ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コメント機能」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コメント機能」に関する情報が集まったページです。

「ダース・ベイダー誕生の理由だ」 ナタリー・ポートマン、結婚8周年ウェディングフォト公開もコメント欄が「アナキン」だらけになってしまう
そろそろ許してよ。(2020/8/6)

note、コメント投稿前に「ひと呼吸いれる」機能を追加 確認画面で誹謗中傷を抑止
noteが、コンテンツ配信サービス「note」にコメントを投稿する際、確認画面を表示する機能を実装した。コメントの前に「ひと呼吸いれる」ことで、一時的な感情に任せた誹謗中傷を減らす狙い。Web版に実装し、スマートフォンアプリには後日追加する。(2020/6/5)

note、コメント投稿前に「ひと呼吸入れる確認画面」を追加 誰かを傷つける感情的コメントを減らすため
いい試み!(2020/6/4)

ヤフー、“ヤフコメ”のパトロールAIを外部提供へ 1日に2万件の誹謗中傷を削除可能
ヤフーが、「Yahoo!ニュース」コメント欄の健全化のため使用しているAIを、外部の事業者にも提供すると発表した。1日に平均約2万件の悪質な投稿を削除できる自然言語処理モデルを横展開し、投稿型サービスの健全化を図る。6月中をめどに、悪質なコメントへの対策強化に向けた検討会も開催する。(2020/6/1)

Instagram、いじめ対策でコメントの一括削除やタグ付けブロック機能追加
Instagramが新たないじめ対策として、否定的なコメントを一括削除し、そのコメントを付けた相手をブロックまたは制限する機能など、3つの新機能を追加した。(2020/5/13)

「現代に生きるザビエル」「すごく残念な山田孝之」 あばれる君、半月伸ばした頭髪&ひげ姿に反響 コメント欄では大喜利始まる
再生回数も伸びますように。(2020/4/27)

宇多田ヒカル、20歳当時の歌唱動画にタジタジ&そっ閉じ 天性の歌声には絶賛コメント殺到
照れるヒッキーかわいい。(2019/11/27)

Twitter、「返信を非表示にする機能」を正式提供 不快なコメントを非表示に
9月から日本でもテスト運用されていました。(2019/11/24)

目的と仕組みを解説
謎のゆがみ文字列「CAPTCHA」はどのようにして生身の人を見分けるのか
「CAPTCHA」はbotと本物のユーザーを区別し、スパム業者にフォーラムサイトやブログのコメント欄を乗っ取られるのを防ぐ手助けをする。その仕組みを簡潔に解説しよう。(2019/11/2)

ヒェェ オリラジ藤森が高所恐怖症にはドギツイ展望ショットを公開、コメント欄もすくみあがる
映えてるけど怖い。(2019/10/29)

Instagram、いじめ対策の「制限」機能を正式導入 相手に知られないままコメント非表示に
米Facebook傘下のInstagramは、ネガティブなコメントなどをするユーザーを、相手に知られないまま非表示にする「制限」機能を日本を含む世界で提供開始した。(2019/10/3)

ヤフコメ、返信の表示順も変更 「建設的な内容」自動判定して優先表示
「Yahoo!ニュース」のコメント欄で、投稿されたコメントに対する返信コメントの表示順が変更。従来は時系列だったが、「建設的な内容のもの」を自動判定し、優先的に表示する方法に変更した。(2019/9/30)

野呂佳代がYouTubeチャンネル開設、コメント欄に“イノシシ”旋風が吹き荒れてしまう
圧倒的バナナムーンリスナー感。(2019/8/20)

Instagramがいじめ防止策を発表 「いじめコメントにAIが警告」「コメントのミュート(制限)機能」
相手に知らせずコメントを非表示にできます。(2019/7/9)

Instagramが2つのいじめ対策 コメント時の警告と相手に知られない非表示
Instagramが2つのいじめ対策を追加する。ネガティブなコメントを付けようとすると投稿前に再考を促す機能と、被害者側が相手に分からないようコメントを非表示にし、DMの既読も知らせないようにする「Restrict(日本では「制限」)」機能だ。(2019/7/9)

YouTube、モバイルアプリで“コメント表示”ボタンをテスト中
YouTubeのモバイルアプリで、現在は「次の動画」の下までスクロールしないと表示されないコメント欄が、メニューのアイコンをタップすることで別ウィンドウとして表示されるようになるかもしれない。現在一部地域でテスト中だとYouTubeが認めた。(2019/6/22)

辻希美、32歳の誕生日を幸せ報告! “コメント欄”開放で応援メッセージ殺到「すごく尊敬」「大好きです!」
辻さんに伝えたかった思いがたくさん。(2019/6/17)

コードレビューに役立つ:
GitHubが「Atom 1.37 beta」公開、レビューコメント用の新機能を追加
GitHubは、オープンソースのテキストエディタ「Atom 1.37 beta」を発表し、コードに対するコメントを処理する際の便利な機能を追加した。エディタ横のドックにレビューコメントを表示したり、コメント行をドックにdiff表示したりできる。(2019/4/24)

城田優、兄2人が立て続けに結婚で「三男は来年ですね」と意味深ツイート 花嫁候補が続出する事態に
コメント欄に結婚相手の立候補が相次いでいます。(2019/4/3)

Google系列のJigsaw、SNSでの毒コメントを非表示にするChrome拡張機能「Tune」
Alphabet参加のJigsawが、機械学習採用の毒コメント非表示ツール「Tune」をChrome拡張機能としてリリースした。YouTubeやTwitterのコメント欄の不快なコメントだけを非表示にする実験的なツールだ。(2019/3/13)

YouTube、児童の性的搾取放置との指摘を受け400以上の関連チャンネルを停止
YouTubeは、児童性愛者が動画のコメント欄を悪用して性的搾取しているのを放置していると非難されたことを受け、多数のコメントを削除し、チャンネルを停止したと発表した。この問題で、数社の大手企業が広告を引き上げたと報じられている。(2019/2/22)

“クソリプ”が生まれるのはコメント欄・掲示板に書き込む感覚から? 考察してみた漫画に反響
「人に対して書いている」感覚ではないから?(2019/2/8)

機械学習&ディープラーニング入門(Python編):
Lesson 3 コメント ― Python基礎文法入門、APIリファレンスの使い方
Python言語の文法を、コードを書く流れに沿って説明していく連載。今回は、コードの中で頻繁に使われるコメント機能を説明。さらに、コーディング作業で常用するAPIリファレンスの使い方について紹介する。(2019/2/7)

クロちゃん、“水ダウ”企画のおりから「脱獄したしんよー!」 痛烈コメント殺到もメンタル揺るがず
日常に戻るスピード早すぎる。(2018/12/27)

「心ない人の言葉につらい思いを」 高島彩、荒れるコメント欄を理由に“インスタ閉鎖”を報告
そうか……。(2018/10/26)

「まとめサイト」を初めてヘイト認定へ 「コメント欄」も判断材料に 大阪市
今後はプロバイダー側に削除を要請する見込み。(2018/10/5)

2016年11月から係争中:
「コメント機能を巡る特許訴訟」でFC2に敗訴のドワンゴ、控訴へ 「正当性主張する」
コメント表示機能を巡る訴訟でFC2に敗訴したドワンゴが、控訴する方針を発表。「主張が認められなかったことは誠に遺憾」としている。両社は2016年11月から係争していた。(2018/9/21)

FC2、コメント表示機能をめぐる特許訴訟でドワンゴに勝訴
ドワンゴが2016年にFC2に特許を侵害されたとして起こしていた訴訟でした。(2018/9/19)

「松竹芸能にまで怒りの連絡きてる」 キンタロー。、「欅坂46」平手友梨奈ものまねに3000件を超える批判コメント殺到
ネタとの境界線難しい。(2018/5/14)

ニコニコ「シュタゲゼロ」1話にエグいコメント職人登場 ED背景に公式としか思えない映像が追加される
視聴者コメント欄が大変なことに。(2018/4/26)

こんなに黒かったのか! 須藤凜々花、“ガングロ”目指していた中学時代と現在のギャップに驚きの声
ドラ1メンバーもコメント欄に降臨。(2018/4/5)

dアニメストア ニコニコ支店に本家niconicoのコメントを表示する拡張機能登場 これニコニコできるな
似たタイトルの動画をniconicoから検索し、そこから取得したコメントを載せる仕組み。(2017/12/6)

アニメ見放題サービス「dアニメストア ニコニコ支店」登場 コメント投稿もできる
月額400円(税別)で見放題に。(2017/11/28)

「ノブが来ないんじゃ〜〜」 ピース綾部のInstagramでさえわたるツッコミを入れ続ける千鳥ノブがじわじわくる
コメント欄を牛耳るノブ。(2017/11/11)

シャープが開発した蓄冷材料が「便利すぎる」とコメント殺到 好きな温度で解けてくれる「不思議な氷」
解ける温度を-24〜28℃まで調整して、対象物を適温にキープ。(2017/11/10)

TOKYO MXに不正アクセス 30万人以上の個人情報流出の可能性
Webサイトの番組のコメント投稿フォームなどから投稿された氏名やメールアドレスが流出した可能性がある。(2017/10/5)

Amazon.com、Instagramのような画像SNS「Spark」を米国でスタート
Amazon.comが米国で、InstagramやPinterestのような画像中心SNS「Spark」をPrime会員向けに立ち上げた。投稿に付いている購入ボタンから同じ製品を購入したり、投稿者とコメント欄でやり取りできる。(2017/7/19)

Instagram、不適切なコメントを非表示にするフィルターとスパムフィルターを追加
自由な表現が妨げられることのないようにするのが目的。(2017/6/30)

Yahoo!ニュースコメント機能、禁止事項への対応強化の動き 複数アカウントからの投稿は推奨しないと説明
「複数のアカウントを取得し、多くの意見として印象を扇動する行為」を禁止しているため。(2017/6/16)

システム更新作業中の不備:
「ヤフコメ」に不具合、復旧に1週間超 過去の投稿見れず
「Yahoo!ニュース」のコメント欄(ヤフコメ)に不具合が発生。1カ月より前に公開した記事のコメント欄が閲覧できない状態が続いている。(2017/6/9)

ブリトニーのInstagramに不正なコメント、水飲み場型攻撃に利用
ブリトニー・スピアーズの公式Instagramページに投稿されたコメントを利用して、「水飲み場型攻撃」を仕掛けようとする手口が発見された。(2017/6/9)

テクノ音楽をバックに読経する「テクノ法要」がニコ生で配信 極楽浄土をイメージした光の演出で仏像がキラキラ
「N」を入力すると「南無阿弥陀仏」に自動変換されるありがたいコメント機能も。(2017/4/27)

クイズに正解すると書き込み可能に ノルウェーのニュースサイトがちょっと変わったコメント投稿システムを実験
「NRKbeta」が実験しているシステムでは、記事の内容に関連したクイズに正解すると、コメントを書き込めます。(2017/3/23)

Twitch、実況者とファンとの交流の場「Pulse」を提供開始
ゲーム実況のTwitchが、実況者とフォロワーの交流の場「Pulse」の提供を開始した。実況者は実況の予告や過去の動画などを投稿でき、フォロワーはそれに対しコメントを付けられる。(2017/3/7)

殺害予告受け生放送出演取りやめ スマイリーキクチさん
お笑いタレントのスマイリーキクチさんが、ブログのコメント欄で殺害予告を受けたとし、生放送への出演を取りやめた。(2017/3/6)

「Google+」に写真のズームや低品質コメント非表示機能
Googleが、ソーシャルサービス「Google+」について久しぶりに言及した。「以前のGoogle+に戻す」オプションを1月24日に終了し、写真ズーム機能など幾つかの新機能を追加する。(2017/1/18)

YouTubeライブに有料コメント機能 “投げ銭”を刷新
YouTubeは、ライブ動画配信のチャット機能に、有料でコメントを目立たせられ、クリエイターに収益を提供できる「Super Chat」を追加する。日本のユーザーは2月1日以降利用できる。(2017/1/16)

改正ストーカー規制法施行 「Twitterやブログに執ような書き込み」も規制対象に
Twitterやブログのコメント欄などに執ようにメッセージを送るなどネット上の“付きまとい”を新たに規制対象にした改正ストーカー規制法が施行された。(2017/1/5)

Instagram、コメントに「いいね!」機能追加 投稿ごとにコメント欄をオフにすることも可能に
非公開アカウントの場合、承認済みのフォロワーをあとから外せるようにもなりました。(2016/12/7)

niconicoにオリジナルゲームが遊べる新サービス「RPGアツマール」 プレイ画面へのコメント機能が斬新
これまでの自作ゲーム投稿サイトにはなかった仕組みをいくつも取り入れています。(2016/11/24)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。