ニュース
» 2009年09月11日 08時44分 UPDATE

IBMに宣戦布告:「OracleはSunのハードウェアで勝利する」とエリソンCEO

Oracleが同社の新聞広告で、「SolarisとSPARCの開発にSun以上に力を入れる」と宣言。広告に「MySQL」の文字はない。

[ITmedia]
oracle

 米Oracleは、10月11日からサンフランシスコで開催の「Oracle OpenWorld 2009」に向けた新聞広告で、米Sun Microsystems製品の買収完了後の扱いについて触れている。

 この広告によると、OracleはSPARCプロセッサおよびSolaris OSの開発にこれまでSunが行ってきた以上の投資をし、Oracleのソフトウェアを組み込むことでSunのハードウェア性能を“劇的に”向上させる計画であるという。なおこの広告ではSunのオープンソースのデータベース「MySQL」については触れられていない。

 広告の末尾には同社のラリー・エリソンCEOの言葉として「われわれはこれらを勝利のために実践する。IBMよ、ハードウェア業界で戦おう」とある。

 Oracleは4月に総額74億ドルでSunを買収すると発表したが、現在欧州委員会がこの買収に関する調査を行っているためいまだ完了していない。欧州の調査に基づく決定は、2010年1月19日に下される見込みだ。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -