ニュース
» 2009年10月14日 19時20分 公開

セレクトスクエア、Twitter活用で潜在顧客の取り込み狙う

セレクトスクエアは、同社が運営するオンラインショッピングサイトの売り上げ増を目指し、Twitterを活用したマーケティング活動を開始した。

[ITmedia]

 オンラインショッピングサイトを運営するセレクトスクエアは10月14日、Twitterを活用したマーケティング活動を開始すると発表した。同サイトで販売しているセレクトショップや有名ブランドの商品の販売促進が狙い。モディファイと提携し、Twitterを活用したマーケティング活動の支援を受ける。

 セレクトスクエアで扱う商品の最新情報をTwitterに配信し、購入ページへの誘導を図る。Twitter上に寄せられた顧客の意見やつぶやきを集め、マーケティング活動にも役立てる。オンラインショッピングサイトでは届けきれない細かな商品情報や在庫状況などをリアルタイムに配信することで、潜在顧客の取り込みを図っていく。

 情報の配信には、モディファイが提供するコンテンツ配信基盤「SM3」を活用。Twitter、Flickr、mixi、アメーバブログなどのソーシャルメディアに専用のアカウントを設定し、情報の投稿や効果測定を行う。商品情報を届ける対象の設定や戦略立案もモディファイが請け負う。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

Twitter | マーケティング | 事例 | modiphi | Twitter開始


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -