ニュース
» 2009年05月19日 09時09分 UPDATE

クラウドの管理機能が向上:Amazon、EC2にスケーリングや負荷分散の機能を追加

AmazonのクラウドコンピューティングサービスEC2に、リソース監視ツール「CloudWatch」、自動スケーリングツール「Auto Scaling」、トラフィック分散ツール「Elastic Load Balancing」が加わった。

[ITmedia]

 Amazon傘下のWebサービス企業Amazon Web Services(AWS)は5月18日、クラウドサービス「Amazon EC2」の3つの新機能のβ版を公開したと発表した。米国のEC2ユーザーは同日からこれらの機能を利用できる。欧州のユーザー向けには数カ月以内に公開する予定。

 「CloudWatch」はAWSのクラウドリソースを監視するWebツール。CPUの使用状況、ディスクの読み書き、ネットワークトラフィックなどのリソースの使用状況、操作性能、需要パターンを視覚的に把握できる。

 「Auto Scaling」はEC2の自動キャパシティスケーリングツール。CloudWatchの情報を基に、使っているインスタンスを必要に応じてシームレスに増減できる。

 「Elastic Load Balancing」はアプリケーションのトラフィックを複数のインスタンス間に自動的に分散させる機能。障害の発生したインスタンスを探知し、そうしたインスタンスがリストアされるまでほかのインスタンスにトラフィックを移すことなどにより、耐障害性を高める。

amazon ec2 新機能の概念図

 料金は、CloudWatchが1インスタンス当たり1.5セント。Auto ScalingはCloudWatchの機能として無料で利用できる。Elastic Load Balancingは1時間当たり2.5セント、データ転送量1Gバイト当たり0.8セントとなっている。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -