ニュース
» 2009年09月08日 19時27分 UPDATE

B-EN-Gと日本オラクル、製造業向け収益/原価管理ソリューションで協業

東洋ビジネスエンジニアリングと日本オラクルは、製造業向け収益・原価管理ソリューションの提供で協業を開始したと発表した。

[ITmedia]

 東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)と日本オラクルは9月8日、製造業向け収益/原価管理ソリューションの提供で協業すると発表した。両社は、組み立て製造業向けに同日からサービス提供を開始し、順次他業種へと拡大していく。導入企業は、部門で作成した販売/生産/購買/工数などの計画を基に全社の利益計画をシミュレーションできる。

 協業では、日本オラクルの予実管理アプリケーション「Oracle Hyperion Planning」とB-EN-Gの導入テンプレート「b-PCM(Business Enhancer for Profit & Cost Management)」を活用した導入支援サービスを組み合わせ、収益/原価管理ソリューションとして提供する。

 b-PCMは、製造業向けにERPを導入してきたB-EN-Gのノウハウを基に作成したテンプレート。画面や帳票などが事前に定義されているため、短期間かつ低コストで導入できる。期首や月次予算の作成・立案などにおいて、生産現場や情報システム部門の作業負担を最小限に抑え、日々発生する生産や販売に関する情報をベースにして、経営者が必要とする資料を作成できるとしている。

 価格は3800万円から。標準導入期間は約3〜6カ月としている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

Oracle(オラクル) | 製造業


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -