ニュース
» 2008年11月25日 20時29分 UPDATE

従来のWikiよりも簡単に操作:ワープロ感覚で情報共有 企業向けWiki「Deki Wiki」の提供開始

ベリタス・コンサルティングは、添付ファイルを含むサイト内の全文検索、ワープロ感覚で編集できるWYSIWYGエディタ、更新情報のRSS配信といった機能を持つ企業向けWikiサービスの提供を開始した。

[ITmedia]

 組織・人事コンサルティングのベリタス・コンサルティングは11月21日、企業向けWikiサービス「Deki Wiki」の提供を開始した。ワープロ感覚で編集できるエディタなどを備え、従来のWikiよりも簡単に使えるサービスとして、ASP(ソフトウェアの期間貸し)形式で提供する。

「Deki Wiki」の画面 「Deki Wiki」の企業ポータルとしての活用例

 同サービスは、添付ファイルを含むサイト内の全文検索、ワープロ感覚で編集できるWYSIWYGエディタ、更新情報のRSS配信、LDAPやActiveDirectoryなど外部認証システムとの統合といった機能を持つWikiサービス。Windowsのエクスプローラのように操作できるデスクトップツールも備えており、ファイルのドラッグ&ドロップなどもできる。企業内での情報共有を促進することを狙いとしている。

 価格は容量が1Gバイトで25ユーザーが使える「エントリープラン」が月額7500円、5Gバイトで100ユーザーの「ビジネスプラン」が月額3万8500円など。100Mバイトの容量で10ユーザーが無料で使える「フリープラン」、ソフトウェアライセンス型の「アプライアンス」(250万円、保守費用は年額42万5000円)も用意している。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -