ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コメント機能」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コメント機能」に関する情報が集まったページです。

Tech TIPS:
【Excel】セルへのコメント追加 ここで差がつくTPO別3つの方法
作成したシートを他人に使ってもらう場合、何らかの指示がないと、どのように入力してよいのか分からないことがある。また、回覧などでセルにコメントを付けたいこともあるだろう。そのような場合、セルにメモを付けたり、別のセルに説明を入れたりしておくとよい。(2021/5/14)

プロ野球中継に“投げ銭”機能 ヤフーとパ・リーグ 「無観客でも気持ち伝わる」
ヤフーのパ・リーグ公式試合ライブ配信でコメント欄に有料の応援機能。ファンは球団を応援するコメントと一緒に“投げ銭”ができる。(2021/4/23)

中尾明慶「健康診断で良くない結果が出ました」 突然の告白に心配の声「身体大切にして」
コメント欄が知恵袋みたいに。(2021/4/21)

グラフィックスが“初代プレステ”レベルと話題のJTB製バーチャル空間 サービスの意図を聞く
JTBが4月7日に発表したバーチャル空間事業「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」の動画が波紋を呼んでいる。グラフィックスの品質が低いとして、YouTubeのコメント欄やTwitterでは批判が殺到。JTBにサービスの意図を取材した。(2021/4/12)

ウィル・スミス、相棒と26年前の「バッドボーイズ」完全再現 「素晴らしい!!」「レジェンド!」と反響集まる
コメント欄では、公開当時のことを振り返っている人も。(2021/4/10)

Tech TIPS:
【Googleドキュメント】気付けば対応していた、Wordの変更履歴やコメントへの対応を試してみる
Wordの文書ファイルに変更履歴やコメントを付けて回覧するケースも多い。利用頻度が低い場合でも、こうした用途のためにOfficeのライセンスを購入して、Wordをインストールしなければならないのは少しもったいない。実は、Googleが無料で提供しているGoogleドキュメントを使えば、Wordの文書ファイル(DOCXファイル)に変更履歴やコメントを付けることができる。その方法を紹介しよう。(2021/4/2)

80年代の人気女優ブルック・シールズ、痛々しいリハビリ動画に励ましコメント殺到 「一歩ずつ、きっと乗り越えられる」
お大事に。(2021/2/22)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
施主の要望管理を支援するクラウドサービスの新機能はキーワード検索
エフ・ディー・シーは、戸建て住宅購入希望者へのDM発送作業や施主の要望管理を支援するクラウドサービス「plantable」を開発した。現在、ビルダーと施主が、plantableのコメント機能で行ったやりとりから指定した内容をキーワードとタグで検索できる機能の開発を進めている。(2020/12/11)

TikTok、保護者の管理機能を強化 検索やコメント機能の制限など追加
動画共有サービス「TikTok」(iOS/Android)の日本法人が「ペアレンタルコントロール機能」(保護者管理機能)を強化し、コンテンツの検索制限などを追加すると発表した。(2020/11/18)

ニコニコ実況「torne」連携終了 BSやtvkも非対応に ユーザー「辛い」
放送中のテレビ番組などにリアルタイムにコメントを付ける「ニコニコ実況」が12月に刷新。レコーダー「torne」と連携する機能は終了する。(2020/11/17)

「もう少しの間待っていて」 山下智久、ジャニーズ事務所退所後初のインスタ更新に50万いいね超え ファンから激励コメント殺到
今後の活動についてはSNSを通じて知らせるとのこと。(2020/11/12)

ヤフー、違反コメント投稿者に対する措置を強化 再取得IDでも携帯番号が一致すれば投稿不可に
「Yahoo!ニュース コメント」の健全化に向けた取り組み。(2020/10/14)

Yahoo!ニュース コメントでも活用:
コメント投稿の「良し悪し」をAIが点数評価 ヤフーがAPIを無償提供
ヤフーは、すでにコメント投稿機能のあるサービスを公開と運営している日本国内の法人向けに、「深層学習を用いた自然言語処理モデル(AI)」を利用してコメントを評価する技術のAPIを無償提供する。(2020/9/23)

ヤフー、“ヤフコメ”の表示順位付け技術を無償公開 ネット上のコメント健全化目指す
ヤフーが“ヤフコメ”の順位付けに使うAI技術を他社にAPIとして無償提供する。コメント投稿機能があるサービスを展開する日本国内の法人が対象。客観的なコメントを上位に表示させるなど、ネット上のコメント欄の健全化を後押しする。(2020/9/18)

「佐藤健越えの壁ドンありがとう」 池田エライザ、上白石萌音との“令和ver.”な壁ドンショットに反響集まる
コメント欄には上白石さんからの感想も寄せられています。(2020/8/28)

平愛梨と「ちっちゃな恋人」の2ショットに共感の声集まる 「嬉しそうな顔」「可愛いよね」
コメント欄には共感の声が寄せられています。(2020/8/25)

「こんな脚が綺麗な10歳いるの?」 RIKACO、約45年前の“脚長少女”ショットに驚きの声
昭和トークで盛り上がるコメント欄。(2020/8/19)

「ダース・ベイダー誕生の理由だ」 ナタリー・ポートマン、結婚8周年ウェディングフォト公開もコメント欄が「アナキン」だらけになってしまう
そろそろ許してよ。(2020/8/6)

note、コメント投稿前に「ひと呼吸いれる」機能を追加 確認画面で誹謗中傷を抑止
noteが、コンテンツ配信サービス「note」にコメントを投稿する際、確認画面を表示する機能を実装した。コメントの前に「ひと呼吸いれる」ことで、一時的な感情に任せた誹謗中傷を減らす狙い。Web版に実装し、スマートフォンアプリには後日追加する。(2020/6/5)

note、コメント投稿前に「ひと呼吸入れる確認画面」を追加 誰かを傷つける感情的コメントを減らすため
いい試み!(2020/6/4)

ヤフー、“ヤフコメ”のパトロールAIを外部提供へ 1日に2万件の誹謗中傷を削除可能
ヤフーが、「Yahoo!ニュース」コメント欄の健全化のため使用しているAIを、外部の事業者にも提供すると発表した。1日に平均約2万件の悪質な投稿を削除できる自然言語処理モデルを横展開し、投稿型サービスの健全化を図る。6月中をめどに、悪質なコメントへの対策強化に向けた検討会も開催する。(2020/6/1)

Instagram、いじめ対策でコメントの一括削除やタグ付けブロック機能追加
Instagramが新たないじめ対策として、否定的なコメントを一括削除し、そのコメントを付けた相手をブロックまたは制限する機能など、3つの新機能を追加した。(2020/5/13)

「現代に生きるザビエル」「すごく残念な山田孝之」 あばれる君、半月伸ばした頭髪&ひげ姿に反響 コメント欄では大喜利始まる
再生回数も伸びますように。(2020/4/27)

宇多田ヒカル、20歳当時の歌唱動画にタジタジ&そっ閉じ 天性の歌声には絶賛コメント殺到
照れるヒッキーかわいい。(2019/11/27)

Twitter、「返信を非表示にする機能」を正式提供 不快なコメントを非表示に
9月から日本でもテスト運用されていました。(2019/11/24)

目的と仕組みを解説
謎のゆがみ文字列「CAPTCHA」はどのようにして生身の人を見分けるのか
「CAPTCHA」はbotと本物のユーザーを区別し、スパム業者にフォーラムサイトやブログのコメント欄を乗っ取られるのを防ぐ手助けをする。その仕組みを簡潔に解説しよう。(2019/11/2)

ヒェェ オリラジ藤森が高所恐怖症にはドギツイ展望ショットを公開、コメント欄もすくみあがる
映えてるけど怖い。(2019/10/29)

Instagram、いじめ対策の「制限」機能を正式導入 相手に知られないままコメント非表示に
米Facebook傘下のInstagramは、ネガティブなコメントなどをするユーザーを、相手に知られないまま非表示にする「制限」機能を日本を含む世界で提供開始した。(2019/10/3)

ヤフコメ、返信の表示順も変更 「建設的な内容」自動判定して優先表示
「Yahoo!ニュース」のコメント欄で、投稿されたコメントに対する返信コメントの表示順が変更。従来は時系列だったが、「建設的な内容のもの」を自動判定し、優先的に表示する方法に変更した。(2019/9/30)

野呂佳代がYouTubeチャンネル開設、コメント欄に“イノシシ”旋風が吹き荒れてしまう
圧倒的バナナムーンリスナー感。(2019/8/20)

Instagramがいじめ防止策を発表 「いじめコメントにAIが警告」「コメントのミュート(制限)機能」
相手に知らせずコメントを非表示にできます。(2019/7/9)

Instagramが2つのいじめ対策 コメント時の警告と相手に知られない非表示
Instagramが2つのいじめ対策を追加する。ネガティブなコメントを付けようとすると投稿前に再考を促す機能と、被害者側が相手に分からないようコメントを非表示にし、DMの既読も知らせないようにする「Restrict(日本では「制限」)」機能だ。(2019/7/9)

YouTube、モバイルアプリで“コメント表示”ボタンをテスト中
YouTubeのモバイルアプリで、現在は「次の動画」の下までスクロールしないと表示されないコメント欄が、メニューのアイコンをタップすることで別ウィンドウとして表示されるようになるかもしれない。現在一部地域でテスト中だとYouTubeが認めた。(2019/6/22)

辻希美、32歳の誕生日を幸せ報告! “コメント欄”開放で応援メッセージ殺到「すごく尊敬」「大好きです!」
辻さんに伝えたかった思いがたくさん。(2019/6/17)

コードレビューに役立つ:
GitHubが「Atom 1.37 beta」公開、レビューコメント用の新機能を追加
GitHubは、オープンソースのテキストエディタ「Atom 1.37 beta」を発表し、コードに対するコメントを処理する際の便利な機能を追加した。エディタ横のドックにレビューコメントを表示したり、コメント行をドックにdiff表示したりできる。(2019/4/24)

城田優、兄2人が立て続けに結婚で「三男は来年ですね」と意味深ツイート 花嫁候補が続出する事態に
コメント欄に結婚相手の立候補が相次いでいます。(2019/4/3)

Google系列のJigsaw、SNSでの毒コメントを非表示にするChrome拡張機能「Tune」
Alphabet参加のJigsawが、機械学習採用の毒コメント非表示ツール「Tune」をChrome拡張機能としてリリースした。YouTubeやTwitterのコメント欄の不快なコメントだけを非表示にする実験的なツールだ。(2019/3/13)

YouTube、児童の性的搾取放置との指摘を受け400以上の関連チャンネルを停止
YouTubeは、児童性愛者が動画のコメント欄を悪用して性的搾取しているのを放置していると非難されたことを受け、多数のコメントを削除し、チャンネルを停止したと発表した。この問題で、数社の大手企業が広告を引き上げたと報じられている。(2019/2/22)

“クソリプ”が生まれるのはコメント欄・掲示板に書き込む感覚から? 考察してみた漫画に反響
「人に対して書いている」感覚ではないから?(2019/2/8)

機械学習&ディープラーニング入門(Python編):
Lesson 3 コメント ― Python基礎文法入門、APIリファレンスの使い方
Python言語の文法を、コードを書く流れに沿って説明していく連載。今回は、コードの中で頻繁に使われるコメント機能を説明。さらに、コーディング作業で常用するAPIリファレンスの使い方について紹介する。(2019/2/7)

クロちゃん、“水ダウ”企画のおりから「脱獄したしんよー!」 痛烈コメント殺到もメンタル揺るがず
日常に戻るスピード早すぎる。(2018/12/27)

「心ない人の言葉につらい思いを」 高島彩、荒れるコメント欄を理由に“インスタ閉鎖”を報告
そうか……。(2018/10/26)

「まとめサイト」を初めてヘイト認定へ 「コメント欄」も判断材料に 大阪市
今後はプロバイダー側に削除を要請する見込み。(2018/10/5)

2016年11月から係争中:
「コメント機能を巡る特許訴訟」でFC2に敗訴のドワンゴ、控訴へ 「正当性主張する」
コメント表示機能を巡る訴訟でFC2に敗訴したドワンゴが、控訴する方針を発表。「主張が認められなかったことは誠に遺憾」としている。両社は2016年11月から係争していた。(2018/9/21)

FC2、コメント表示機能をめぐる特許訴訟でドワンゴに勝訴
ドワンゴが2016年にFC2に特許を侵害されたとして起こしていた訴訟でした。(2018/9/19)

「松竹芸能にまで怒りの連絡きてる」 キンタロー。、「欅坂46」平手友梨奈ものまねに3000件を超える批判コメント殺到
ネタとの境界線難しい。(2018/5/14)

ニコニコ「シュタゲゼロ」1話にエグいコメント職人登場 ED背景に公式としか思えない映像が追加される
視聴者コメント欄が大変なことに。(2018/4/26)

こんなに黒かったのか! 須藤凜々花、“ガングロ”目指していた中学時代と現在のギャップに驚きの声
ドラ1メンバーもコメント欄に降臨。(2018/4/5)

dアニメストア ニコニコ支店に本家niconicoのコメントを表示する拡張機能登場 これニコニコできるな
似たタイトルの動画をniconicoから検索し、そこから取得したコメントを載せる仕組み。(2017/12/6)

アニメ見放題サービス「dアニメストア ニコニコ支店」登場 コメント投稿もできる
月額400円(税別)で見放題に。(2017/11/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。