ニュース
» 2009年10月08日 18時01分 UPDATE

富士通、ETERNUS DX60/80にiSCSI、SAS、SSDのサポートモデルを追加

富士通はディスクアレイ「ETERNUS DX60」および「ETERNUS DX80」でサポートするインタフェースとディスクを追加。10月8日に販売開始する。

[ITmedia]

 富士通は10月8日、エントリーシステム向けのディスクアレイ「ETERNUS DX60」「ETERNUS DX80」でサポートするインタフェースとディスクを追加し、全世界で販売開始すると発表した。両モデルとも従来のファイバチャネルに加えiSCSI(最大1Gbps)とSAS(最大3Gbps)をサポートし、またETERNUS DX80は、SASディスクドライブに加えSSDをサポートする。これによりETERNUS DX80では、約51%の省電力化と約14倍の高速化を図れるという(富士通調べ)。

 販売価格は、ETERNUS DX60は76万4000円から、ETERNUS DX80は242万3000円からとなる(どちらも税別)。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

富士通 | iSCSI | SSD | ディスクアレイ | Fibre Channel


関連ホワイトペーパー

富士通 | ディスクアレイ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ