ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「目標」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「目標」に関する情報が集まったページです。

ダイキンの持ち運べるエアコン、商品化が決定 初のクラウドファンディングは10日間で目標到達
ダイキンが持ち運べるエアコン「Carrime」(キャリミー)の商品化を決めた。「Makuake」でクラウドファンディングを行い、商品化の条件としていた300件以上の支援を獲得した。(2019/12/11)

スマホで支払えるコンビニ収納サービス「マイペイメント」、セブン-イレブンに導入へ
NTTインターネットのコンビニ収納サービス「マイペイメント」が、セブン-イレブンに導入される。2020年2月開始を目標とし、セイコーマートや他のコンビニでも取り扱いに向けて調整を行っている。(2019/12/11)

小島瑠璃子、「PUBG LITE」生配信でいきなり“ドン勝” 「1日1ドン勝」を目標に腕磨く
一発で決めたの本当にかっこいい。(2019/12/11)

「上意下達」の限界か:
会社で立てた目標に社員の半数「自分の意見反映されず」――管理職は「部下のモチベ上げる」と思い込み!?
会社で立てられるサラリーマンの「業務上の目標」。調査で管理職の7割が「部下のモチベ向上につながる」と回答。一方で一般社員の半数は「自分の意見反映されず」とギャップ大きく。(2019/12/10)

産業用画像技術:
分解能1nmで膜厚を測定できる、キヤノンITSがハイパースペクトル画像事業に注力
キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、ハイパースペクトル画像処理ソフトウェアを手掛けるドイツのLuxFluxと販売代理店契約を締結したと発表した。2019年12月上旬から同社製品の国内販売を始める。販売開始から3年後となる2022年の売上高目標は1億円。(2019/12/9)

ケースで学ぶ組織の変革:
「脱パワハラ」はどうすれば? 目標第一の営業部長が苦悩
「その発言、パワハラでしょ」と感じたことがある人も多いのでは。パワハラ文化は長らく日本の会社に根付いているが、どうすれば解決することができるのか。実際のケースで分析したところ……。(2019/12/5)

太陽光:
明治が自社工場に自家消費型太陽光、年間6000トンのCO2削減へ
明治は、自社工場において太陽光発電設備の導入を進める。2028年度までに、2019年度と比較して年間CO2排出量約6000トンの削減を目標とする。(2019/12/3)

製造マネジメントニュース:
トヨタが中国EVメーカーと合弁契約、EVの研究開発を加速
トヨタ自動車は比亜迪股份と、EVの研究開発会社設立に向けた合弁契約を締結した。2020年中に中国での設立を目標とし、EVおよびEVプラットフォーム、関連部品の設計、開発などを事業内容とする。(2019/12/3)

売上高4割減:
「いきなり!ステーキ」に異変!? いきなり“ブレーキ”のワケ
外食チェーン「いきなり!ステーキ」が苦戦している。わずか6年で489店舗まで拡大、1000店舗の目標を掲げていたのに、44店舗の退店を発表した。背景に何があるのかというと……。(2019/11/30)

ウエスト−17.4センチ! 西野未姫が約2カ月のダイエット成果を公開 「全然違いますね!」「昔の写真の方が信じられん」
目標の「サマー・スタイル・アワード」まであと2日。(2019/11/29)

“善意”のボランティアにどう説明するのか:
「ボランティアのはずなのに、アルバイトとして募集している!」 ネットで話題の東京五輪時給1600円スタッフ 真相を組織委員会に直撃
ボランティア募集していた東京五輪のスタッフ。もともと無償であることに批判が集まり、ネットで話題になっていた。しかし、目標としていた8万人に対して20万人超が応募。交通費として1000円を支給することにもなり、落着したかと思われた。ただ、最新のタウンワーク誌上で時給1600円から、アルバイト募集していると話題に。ボランティアとの違いは何なのか。組織委員会に聞いた(2019/11/29)

「美しい歩き方」サポート、NECらが“IoTインソール”開発 クラウドファンディングは1日で目標100万円達成
NECのIoTセンサーを搭載した歩行計測インソールがクラウドファンディングを開始。支援は一口1万7000円(税込)から、期間は2020年2月25日まで。(2019/11/28)

電力供給サービス:
東京ガスが再エネを10倍に拡大する新中期計画、2030年までに500万kW規模に
東京ガスが2030年までの新たな経営ビジョンを発表。2030年までに国内外で取り扱う再生可能エネルギー電源の規模を、現状の約10倍となる500万kWにまで拡大する野心的な目標を掲げた。(2019/11/28)

製造マネジメントニュース:
パナソニックの中期戦略目標は「低収益体質からの脱却」、聖域なく見直しを断行
パナソニック 社長の津賀一宏氏が、2019〜2021年度の中期戦略の考え方と、この半年間での取り組みの進捗について説明。津賀氏は「今中期戦略は低収益体質からの脱却が目標。これを実現した上で、より長期の目標として、2030年に向けて『くらし』で役に立つ、くらしアップデートの会社を目指す」と強調した。(2019/11/25)

「からあげクン」宇宙食採用へ前進 宇宙空間向けにフリーズドライの乾燥具合を調整
ローソンの「からあげクン」は10月、「Pre宇宙日本食」に認定された。現在は正式な宇宙日本食認定を目標に、保存性の向上に向けフリーズドライの温度や乾燥具合を調整している。(2019/11/19)

「1ヶ月半でこれは」「まってすごすぎる」 西野未姫、トレーニングで獲得した“美腹筋”を披露 目標は10キロ減
今度はリバウンドしませんように……!(2019/11/17)

「歌えるって幸せ」「大きな希望と目標が芽生えた」 急性白血病の「あみん」岡村孝子、約10カ月ぶりの歌唱で元気な姿
ファンからは多くのエールが届いています。(2019/11/16)

プロジェクト:
三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア開業、日本文化や歴史をデザインに反映
三井不動産は2020年度までに、ホテル事業の運営客室数を1万室に増やすことを目標に掲げている。オリンピック開催後、インバウンド需要がさらに活性化することを見込み、豊富な客室数を保有することで、需要を取り込み、持続的な事業拡大を図っていく考えだ。2019年11月22日には、三井ガーデンホテルのブランド“プレミアシリーズ”の新ホテルとして「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」をオープンする。(2019/11/15)

コスト効率をどこまで上げられる? DellがPC、オンプレからクラウドまで使えるサブスク料金制度と自律型CIを発表
Dell Technologiesが新たな料金体系として、PCやソフトウェア、ハードウェア、仮想化製品などを含めた統合的なサブスクリプションモデル「Dell Technologies on Demand」を発表した。運用管理作業を自律化するコンバージドインフラ「PowerOne」と併せて発表に踏み切った背景には、今後10年間に向けた大々的な目標があるという。(2019/11/15)

山岳トンネル工事:
現場の消費電力40%削減に成功、エネルギーマネジメントシステム「N-TEMS」
西松建設では、2030年度に事業活動から発生する全てのCO2排出量をネットゼロ(創エネルギーと組み合わせ消費エネルギーをゼロにすること)とするために、LED仮設照明や軽油代替燃料の採用、省エネ型建設機械の活用などに取り組んでいる。この活動の一環として、山岳トンネル工事を対象に、使用電力量を年間約92トン削減することを目標に掲げる。目標達成のため、機械・設備の使用電力を抑えられるエネルギーマネジメントシステム「N-TEMS」を開発した。(2019/11/25)

製造業IoT:
東芝の“誰でも作れるIoT”が人気、目標の2倍ペースで問い合わせ
東芝デジタルソリューションズ(TDSL)は、プライベートイベント「TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2019」(2019年11月7〜8日)を都内で開催。2019年11月5日に発表した「ifLinkオープンコミュニティ」や同コミュニティーの中心となる技術である「ifLink」について紹介した。(2019/11/12)

富士通、19年度の中途採用を倍増 150人から300人に AIエンジニアなどDX人材を強化
富士通が「DXビジネス」の強化に向け、中途採用の目標人数を引き上げる。2019年度の目標人数は150人だったが、300人に増やす。AIエンジニア、サイバーセキュリティエンジニア、データサイエンティストなどが対象。第二新卒の採用も積極化する。(2019/11/11)

ふるさと納税問題の新常識!? GCFってなんだ
 返礼品競争の過熱が問題視される「ふるさと納税」の新しい寄付の募り方「GCF」が広まり始めている。「ガバメントクラウドファンディング」の略で、企業や個人など事業者が使い道と目標金額を具体的に示し、インターネットを介して出資を募る「クラウドファンディング(CF)」の自治体版だ。地域振興などの施策を進めるのにも活用できるとあって、とりわけ財政規模の小さな地方の自治体などが熱い視線を送っている。(2019/11/8)

首里城再建 支援金3億円超える〜「ふるさと納税」活用で
目標の1億円を大きく超える額が集まっています。(2019/11/7)

製造業IoT:
東芝の工場IoTは13社で実稼働レベルへ、デンソーでも4社競合を勝ち抜く
東芝デジタルソリューションズ(TDSL)は、プライベートイベント「TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2019」の開催に先駆け記者会見を開催。同社 社長の錦織弘信氏は「IoTやAIに加えて、さまざまなドメインで展開する東芝グループの事業を足掛かりに、2030年を目標とする世界有数のCPSテクノロジー企業への道筋を切り開く」と意気込んだ。(2019/11/7)

“ドメインナレッジ×AI”でリハビリ計画作成を効率化 患者の早期社会復帰へ――北原病院グループとNECが共同実証
NECと北原病院グループは、AI技術を活用したリハビリ計画作成技術の共同実証を実施。患者に適した回復度やリハビリ目標をAIが予測し、リハビリ計画の作成時間を約60%短縮した。患者の早期の社会復帰と業務負荷軽減、医療サービスの質向上を目指す。(2019/11/5)

製造業の原価企画業務を高度化・標準化:
PR:その目標原価は正しい?「原価企画」で利益を出すために必要なことは何か
製品ライフサイクルの短縮、少量多品種へのシフト、生産拠点のグローバル化や設備の多様化など、製造業を取り巻く環境は厳しさ・複雑さを増している中、製品の企画・設計段階で目標とする原価を作り込む「原価企画」が近年注目を集めている。TISの「LinDo統合原価企画」は、製造業の原価企画業務を高度化・標準化し、"原価企画で利益を生み出す"ことができるソリューションだ。(2019/11/6)

RPA運用に不可欠な“ガバナンス”の作り方とは? UiPathとPwCあらたが公開
監査法人のPwCあらたとRPA製品ベンダーのUiPathが共同執筆した「RPAガバナンス構築のためのガイドライン」と「RPAガバナンスハンドブック」が公開された。RPA導入による目標・目的達成を、効果的かつ効率的、安心安全に実施できる仕組み作りを支援するとしている。(2019/10/29)

劇場アニメ「ポッピンQ」続編に向けたクラウドファンディングが始動! わずか1時間で目標額250万円を突破する大反響
新展開ショートストーリーは、5人のヒロインの小説を制作するそうです。(2019/10/29)

「どの規格も重要」と強調:
インドがLPWANの導入を加速、スマートシティー実現へ
インドは現在、国内で100のスマートシティーを実現するという政府目標を遂行中だが、4000のスマートビレッジやスマートタウン、スマートシティーの実現に向けて、プログラムの第2フェーズである「Smart City Mission 2.0」の施行を検討しているという。(2019/10/29)

若手社員の6割が転職サイトに登録 定着のカギは「目指したい上司」「目標にしたい人」
憧れの人の存在が仕事への意識を変えるかも。(2019/10/21)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(58):
「違和感駆動」で目標を見いだそう
何を目標にしたらいいのか分からない――このような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。今回は、目標を見いだす1つの方法を紹介します。キーワードは「違和感」です。(2019/10/16)

急旋回も目標軌道を正確に追従、日立オートモティブシステムズの新技術
過去から現在までのセンシング情報を軌道として認識し、追従の精度を向上させた。また、シミュレーションによって車両の運動を予測して、アクチュエーターの応答遅れを補正する。(2019/10/15)

「FGOアーケード」、ガチャの確率に不具合 アーケードゲームでは異例の返金対応へ
11月上旬を目標に、受付フォームを準備中とのことです。(2019/10/11)

国立がん研究センターなど病院に広がる「Azure」「Teams」 日本マイクロソフト、医療業界へのクラウド普及に自信
日本マイクロソフトが、ヘルスケア領域におけるクラウドサービスの導入事例を公表。がん手術の動画を「Azure」に集約している国立がん研究センターの例などを紹介した。同社は18〜20年の3年間で、ヘルスケア業界全体のクラウド利用率を4割から7割に引き上げるなどの目標を掲げており、進捗(しんちょく)は順調という。(2019/10/9)

「Kindle キッズモデル」発表 児童書1年間読み放題、目標達成でもらえる「バッジ機能」など搭載 30%高速化した「新Fire HD 10」も
新しい「Fire HD 10」も発表。(2019/10/8)

キズナアイ、東京モーターショーでPR大使に 自動車にとどまらない「未来生活」見せる場に大転換
10月下旬開幕の東京モーターショーで、VTuberのキズナアイが、PR役の「アンバサダー(大使)」に就くことになった。入場者減に悩むショーは今回、自動車にとどまらない「未来生活」を見せる場への大転換により入場者100万人への回復が目標。主催の日本自動車工業会(自工会)は、PR面でも日本発の未来を感じさせる手法で、従来と全く異なる層へ発信する狙いだ。(2019/10/3)

自然エネルギー:
旭化成ホームズが「RE100」加盟、2038年までに再エネ100%の事業運営体制に
旭化成ホームズは、事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標とする国際イニシアチブ「RE100」への加盟を発表した。これにより、2038年までに事業で利用する電力を100%再生可能エネルギー由来とする計画である。(2019/9/25)

Amazon、気候変動対策の一環で電動配送車10万台発注
Amazonが、パリ協定目標を10年前倒しで達成する「気候公約」への署名を発表し、その一環として電動配送車10万台を発注し、森林保護に1億ドル拠出する。(2019/9/21)

無人走行ロボットのサービス開始:
ドローンの次は最速20キロのUGV 楽天が陸・空から革命起こす 壁は「手ごわい」道交法 
楽天が自動走行ロボットを使った配送サービスを開始。神奈川県横須賀市のうみかぜ公園で9月21日から10月27日まで。同ロケーションでは既にドローン配送も行っている。楽天は「無人ソリューションで新たな産業革命を起こす」という目標を掲げているが、道路交通法などまだまだハードルは高い。(2019/9/20)

若者の4人に1人がスーツ買えず:
スーツを買えない若者たち レナウンが絶好調サブスク「着ルダケ」で就労を支援
レナウンが、展開するサブスクリプションサービス「着ルダケ」で新プロジェクトを開始する。同サービスは利用者目標を上方修正するほど絶好調。「Wear For The Future」と称し、サービスで使用されたスーツを寄付する。タッグを組むNPO法人「育て上げネット」によれば、就労を希望する若者の4人に1人がスーツを持っていないという。(2019/9/13)

モバイル決済の裏側を聞く:
キャンペーンは「とことんやる」、手数料は「悪いようにはしない」 PayPay馬場副社長に聞く決済戦略
コード決済の事業者は、ほぼ出そろいつつある。その中でも、圧倒的な資金量と営業力で、後発ながら存在感を見せつけるのがPayPayだ。同社で加盟店開拓を主に担当する、取締役副社長執行役員COO兼営業統括本部長の馬場一氏に、現状の手応えや今後の目標などをうかがった。(2019/9/10)

人工知能ニュース:
画像処理と機械学習に特化したエッジAIチップ、「売価は1000円以下を目標」
ArchiTekは、「イノベーション・ジャパン2019 〜大学見本市&ビジネスマッチング〜」(2019年8月29〜30日、東京ビッグサイト)において、同社が開発するエッジデバイス向けAI(人工知能)プロセッサの技術紹介を行った。競合のエッジAIチップと比較して電力性能やコスト面で優位性があると訴える。(2019/9/9)

製造マネジメントニュース:
DXの国内動向調査、半数以上の企業でビジネス戦略とDX戦略に隔たり
IDC Japanは、国内企業を対象としたDXの動向調査結果を発表した。国内企業のDXへの取り組みは、より現実的な目標に向かっているが、効果を実感していない企業も多く、DXプロジェクト、システム間の連携も道半ばだ。(2019/9/9)

2020年4月に提供開始:
応用地質がレーダー探査した「地下埋設物」を日立のAIで判定、占用者や施工者にクラウドから提供
日立は2025年度までに、社会インフラ保守関係事業で1000億円の売上目標を掲げており、その一環として、同社のAIと応用地質の地中探査技術を融合させて、「地下埋設物」を3Dマップ化し、クラウドを介して第三者に提供する新規事業を2020年から開始する。(2019/9/6)

キャリアニュース:
製造業の優秀企業は、20%を超えるデジタル投資収益率を達成
アクセンチュアが、製造業を対象とする最新調査の結果を発表した。卓越した成果を上げている優秀企業は、PoCの半数以上を本格化し、目標値を上回る20%超のデジタル投資収益率を達成していた。(2019/9/5)

食パンで地球を救う? 大阪の店が「SDGsパン」開発
食パンが地球を変える−。大阪市鶴見区のパン店が、食品ロスや二酸化炭素(CO2)削減といった地球規模の問題への関心を呼びかけるユニークな食パンを開発した。その名も、国連の「持続可能な開発目標」(SDGs)にちなんだ「SDGs食パン」(2019/9/4)

スマホ中毒を加速させる魔のアイテム 人をダメにするアーム付きスマホホルダーがMakuakeで人気
目標金額の10倍以上の支援が集まっています。(2019/8/31)

「顧客が最も重視する価値を最初に特定」:
製造業の優秀企業の投資収益率は20%超 アクセンチュアが調査結果発表
アクセンチュアが実施した調査によると、優秀な企業は実施したPoCの半数以上を本格化して同業他社を上回る収益を挙げていた。しかもこうした企業では、実際のRODIが目標を上回っていた。(2019/8/26)

空気質・水質の新たな体験価値提案スペース「Reboot Space」:
売り上げ目標3000億円を推進する体験スペースを開設、空気質・水質を再定義し新たな価値創出
パナソニック エコシステムズは、オフィスやホテル、店舗、病院、商業施設といった非住宅向け事業を加速させている。(2019/8/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。