ニュース
» 2009年10月19日 16時33分 公開

三菱東京UFJ銀行、仮想デスクトップ環境を構築へ 開発用PCが対象

三菱東京UFJ銀行は、日本IBMのサービスを使い、開発用PCの仮想デスクトップ環境の構築を進める。

[ITmedia]

 三菱東京UFJ銀行は、クライアントPCの管理を強化するため、仮想デスクトップ環境の構築に着手する。日本アイ・ビー・エム(日本IBM)の「IBM クライアント環境仮想化サービス」を活用し、12月に仮想デスクトップ環境を稼働させる見通しだ。日本IBMが10月19日に発表した。

 IBM クライアント環境仮想化サービスの採用により、三菱東京UFJ銀行は、同行の情報システム部門の開発用PCをシンクライアント端末として活用する。ブレードサーバ「IBM BladeCenter」上に仮想デスクトップ環境を構築し、開発用PCで利用していたメモリ、CPU、HDDなどを集約。これらの資源(リソース)を一元的に管理する。PCのセキュリティの強化や非常時の事業継続を目指すとしている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

IBM(アイ・ビー・エム) | 環境保護


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -