ニュース
» 2009年01月30日 08時00分 公開

システム管理者へのお助けTips:JP1一問一答・毎月パラメーター値が変化するジョブを自動化するには?

毎月パラメーター値が変動する処理を含む業務では、実行のたびにジョブネットの定義を変更しなければならない。これを自動化するにはどうしたらよいだろうか。

[友成文隆(日立製作所),ITmedia]

マクロ変数の利用でパラメーター値の変化に対応する

 パラメーター値が変動する業務のジョブネットを自動化するには、ジョブに値を引き継ぐ情報をマクロ変数として定義し、実行登録時に値を指定すればよい。業務運用上またはジョブのプログラム仕様上、年月の情報を毎月指定する必要がある場合などに有効だ。

対象製品:JP1/Automatic Job Management System 2 - Manager(JP1/AJS2 - Manager)

設定操作例

 ジョブ1からジョブ4で構成される業務において、ジョブ4に処理年月の情報をパラメーターとして与える場合の設定例を紹介しよう。

 まず、可変値となるジョブのパラメータをマクロ変数として定義する(この場合は「?AJS2YYMM?」)。

ジョブ1からジョブ4で構成される業務
ジョブ4の詳細定義の画面から、パラメーターをマクロ変数として定義

 そしてジョブネットの実行登録時に引き継ぎ情報として定義したマクロ変数に200702を設定することで、ジョブ4に引数として200702を渡すことができる。また、ajsentryコマンドの -c 引数を用いることで、コマンドラインからパラメーターを渡して実行することも可能である。

実行登録時画面から引継ぎ情報を表示する
引継ぎ情報として200702を設定

関連キーワード

JP1 | 運用管理 | システム管理者


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -