ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「開発支援ツール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!開発→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で開発関連の質問をチェック

プレミアムコンテンツ:
次世代プログラミングツール導入戦略ガイド
あらゆる種類の組織が次世代プログラミングツールに注目している。本PDFは、ローコード開発ツールがいかに幅広いユーザーの助けになるか、こうしたツールによる効率の向上、それに伴う多くの検討事項について取り上げる。(2021/1/14)

ルネサス、コネクテッドカー開発でMicrosoftと協業
ルネサスがコネクテッドカー開発でMicrosoftと協業。ルネサスの車載用SoC「R-Car」を搭載した開発ツール「R-Carスタータキット」が、MSのモビリティプラットフォーム「MCVP」の開発環境として利用できるように。(2021/1/13)

どの企業もまねできる内製化ステップをイチから教えます:
PR:「DX銘柄」日清食品HDの情シスを支えるローコード開発ツールの秘密
DX銘柄に選定され注目を集める日清食品HD。その情報システム部門が推進する施策の一つがシステム開発の「内製化」だった。プロジェクトの中心人物に聞いた内製化の定着方法や効率の高め方は、われわれにもまねのできる、よく考えられたものだ。(2020/12/2)

Dell Boomiが提供するiPaaSはなぜいま日本に必要なのか
IPaaSを掲げるDell傘下のBoomiが日本企業向けのアプローチを本格化する。APIマネジメントでありローコード開発ツールであり、EAIでもあるBoomiはDXを急ぐ日本企業にどんなメリットをもたらすか。(2020/11/30)

ローコード開発ツールの導入から運用を一括支援 パーソルP&Tが提供
パーソルP&Tは「Microsoft Power Platform Solution」の提供を開始する。「Microsoft Power Platform」の導入やトレーニング、ヘルプデスクの設置、アプリケーション作成などを支援する。(2020/11/18)

よくある「4つの落とし穴」も解説:
PR:システムを内製したい、でもコストも人材も足りない――悩める企業の切り札「ローコード開発」を最大限に活用するには
DXの本格的な取り組みが進むにつれ、業務システムを内製してより柔軟に開発、変更できる体制が必要になっている。とはいえ、人材不足やコスト不足で「内製はしたいが、方法が見つからない」と悩む企業もあるはずだ。そんな中で注目されるのが、プログラミングを最小限に抑えたローコード開発だ。その利便性を最大限に引き出し、社内のガバナンスやセキュリティも確保するにはどんな環境が必要なのか。ローコード開発ツールを手掛ける企業に聞いた。(2020/11/4)

IT用語解説系マンガ:食べ超(196):
ローコード開発ツールでリゾートも開発
用意された機能が四則演算だけだった、という苦情もまれに寄せられます。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2020/10/7)

組み込み開発ニュース:
RISC-V向けOSおよび開発ツールの共同研究開発を開始
イーソル、ユーリカ、京都マイクロコンピュータ、エヌエスアイテクスは、既存のRISC-V開発環境に対し、国内活用の観点から不足しているOSや開発ツールの機能開発と実証評価を開始する。(2020/9/15)

Apple、Epic Gamesの開発者アカウント停止を通告 Unreal Engine製ゲームへの影響懸念も
Epicのゲーム開発ツール「Unreal Engine」に影響が及びそうです。(2020/8/18)

モータードライバーIC用:
東芝、MikroElektronikaと評価ボードで提携
東芝デバイス&ストレージは、モータードライバーICの評価ボードについて、組み込みシステム向け開発ツールメーカーのMikroElektronika(以下、Mikroe)と提携した。(2020/8/12)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
LINEや電話へも展開可能、API型開発ツールで進化するチャットbotの現在地とは?
顧客から企業への問い合わせ手段として主流になっているテキストメッセージングの「自動応答」を実現するとして注目されるチャットbot。さらに最近では、API型の開発ツールにより、LINEや電話への展開も容易になっているという。(2020/5/27)

RPAツールをLGWAN環境でセキュアに提供――UiPathと京都電子計算、「自治体向けRPA配信サービス」を開始
UiPathと京都電子計算は、京都電子計算のクラウドサービス「Cloud PARK」上で提供するLGWAN-ASP基盤サービスとして、「自治体向けRPA配信サービス」の提供を開始する。自体体ユーザーは、セキュアなLGWAN環境で、UiPathのRPA開発ツール、RPA実行ツール、RPA管理ツールを利用できる。(2020/5/11)

特集:“コーディングのプロに嫌われない”ローコード開発(1):
重要なのは、コーディングの速さではなく「価値創出の速さ」
DX(デジタルトランスフォーメーション)トレンドを背景に、「ニーズに応えるアプリケーションをいかにスピーディーに届けられるか」がビジネス差別化のカギとなっている。これを受けて内製化に乗り出す企業も増えつつある中、その実践手段としてローコード開発ツールが注目を集めている。だが従来のノンコード開発ツールとは、受け止められ方、使われ方は全く異なる――本特集ではローコード開発ツールの意義、成果、そして開発者とIT部門の役割を考える。(2020/4/27)

チャットbotと開発ツールの進化【後編】
「チャットbot開発ツール」とは? Google、Microsoft、AWSのサービスを比較
「チャットbot開発ツール」は、エンドユーザーが簡単にチャットbotを開発できるように進化しつつある。GoogleとMicrosoft、AWSといった主要ベンダーのチャットbot開発ツールの特徴を説明する。(2020/4/27)

頭脳放談:
第239回 Armの「試用ライセンス期間延長のお知らせ」から半導体業界の在宅勤務について考えてみる
今はどこもかしこも新型コロナウイルスの話題で持ち切り。在宅勤務が推奨されているものの、仕事によってはそうもいかない。そんな中、Armが開発ツールの試用期間の延長を発表した。これでArm関連の開発者も在宅勤務が可能になる?(2020/4/17)

Computer Weekly製品ガイド
ローコード開発導入の前に検討すべき課題
ローコード開発ツールには生産性の向上や製品化の期間短縮、専門スキルへの依存度低下など、数多くのメリットがある。だがコストやセキュリティ、製品の選定やアプリケーションについては慎重な検討が必要だ。(2020/4/6)

Niantic、AR企業6D.aiを買収 3Dマッププラットフォーム「Real World Platform」に統合へ
「Pokemon GO」などのARゲームを手掛けるNianticが、3Dマップ開発ツールを手掛ける新興企業6D.aiを買収した。6D.aiのツールはNianticのARプラットフォーム「Real World Platform」に統合される。(2020/4/1)

Computer Weekly製品ガイド
ローコード/ノーコードソフトウェア開発が内包するリスク
最新のローコード開発ツールは、ビジネスユーザーと開発者の両方の助けになり得る。その現状を解説する。(2020/4/1)

IoTセキュリティ:
組み込み機器を偽造品から守るセキュリティ開発ツールの最新版を発表
IAR Systemsは、組み込み向けセキュリティ開発ツールの最新版「C-Trustバージョン1.40」を発表した。適切なセキュリティと暗号化を自動的に設定し、セキュアな知的財産の保護と製造管理を容易にする。(2020/3/25)

Appleの子会社Claris、クラウド型ノーコード開発ツール「Claris Connect」正式リリース サービス連携やワークフロー構築に対応
米Appleの子会社米Clarisが、ノーコード開発ツールの「Claris Connect」を正式サービスとしてリリース。さまざまなクラウドサービスやオンプレミスの業務アプリケーションをプログラミングせずに連携できる。ノーコード開発ツールはMicrosoftやGoogleらも投入している。(2020/3/5)

組み込み開発ニュース:
ローコード開発ツール評価用のリファレンスモデルの無償提供を開始
ローコード開発コミュニティは、ローコード開発ツールの導入を検討中の企業を対象に「ローコード開発リファレンスモデル」の無償提供を開始した。(2020/3/3)

「花束問題」をモデル要件に:
ローコード開発コミュニティ、「ローコード開発リファレンスモデル」を無料提供
ローコード開発コミュニティは、ローコード開発ツールの導入を検討している同コミュニティーの会員企業を対象に、「ローコード開発リファレンスモデル」の無料提供を開始する。(2020/2/11)

Googleはなぜノーコード開発ツールのAppSheetを買収し、1年半前に正式版になったばかりのApp Makerを終了させるのか?
Googleは先日、コーディング不要でアプリケーション開発ができる「AppSheet」を買収した。それに伴い、2018年から提供していたノーコード開発ツール「App Maker」は終了する。なぜ、このような判断を下したのだろうか?(2020/2/3)

Google、「App Maker」を2021年終了 買収した「AppSheet」への移行を推奨
Googleが、「G Suite」向けオンプレミスアプリ開発ツール「App Maker」を来年1月に完全終了すると発表した。同社はこの発表の数日前、競合するアプリ開発ツール「AppSheet」を買収しており、顧客にはApp MakerからAppSheetへの移行を勧めている。(2020/1/28)

山浦恒央の“くみこみ”な話(125):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(4)Excelがバグの原因に!?
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第4回は、前回に続き「データ入力ミスのバグ」について解説します。Excelのように日頃使う開発ツールもバグの原因になり得るのです。(2020/1/14)

IIFES2019特別企画(CC-Link協会):
PR:スマート工場の構築を加速させる「CC-Link IE TSN」がいよいよ実用段階へ、対応製品や開発ツールが続々登場
スマート工場化の流れの中で大きな注目を集めている「TSN」がいよいよ実用フェーズに入りつつある。産業用ネットワークでいち早く「TSN」技術を適用した「CC-Link IE TSN」の、対応製品および開発ツールが広がりを見せている。オートメーションと計測の先端技術総合展「IIFES2019」での「CC-Link IE TSN」の動向を紹介する。(2019/12/24)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:本当に役に立つ人材の見つけ方
特集は、企業のデータ戦略に欠かせないデータサイエンティストの見つけ方。適切なスキルを持った適切な人材を確保するのは難しい。他に5Gの健康リスク連載第2回、Chromebookレビュー、AI+RPA開発ツール、SAP導入のベストプラクティスなどの記事をお届けする。(2019/10/18)

エコシステムも構築へ:
開発キットで“カメラ開発の変革”に挑むザインの野望
カメラ開発の在り方を変える――。ザインエレクトロニクスは、イメージシグナルプロセッサとともに、ISP用のファームウェアをプログラミング不要で開発できる開発キット「CDK」(Camera Development Kit)を展開。「CDKにより、ISP用ファームウェアの開発負荷を大幅に軽減できる。CDKを広めることで、カメラの開発環境を変えたい」(同社)とし、よりCDKを使いやすい開発ツールにするためのエコシステム作りなどを実施し、CDK普及に向けた動きを強めている。(2019/7/16)

組み込み採用事例:
AUTOSAR準拠BSWの適合性検証をマツダが開始
SCSKは、同社のAUTOSAR準拠ベーシックソフトウェア「QINeS BSW」の適合性検証をマツダが開始したと発表した。「QINeS」は、車載BSWおよび開発ツールの活用や教育を支援するサービスで、車載ECU開発の品質と生産性の向上に貢献する。(2019/6/25)

人とくるまのテクノロジー展2019:
イータスのAUTOSAR Adaptive Platform対応ツール、2020年に量産開発対応へ
イータスは、「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」において、自動運転システムなどに対応する次世代の車載ソフトウェア標準「AUTOSAR Adaptive Platform」に対応する開発ツール「RTA-VRTE」を展示した。(2019/6/4)

dSPACEが切り開く:
PR:現実を超えた仮想環境へ、自動運転時代に向けた最新モデルベース開発ツールを一挙紹介
クルマは、安全性や快適性を格段に向上させる「運転補助」のレベルから、本格的な「自動運転」の時代に突入しようとしている。これに伴い、クルマの制御システムは、一段と高度で複雑となる。モデルベース開発(MBD)ツールを提供するdSPACEは、新たに必要となる自動運転機能を効率よく開発できるよう、最新技術を搭載したエンドツーエンドのツールチェーンを用意している。(2019/5/7)

ハイレベルマイコン講座 【組み込みAI編】(1):
マイコンで実現するAI ――「組み込みAI」とは
マイコンを使い込んでいる上級者向けの技術解説の連載「ハイレベルマイコン講座」。2回にわたって、汎用マイコンにAIを実装するための開発ツール「STM32CubeMX.AI」を題材にして「マイコンを使った組み込みAIアプリケーション(組み込みAI)」について解説する(2019/4/25)

特集:日本型デジタルトランスフォーメーション成功への道(7):
エンジニアがCTOやCIOになってビジネスプロセスの変革をリードするのは難しい話ではない
「アジャイル」「DevOps」「CI/CD」「パイプライン管理」はエンジニアの働き方や役割にどんな変化をもたらすのか。日本IBM、日本マイクロソフト、アトラシアンでさまざまな開発ツールのエバンジェリストを務めた、エバンジェリズム研究所 代表 長沢智治氏に聞いた。(2019/4/18)

ホワイトペーパー:
DevOps導入戦略ガイド
適切な開発ツールの活用は企業に新たな恩恵をもたらす。本ガイドではDevOpsのアプローチのメリットと限界、Microsoftの開発プラットフォームの対応、総体的なアプリケーションの台頭について解説する。(2019/3/29)

オンセミがSaaSとして提供開始:
常に最新の設計情報が反映される開発ツール「Strata」
ON Semiconductorは、ドイツ・ニュルンベルクで開催中の組み込み技術の展示会「embedded world 2019」(2019年2月26〜28日)で、クラウドベースの設計サポートツール「Strata(ストラタ) Developer Studio(以下、Strata)」のデモを展示した。(2019/2/28)

高品質アニメ、リモートデバイス選択、画像トリミングに対応:
Microsoft、「Windows Community Toolkit v5.1」を公開
Microsoftは、オープンソースのUWPアプリ開発ツールキットの最新版「Windows Community Toolkit v5.1」を公開した。画像処理関連の拡張などを施した。(2019/2/15)

@ITソフトウェア品質向上セミナー:
静的検査ツールの弱点だった過剰検知を、機械学習で補正する――テクマトリックス
@ITは2018年12月14日、「@IT ソフトウェア品質向上セミナー」を開催した。本稿ではテクマトリックスの講演「ソースコード診断で手戻りを防ぎ、開発スピードを早めるためのヒント〜開発ツールとの連携による脆弱性診断の早期発見と自動化〜」の模様をお届けする。(2019/2/5)

PR:未経験からAI人材に! 初心者が3週間で使いこなした 「ディープラーニング開発ツール」の正体
(2019/2/1)

最後のプレリリース版:
Microsoft、「Azure DevOps Server 2019 RC2」をリリース
Microsoftは、「Azure DevOps」で提供される開発サービスをオンプレミスでホストできるコラボレーションソフトウェア開発ツールセットのリリース候補第2版「Azure DevOps Server 2019 RC2」を公開した。(2019/1/24)

dSPACE Japan 代表取締役社長 宮野隆氏:
PR:自動運転に加え、ロボット、農機/建機でも ―― MBDツールチェーンそろえるdSPACEの戦略
モデルベース開発(MBD)ツールの代表的なベンダーであるdSPACE。その豊富な製品から構成されるECU開発プロセスを網羅するモデルベース開発ツールチェーンをベースに、加速するADAS(先進運転支援システム)/AD(自動運転)の開発現場を中心に売り上げ実績を伸ばしている。そして迎えた2019年は、実績ある自動車市場に加えて、農機/建機やロボット市場での活動を強化し、幅広い用途でのモデルベース開発の普及を目指すという。dSPACE Japan社長を務める宮野隆氏に2019年の事業戦略を聞く。(2019/1/16)

Alexaスキル開発ツールも動画対応 ディスプレイ付き「Echo Show」発売で
プログラミング不要でスマートスピーカーのスキルを開発できる「NOID」に、動画をアップロードするだけでスキルに組み込める新機能が追加された。(2018/12/14)

開発ツールやオープンソース、サーバレス技術の新展開:
Microsoft、「Visual Studio 2019 Preview」など開発者向けに多数発表
Microsoftは開発者向けカンファレンス「Microsoft Connect(); 2018」で、各種開発ツールの正式版や新バージョンの他、オープンソースの新展開や新しいサーバレスコンピューティング技術などを発表した。(2018/12/6)

組み込み開発ニュース:
組み込み/車載機器向けHMI開発ツールの最新版、3D描画機能などを強化
エイチアイは、組み込み/車載機器向けHMI開発ツールの最新版「exbeans UI Conductor(UI Conductor)V1.9.0」を発表した。新たに「ビューモデル」をサポートした他、「ビューステートエディタ」機能などを実装した。(2018/11/28)

新・いまさら聞けないFPGA入門(後編):
FPGAの力を引き出す3種の開発ツールとは
あらためてFPGAの基礎から最近の動向までを含めて解説する「新・いまさら聞けないFPGA入門」。後編は、FPGAの最大の特徴を引き出すのに用いる最新のツールと、FPGAの採用が広がっている新たな市場について紹介します。(2018/11/16)

Computer Weekly製品ガイド
Microsoftのクラウド開発プラットフォーム
MicrosoftはWindowsに拘泥せず、Linuxやオープンソースに対応した開発ツールの拡充に注力している。(2018/11/8)

強化点はWindowsXamlHost、ラップされたコントロール、TabViewなど:
Microsoft、「Windows Community Toolkit v5.0」を公開
Microsoftは、オープンソースのUWPアプリ開発ツールキットの最新版「Windows Community Toolkit version 5.0」を公開した。WPFやWindows FormsデスクトップアプリケーションのUIに、ビルトインやカスタムUWPコントロールを容易に追加できる。(2018/11/2)

車載情報機器:
ルネサス「R-Car」がAWSにつながる、車両データ使うクラウドサービスの開発支援
2018年10月17日に開催したユーザーイベント「R-Carコンソーシアムフォーラム」において、アマゾンウェブサービス(AWS)のクラウドに、ルネサスの車載用SoC(System on Chip)「R-Car」のスターターキットをつなげる「コネクテッドカー用ソフトウェア開発ツール(SDK)」を利用したデモンストレーションを行った。(2018/10/23)

CEATEC 2018:
PFNが全自動お片付けロボットで示した可能性、2020年投入の開発ツールで具現化
ベンチャー企業のPreferred Networks(PFN)は、「CEATEC JAPAN 2018」において、散らかった部屋の中のさまざまなモノを片付ける「全自動お片付けロボットシステム」を披露した。現在同社で開発を進めているパーソナルロボットシステムの技術デモとなる。(2018/10/17)

ユーブロックス u-track、C030-R410M:
低消費電力の位置トラッカー開発ツール
ユーブロックスは、低消費電力の位置トラッカーの開発を加速するソフトウェア「u-track」とアプリケーションボード「C030-R410M」からなるツールセットを発表した。測位精度や消費電力を容易にテストできる。(2018/10/1)

The Qt Company:
PR:「Qt」は複雑化する組み込み開発のニーズに「3つの特徴」で応える
「Qt(キュート)」と聞くとGUI開発ツールという印象を持たれるかもしれないが、その本質は柔軟性の高いアプリケーション開発フレームワークであり、近年では機能安全までもシームレスに開発できる環境として産業界からも高い支持を得ている。その魅力に迫ってみよう。(2018/8/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。