ニュース
» 2009年09月24日 13時05分 UPDATE

サイトの評判を確認できる:Google、Webサイト評価共有サービス「Sidewiki」リリース

「Sidewiki」では、表示しているサイトの評判をサイドバーで読める。Google独自のアルゴリズムにより、有用なコメントほど上位に表示される。

[ITmedia]

 米Googleは9月23日、表示しているWebサイトの評価を共有できるサイドバー式サービス「Sidewiki」をリリースした。Internet Explorer 6以降とFirefox 2以降に対応する最新版Googleツールバーのオプションとして機能する。Sidewiki機能を含むGoogleツールバーはGoogleのサイトからダウンロードできる。

 Sidewikiを有効にすると、ブラウザの左側にサイドバーが追加され、既に評価コメントが記入されているページではふきだしのアイコンが表示される。このアイコンをクリックすると、コメントを読むことができる。

sidewiki1
sidewiki2

 Googleアカウントでログインすれば、表示しているサイトに対する評価を書き込むこともできる。例えばニュース記事の一部についてコメントしたい場合は、その部分を選択してコメントを書くと、そのコメントを表示した際、選択した部分がハイライト表示される。コメントはTwitterやFacebookに転送することも可能。

 Googleはこのサービスのために独自のアルゴリズムを開発し、関連性が強く、有用で高品質なコメントほどSidewikiの上位に表示するようにしたという。各コメントに対するユーザーの評価も表示順位に反映される。また、ページの部分的なテキストに対するコメントは、同じテキストを含む別のページのSidewikiにも表示される。例えばバラク・オバマ大統領の演説の一部についてのコメントであれば、引用した部分を含むほかのブログやニュースサイトなどのSidewikiにも表示されるということだ。

 現在対応するブラウザはIEとFirefoxのみだが、Google Chromeなどほかのブラウザでも機能するようにする予定。また、Sidewikiのコンテンツを利用するためのAPIをGoogle codeのページで公開した。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -