ニュース
» 2009年06月04日 18時02分 UPDATE

日立、デジタルサイネージ事業を一本化 2010年に1万台導入目指す

日立製作所は事業部ごとに提供していたデジタルサイネージ関連のサービスを一本化し、ユーザー企業の導入増加を狙う。

[ITmedia]

 日立製作所は6月4日、デジタルサイネージ(電子看板)事業を強化すると発表した。事業部門ごとに提供していたシステム導入のコンサルティングサービスやコンテンツの作成、配信スケジュールの管理、システム構築などを一本化し、サービスとして提供する。

 事業強化の一環として、デジタルサイネージのシステム構築やコンテンツの配信基盤などのサービスをまとめた「日立デジタルサイネージソリューション」の提供を、6月10日に開始する。同社が得意としてきた金融機関や公共施設、流通業などの分野に加え、オフィスビルやマンションにも売り込む。

 売り上げ目標は「未定」(日立製作所広報部)としている。現在3000台の導入実績があるが、これを2010年までに1万台に増やす見通しだ。

過去のニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

日立製作所


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ