ニュース
» 2009年08月19日 17時11分 UPDATE

ビジネス市場にアピール:Google、Google Appsでのドキュメント共有を簡易化

プロジェクト単位でGoogle Groupsのアカウントを作成し、そのアカウント向けに文書やカレンダーを公開すれば、メンバー全員で共有できる。

[ITmedia]

 米Googleは8月17日、グループサービス「Google Groups」とオンラインオフィススイート「Google Apps」の連係機能を発表した。

 従来Google Appsでコンテンツを共有するには、ドメイン内の全員で共有するか、共有したい個人を1人ずつ特定する必要があった。新機能により、部署単位やプロジェクト単位でGoogle Groupsのグループを作成し、共有したいコンテンツをそのグループあてに公開するだけでメンバー全員との共有が可能になった。短期プロジェクトや異動の多い部署などではGoogle Groupsを管理していれば連絡ミスが防げるだろう。

 この機能は、Google Appsのドキュメント、Googleカレンダー、Webサイト共同編集ツール「Google Sites」のサービスで利用可能だ。

groups

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -