関係者など約3万4000人が活用するメールシステムを構築した。4月から運用している。システム構築を支援したサイオステクノロジーが11月6日に発表した。

 同大学は、Gmailや文書管理サービスなどが利用できる「Google Apps Education Edition」を採用。1ユーザー当たり7Gバイトの電子メールの容量を与えている。既存の認証システムからGoogle Appsにログインできるようにしたため、ユーザーはパスワードなどを変更せずにGmailを使える。管理者は、学内の認証システムからGoogle Appsのユーザーの追加や削除ができる。

 従来のメールシステムでは、多数のユーザーが同時に電子メールを送受信すると、システムに負荷がかかり、メール送受信がうまくできないといったことが起こっていた。Gmailに移行したことで、こうした問題を解消し、運用管理の負荷を削減できたとしている。

 Google Appsの移行に合わせて、認証/シングルサインオン/電子メール用の各サーバを、ヴイエムウェアの仮想化製品「VMware Infrastructure」で統合し、1台のサーバで運用できるようにもした。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -