ニュース
» 2009年04月10日 13時16分 UPDATE

仮想化技術利用のデータ統合技術:Red Hat、オープンソースのデータ仮想化プロジェクト「Teiid」発表

Teiidはデータ仮想化により、異機種環境にあるデータへのリアルタイムアクセスを可能にするとしている。

[ITmedia]

 米Red Hatは4月9日、オープンソースのデータ仮想化技術プロジェクト「Teiid」の立ち上げを発表した。リレーショナル、XML双方のデータを仮想化し、企業情報統合(EII)を提供することを目指す。

 オープンソースのデータ統合技術のほとんどは物理的にデータの移動や複製を行うが、Teiidではデータ仮想化により、データの移動・複製なしにリアルタイムで異機種環境にあるデータにアクセスできるという。TeiidのJDBCとWeb Servicesインタフェースはカスタムアプリケーションとパッケージアプリケーションの両方と統合できるよう設計されている。

 Red HatはTeiidをJBoss.orgコミュニティーのプロジェクトとして展開し、その後同社のサブスクリプション制ミドルウェア製品「JBoss Enterprise Data Services Platform」の次期版の基幹とする予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -