ニュース
» 2009年10月01日 12時56分 公開

AT&T、衛星回線利用のハイブリッド携帯発売へ

AT&TがTerreStarと提携し、3G回線、衛星回線、Wi-Fiを使えるスマートフォン「Genus」を発売する。

[ITmedia]

 米AT&Tは9月30日、衛星回線サービスの米TerreStar Networksと衛星携帯電話の開発で提携を結んだと発表した。米国の顧客向けにAT&Tの回線とTerreStarの衛星回線をハイブリッドで利用できるサービスとそれに対応する携帯端末を提供する。

 2010年1〜3月に開始する予定のこのサービスでは、AT&Tの回線エリア外である米国内の辺境地、プエルトリコ、米国領バージン諸島、沿岸水域で対応する端末を使おうとすると、自動的に衛星回線に切り替わる。

genus Genus

 対応する端末の第一弾として、TerreStarのスマートフォン「Genus」を発売する。Windows Mobile 6.5搭載のタッチスクリーン携帯で、ディスプレイは2.6インチ、WERTYキーボード、回線はGSM/EDGEとUMTS/HSDPAに対応し、Wi-Fi、Bluetooth、GPSもサポートする。

 同サービスはまず政府と企業向けにスタートし、その後コンシューマー向けにも提供を開始する計画だ。利用料金や端末の価格は明記されていないが、衛星回線を使った場合にローミング料金が追加される料金体系になるもようだ。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -