ニュース
» 2009年09月18日 07時46分 UPDATE

オンライン版Office:Microsoft、「Office Web Apps」のテクニカルプレビュー開始

英語版と日本語版のWindows Live SkyDriveユーザーに対し、次期版オフィススイート「Microsoft Office 2010」の構成製品「Office Web Apps」テクニカルプレビューの限定数の招待状が送付された。

[ITmedia]

 米Microsoftは9月17日、オンライン版スイート「Office Web Apps」のコンシューマー向けテクニカルプレビューを開始したと発表した。Windows Liveの無料ストレージサービスSkyDriveのユーザーを対象に、限定数の招待メールを送付しているという。まず英語版と日本語版でスタートし、この秋中にほかの言語にも対応する。

 次期版オフィススイート「Microsoft Office 2010」の一部である同スイートは、これまで「Office Web Applications」と呼ばれていたが、正式名称がOffice Web Appsになった。構成製品の名称はそれぞれ「Word Web App」「Excel Web App」「PowerPoint Web App」「OneNote Web App」になる。

 今回のテクニカルプレビューでは、Word、Excel、PowerPointの閲覧と、ExcelとPowerPointの編集のみ可能。対応するWebブラウザは、Internet Explorer(IE) 7.0以上、Firefox 3.5以上と、Mac版Safari 4。

 正式版では、Excelの共同編集機能、PowerPointのスライドショーの閲覧などがPCにOfficeをインストールしていなくてもできるようになるほか、ブログ、SNS、WebサイトにOfficeドキュメントを組み込むことが可能になる。

yu_office1.jpgyu_office2.jpgyu_office3.jpg

 正式版は2010年上半期に公開する予定。提供方法は3つあり、コンシューマー向けにはWindows LiveのSkyDrive経由で、Office 2010のボリュームライセンス顧客向けにはオンプレミスのMicrosoft SharePoint Server経由で、またビジネスユーザーに対してはMicrosoft Online Services経由でも提供する。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -