ニュース
» 2009年07月14日 07時00分 UPDATE

Adobe、「ColdFusion 9」「ColdFusion Builder」をβ公開

AdobeはFlash、Adobe AIR、LiveCycle ESなどとの統合を強化した「ColdFusion 9」に加え、新しい開発ツール「ColdFusion Builder」も提供する。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは7月13日、「Adobe ColdFusion 9」および「ColdFusion Builder」のβ版を公開した。

 ColdFusionは動的なWebサイトやWebアプリケーションを構築するためのツール。バージョン9ではFlash、Adobe AIR、LiveCycle ESなどとの統合が強化されたほか、Microsoft SharePoint、Officeファイルなど、企業の既存のインフラからのデータに簡単にアクセスできる。1カ所から複数のColdFusionサーバを管理できる新機能も備えており、ローカル・リモートデータベース同期化によって、オフラインでも使えるWebアプリケーションが構築できる。

 ColdFusion Builderは、カスタマイズ可能な統一された開発環境を提供する新しい開発ツールで、デバッグや、リモートサポート、カスタムコード生成などの機能を備えている。ColdFusion BuilderとFlash BuilderはともにEclipseを基盤としているため、機能が深く統合されているという。

 ColdFusion 9とColdFusion Builderのβ版はAdobe Labsからダウンロードできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -