ニュース
» 2009年02月24日 18時41分 UPDATE

システム構築費用は3分の1:野村総研と日本IBM、ブレードサーバを取り入れた企業内ポータルサービス

野村総合研究所と日本IBMは、オープンソースソフトウェアを活用した中堅・中小企業向けの企業内ポータル構築サービスを発売した。商用のソフトウェアに比べて約3分の1の費用で構築できる。

[ITmedia]

 野村総合研究所と日本IBMは2月24日、オープンソースソフトウェアを活用した中堅・中小企業向けの企業内ポータル構築サービスを発売した。商用のソフトウェアに比べて約3分の1の費用で構築できる。価格は最小構成で168万円。

 発売するのは「OpenStandia/Portal on System x/BladeCenter」。企業でポータルサイトを構築するソフトウェアやデータベース管理システム、Webアプリケーションサーバなど複数のオープンソースソフトウェア、稼働状況を事前に検証したブレードサーバを組み合わせて提供する。

 従来、企業内ポータルの構築には、ハードウェア構成の設計や見積もりに2週間程度を要していたが、これを1日に短縮できる。オープンソースソフトウェアを活用しているため、商用ソフトウェアに比べて約3分の1の費用で構築できる。

 OpenStandia/Portal on System x/BladeCenterは、野村総研の企業内ポータルサービス「OpenStandia/Portal」に、IBMの中位機種のブレードサーバ「IBM BladeCenter S」、ラック型のx86サーバ「System x3650」、LinuxのOSを組み合わせている。

 提供するメニューには、200ユーザーまでの利用を対象とした「オールインワン・タイプ」、1000ユーザーまでの「ブレードサーバー・タイプ」、サーバを二重化した「ブレードクラスター・タイプ」の3種類。ハードウェアの稼働を検証し、サービスとして最適化した上で提供する。構築/保守サービスは、野村総研が担当する。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -