ニュース
» 2009年04月10日 12時07分 UPDATE

不況が追い風に:世界仮想サーバ市場、2013年には23億ドル規模に――IDC予測

コスト削減の必要性が仮想データセンターの普及を後押ししており、今後パフォーマンス管理やイベント自動化管理製品が伸びるとしている。

[ITmedia]

 米調査会社IDCは4月9日、2008年の世界仮想サーバソフトウェア市場の調査結果と将来の市場予測を発表した。景気後退の影響で多くのIT市場が停滞する中、大規模な仮想サーバの導入が加速し、世界仮想サーバソフトウェアの市場規模は、2008年の8億7100万ドルから2013年には23億ドルに成長するという。

 短期的には、設定、変更、プロビジョニング、ソフトウェア配布関連の製品が市場を占めるが、最終的にはパフォーマンス管理やイベント自動化管理製品が定着するとIDCはみている。

 IDCは、2012〜2013年には仮想サーバ管理機能はデータセンターシステムの一部として管理アーキテクチャに統合されるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ