ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ディスクアレイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ディスクアレイ」に関する情報が集まったページです。

ファイル、ブロック、オブジェクト
いまさら聞けない「SAN」と「NAS」 アーキテクチャで読み解く、その違いとは
なじみ深いSANとNASだがその違いを明確に理解できているだろうか。本稿では扱うデータの種類やアーキテクチャの観点から違いを読み解いてみる。新たに台頭するさまざまなストレージたちについても紹介するので参考にしてほしい。(2018/12/14)

データセンターでどう導入するのか
ストレージ環境を一変させるNVMe、その投資タイミングはいつ?
NVMe(Non-Volatile Memory Express)はSCSIに代わるストレージプロトコルとして、ストレージの応答性向上、遅延解消などが期待できる。ただしデータセンターでNVMeを導入するには綿密な計画が必要だ。(2018/12/6)

将来の運用状況を先読みするために
データセンターの評価に最適な3つのKPIとは
データセンターのパフォーマンスを評価するためには、短期的および長期的に数値を追跡する方法が必要だ。その方法の一つとしてKPI(重要業績評価指標)の導入がある。(2018/12/5)

ハイパーコンバージドインフラ(S2D Ready Node)で一挙解決
目前に迫るWindows Server 2008サポート終了、「HCI」は解決策になるか
Windows Server 2008延長サポート終了目前。移行計画でチェックしたいのが「ただの置き換え」ではないアイデアを組み込んだ成功事例。成功ユーザーの目の付けどころは。(2018/6/6)

高い技術力と確かな品質管理が生む競争力
他社ストレージからのリプレースが急増中、なぜファーウェイが選ばれるのか
ストレージはまだコストも高く、ミッションクリティカルな業務だとなおさらだ。コストメリットと性能を両立した「新しい選択肢」、ファーウェイのストレージの魅力とは。(2018/4/17)

ニーズが多様化するミッドレンジのストレージ選定
オールフラッシュ時代が本格到来 コスパと品質を備えたラインアップとは
フラッシュとHDDを併用する「ハイブリッド型」が注目されたのは過去の話。今やフラッシュ性能を最大に生かすオールフラッシュ時代へと突入した。製品選択の勘所を解説する。(2018/1/23)

より安価でより高いスループットを提供するHCI
「ハイパーコンバージドはちょっと」という人に知ってほしいNVMeとSDSの深い関係
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は仮想サーバシステムの利用を選択している管理担当者にとって魅力的な選択肢だ。登場から少し時間がたち、性能も向上している。改めて知るべきポイントを解説する。(2017/12/7)

オールフラッシュストレージの優位性
フラッシュとHDDの価格は今や同じ? 思わずうなずく3つの理由
フラッシュの価格が下がり、HDDに近づいている。だが、フラッシュの単価算出が非常に難しいため、購入担当者は頭を悩ませている。価格の優劣を容量当たりの単価で見ていたためだ。(2017/10/17)

Computer Weekly製品導入ガイド
ハイパーコンバージェンスで企業のIT環境はどう変わる?
調査会社の最新統計を基に、過熱するハイパーコンバージド市場の動向について解説する。(2017/10/3)

富士通、九州大学RIIT向け新スパコンを受注、理論演算性能10 PFLOPSを実現
総理論演算性能約10 PFLOPSを有し、国内のスパコンとしては初となるクラウド連携の仕組みも導入する。(2017/6/22)

HDDと比べたSSDの速さとは
徹底解説:オールフラッシュアレイ 超高性能をたたき出す技術とのその用途
オールフラッシュアレイの購入に向けて投資対効果検討書を作成するには、まずアプリケーションで必要なIOPS、遅延、スループットについて把握する必要がある。(2017/5/1)

RAID戦略と決別
SSDが不可欠な“圧倒的に低コストなストレージ”、そのシステム構成は?
ストレージの容量は急速に増加している。最新のストレージ技術をうまく利用すれば、ストレージの予算を跳ね上げることもなく、ニーズを満たすことができる。その方法とは。(2016/11/7)

「ムーアの法則」を超える新世代コンピューティングの鼓動:
【新連載】コンピュータの進化はもう限界? ITの歴史で読み解くその真相
日進月歩で発展し続けてきたコンピュータの世界ですが、技術的な限界が近づきつつあると言われています。果たしてそれは本当なのでしょうか? これまでの常識にとらわれない新しい動きを紹介していきましょう!(2016/10/7)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
クラウドに生まれる新たなレイヤーの形
IoTやビッグデータコンピューティングの圧力により、クラウドには「層化」とも呼べる現象が起こっています。それはアプリケーションデータフローと実際の帯域幅、そしてレイテンシ制約という競合する課題への対応です。(2016/7/25)

リストアを待たずに仮想マシンのデータを使える
30分までのダウンタイムが許せるなら「リカバリーインプレース」はいい選択肢か?
新たなデータ保護手法の1つに「リカバリーインプレース」(インスタントリカバリ)という高速リカバリ技術がある。この手法は有用だが、多少の事前計画が必要になる点に留意したい。(2016/5/18)

SQL Server 2005のEOSも目前に控える
SSDを柱にハード最適化を目指す「SQL Server SSD Appliance」が存在する意味
処理性能を高め、導入コストを抑える工夫を凝らした「Microsoft SQL Server SSD Appliance」。この製品はどのようなものか。また、今後のロードマップとは。(2016/1/22)

SSD、オールフラッシュ技術の獲得が相次ぐ
ストレージ業界を変えた2015年の大型買収、DellのEMC買収は序章にすぎない
2015年のストレージ業界では企業買収が盛んに行われたが、米Dellによる670億ドルでの米EMC買収を前にしては他のどの案件もかすむ。米SanDiskや米Veritasが買収されたことさえもだ。(2016/1/8)

ワクワクさん! 出番です!
“重要なHDDを発送する日”は突然訪れる、データを守る梱包方法とは
オンラインストレージとネットワークが発達しても、データをHDDに保存して物理的に輸送する必要性は依然として残っている。しかし、物流経路において“天敵”は多い。HDDを守る“自分でできる”梱包方法はあるのか。(2015/11/5)

価格差はほとんどナシ
ハイブリッドフラッシュ vs. オールフラッシュ、選択の基準は価格ではなく用途
フラッシュストレージの導入が増えている。現在はHDDと組み合わせたハイブリッドフラッシュアレイと、全てSSDで構成したオールフラッシュアレイという選択肢がある。何を基準に選ぶべきなのか?(2015/9/15)

もうストレージを単なるデータ置き場とは呼ばせない
「フラッシュ技術」で大きく変わるストレージ、データ分析にも踏み出す
今後のストレージは単なるデータ置き場ではない。フラッシュストレージ技術と仮想化などにより、高度なデータ処理を同時に行うことができるようになる。(2015/5/20)

今ハイブリッドがウケている理由
ハイブリッドフラッシュアレイ市場で注目すべき5つの新興企業
オールフラッシュよりも安く、HDDよりもハイパフォーマンス。ハイブリッドフラッシュアレイの利点は多い。ここで紹介する5社は独自の技術と斬新なアイデアを製品に実装している。(2015/4/22)

Database Expert基礎用語解説(1):
データベースを速くする「フラッシュストレージ」の種類
データベースアプリケーションを速くする際に、SQLチューニングの次に考えておきたいのがハードウエアによるパフォーマンス向上です。本稿ではストレージ領域を中心に用語を簡単に整理しておきます。(2015/4/15)

学生向け仮想デスクトップの改善にオールフラッシュストレージ採用、立教大学が決断したワケ
約2万人が通う立教大学では学生に仮想デスクトップ環境を提供している。利用増で性能低下に悩み、オールフラッシュのディスクアレイシステムを導入した。高価なソリューションだが、思い切って導入した背景は何か。(2015/2/26)

プロバイダーと関係が破綻!
ワケありサーバ移行を成功させたVeeamの仮想マシンバックアップソフト
契約解除を機にプロバイダーとの関係が破綻し、支援が受けられない。この状況下で国をまたいだサーバ環境の移行は成功するのか? 教訓に満ちた事例を紹介する。(2015/2/2)

Ceph/RADOS入門(4):
Cephがスケールできる理由、単一障害点を排除する仕組み、負荷を減らす実装
Ceph/RADOS が採用しているCRUSH、Paxosといった、分散したデータから正しく応答するための仕組みを支えるアルゴリズムの概要を学びながら、挙動を見ていきます。(2014/12/19)

Ceph/RADOS入門(3):
Ceph/RADOSのインストール、環境構築と接続テストまで
OpenStack環境で使える分散ストレージとして注目を集めるCeph/RADOS。今回は実際に5台のサーバーを使って分散ストレージ環境を構築、各インターフェースの動作確認までの手順を紹介します。(2014/11/17)

サービス化の進むストレージ、2018年の市場規模は2365億円に
IDC Japanによれば、ストレージサービス市場の2013年〜2018年の年間平均成長率は2.3%になる。(2014/11/5)

Ceph/RADOS入門(2):
Ceph/RADOSの実装から動作の仕組みを理解する
OpenStack環境下の分散ストレージとして注目を集めるCeph/RADOS。今回は各コンポーネントを深掘りして挙動を理解していく。分散の仕組みや特徴を理解することで、より良いシステム構成検討を目指そう。(2014/11/10)

Ceph/RADOS入門(1):
分散ストレージCeph/RADOSとは?
本稿では、分散ストレージのOSS実装として注目を集めるCeph/RADOSを紹介していきます。(2014/10/17)

注目技術の最新トレンド
「オールフラッシュアレイ」はもはや普通? 高機能と大容量で進む一般化
IBM、Violin Memory、Kaminarioのオールフラッシュストレージアレイの新モデルは、データ削減および管理機能の強化と、大容量化というトレンドに沿っている。(2014/10/14)

Database Expertイベントレポート:
SQLチューニングだけじゃないデータベースチューニングを知る
フラッシュストレージアレイの登場、最新バスやストレージコントローラー規格の登場、大容量メモリの普及など、データベースと記憶装置にまつわるハードウェア事情はここ数年で大きく変化しつつある。運用やチューニング環境を考える上では、こうしたハードウェアの進化はもちろん、製品実装技術にも深い理解が必要だ。編集部主催セミナーを基に、多様化するデータベース周辺のハードウェアのうち、フラッシュストレージとの組み合わせ方についての最新情報を紹介する。(2014/9/25)

@IT編集部が徹底検証!最新サーバーはこんなにイイ!:
PR:Windows Server 2003からの移行に NEC Express5800シリーズを選ぶワケ
今でもWindows Server 2003ベースの古いファイルサーバーを運用しているならば、できるだけ速やかに新しいサーバーへ移行することをお勧めしたい。その理由はハードウェアの故障率の高まりや製品サポート終了によるセキュリティリスクの増大の問題だけではない。最新環境に移行することで、ファイルサーバーの性能とデータ格納効率は向上し、社員のPC環境を大幅に改善できるからだ。(2014/6/23)

日立、仮想化新技術を利用したストレージ製品群を発表
新開発のストレージ仮想化技術を活用し、システムを二重化した環境で無停止による切り替えなどができるプラットフォーム製品を投入する。(2014/4/23)

Computer Weekly製品導入ガイド
激増するビッグデータ用データに苦慮するユーザーたち
ビッグデータ分析では、バックエンドインフラをアプリケーションのニーズに合わせる従来型のアプローチを改める必要がある。(2013/11/8)

障害復旧の専門家に学ぶ
ベンダーに惑わされない障害復旧計画の立案
障害復旧の専門家、ジョン・トイゴ氏が、業界に広まっている通説を一刀両断。障害復旧の本質から導き出された、本当に必要な対策とは何か?(2013/10/29)

キヤノンが富士通製スパコンを導入へ――試作レスを目指す
キヤノンは、新スーパーコンピュータシステムに「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX10」を採用した。(2013/8/6)

日立製作所、オールフラッシュ構成が可能なストレージ新モデルを発売
日立製作所は、ユニファイドストレージ「Hitachi Unified Storage VM」向けフラッシュモジュールを製品化し、グローバルで提供を開始した。(2013/7/11)

NEWS
Nexsanストレージの投入でエンタープライズ市場に進出、イメーション
イメーションがNexsanストレージの国内展開を開始。専任部隊を新たに設置し、製品の普及・拡販体制を構築した。(2013/7/5)

企業ITとパブリッククラウドの違い【前編】
Gartnerが語る、企業ITはパブリッククラウドに近づけるのか
パブリッククラウドプロバイダーとユーザー企業ではITのアーキテクチャの在り方が大きく異なる。サーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化、データセンター設備といった観点で比較する。(2013/1/22)

ディスクアレイシステム「VSP」向けのフラッシュモジュールを発売 日立
日立製作所はエンタープライズディスクアレイシステム向けのフラッシュモジュールを販売開始した。(2012/11/8)

PR:事業継続/災害対策、結局何をすべきなのか――富士通の回答
「データ管理のお悩み解決コーナー 〜事業継続/災害対策編〜」では、前編と後編の2回に分けて、@IT編集部が事業継続対策(IT関連)および災害対策につき、検討の際の指針としてのヒントを提示している。これはベンダ中立的な立場で、一般的に十分認識されていないと思われる重要な点を述べたものだ。では、実際に製品やサービスを提供している富士通のような企業はどう考えているのか。富士通におけるストレージ関連ソリューションのキーマンである、プラットフォーム技術本部 プロダクトソリューション技術統括部シニアディレクターの荒木純隆氏に聞いた。(2012/10/15)

SMB向けストレージ製品紹介:イメーション
RDX搭載でバックアップまで1台で解決するNAS「Data Appliance T5R」
SMB企業におけるNASの採用が増えている。また、バックアップ対策をより少ないコストで実現したいという声も多い。イメーションはRDXカートリッジを活用するバックアップ機能を備えたNAS製品を提供する。(2012/9/21)

SSD利用でI/O性能を3倍に、日立がディスクコントローラ用ソフトを発表
ディスクアレイシステム向けにSSDによる高速I/Oを実現するためのコントローラソフトを開発した。(2012/8/24)

ホワイトペーパー:
徹底検証:VMware VAAI対応ストレージによる性能向上
ファイルコピーなど、VMware ESXサーバ側で行っていた処理をストレージ側だけで完結させる「VMware VAAI」。VMware VAAIによるストレージ「ETERNUS」の性能向上を、詳細なベンチマークテストで実証した。(2012/6/29)

日立製作所、Xeon E5ファミリー搭載のサーバブレードを発売
日立製作所がブレードサーバ「BS500」と周辺機器のラインアップを拡充。新たにインテル「Xeon E5-2400ファミリー」を採用したサーバブレード「BS520Aサーバブレード」などを発売する。(2012/6/27)

読者の知りたいにベンダーが答える!
中堅・中小企業の悩みを解決する最適なストレージ構築術
ストレージを効率的に運用したいというニーズは、企業規模を問わない共通課題だ。中堅・中小企業では、少ないIT予算や管理者の不在といったさまざまな制約がある。SMBならではの悩みを解決するポイントを紹介する。(2012/6/1)

タイ洪水によるHDD不足はいつまで続くのか(後)
5〜15%の価格引き上げも――ストレージベンダーのHDD供給不足への対応
大手ストレージベンダー各社は、2011年のタイ洪水によるHDDの供給不足や納品遅延の可能性を考慮し、5〜15%の価格引き上げを今後実施する予定だ。(2012/4/13)

SSD技術をめぐる5つの疑問【前編】
SSDのボトルネックはストレージインタフェース
ストレージ遅延を短縮する方法の1つにSSDの導入がある。しかし、担当者がその投資を決断する前に確認しておかねばならない点が5つある。導入を検討する企業の疑問にストレージの専門家が回答する。(2012/3/16)

SMB向けストレージ製品紹介:富士通
ストレージへの高い投資対効果を目指す「ETERNUS DX S2」シリーズ
富士通のSAN対応ディスクアレイのエントリーモデル「ETERNUS DX S2シリーズ」は、ストレージへの投資対効果やデータ保全による業務継続などに注力している。SMBのみならず大規模企業での導入実績もある。(2012/2/29)

企業向けサーバは高すぎる? それならQNAPを使えばいいじゃない:
性能と価格を両立したエンタープライズモデル「TS-1279U-RP」
破格のコストパフォーマンスを理由に、企業向けオンラインストレージの選択肢の1つとして注目を集めている製品がある。それが12ベイを搭載した“最強QNAP”のラックマウントモデル「TS-1279U-RP」だ。(2011/11/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。