ニュース
» 2009年10月09日 18時56分 公開

ブランドダイアログ、企業内のPCリソースを再利用できるサービス

ブランドダイアログは、企業のクライアントPCの活用されていないリソースを集め、再利用できるサービスの提供を開始した。従量課金制のグループウェアも併せて提供する。

[ITmedia]

 ブランドダイアログはこのほど、「エンタープライズ版 GRIDY forプライベートクラウド」とSaaS(サービスとしてのソフトウェア)形式で提供する「有償版SaaS型クラウド・グループウェア GRIDY」の提供を開始した。

 エンタープライズ版 GRIDY for プライベートクラウドは、自社で運用しているクライアントPCのCPUやHDDの遊休リソースを集め、仮想的なストレージやファイルサーバとして利用できるもの。ブランドダイアログが開発した独自のミドルウェアをPCにインストールすると、最短5営業日でリソースを集める。価格はソフトウェアライセンスの初期費用が30万円から、月額費用は50万円。

 有償版SaaS型クラウド・グループウェア GRIDYは、従量課金型のグループウェア。社内情報の共有やスケジュール管理に必要な機能を提供する。初期費用は無料。利用したストレージ容量に応じて月額課金する仕組みで、1Gバイトの場合2000円。

 いずれのサービスも取得できるアカウント数は無制限で、契約期間は1年からとしている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

SaaS | グループウェア


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -