ニュース
» 2009年11月18日 12時18分 UPDATE

日本IBM、クラウド事業参入を支援するコンサルティングを開始

日本IBMとIBCSは、クラウド事業への参入を検討する企業向けに事業の計画やロードマップの立案を行うコンサルティングサービスを提供する。

[藤村能光,ITmedia]

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)とアイ・ビー・エム ビジネスコンサルティング サービス(IBCS)は11月18日、クラウドコンピューティング関連の事業に参入する企業向けに戦略を立案したり、自社システムにクラウドコンピューティングの仕組みを取り入れたりするためのコンサルティングサービスの提供を開始した。

 提供するコンサルティングサービスは2種類。「クラウド事業戦略立案コンサルティング」は、クラウドコンピューティング関連の事業に参入する企業を支援するもの。具体的には、事業戦略の策定や新規事業の計画、行動計画の立案といった項目を検討する。選定したビジネスモデルの顧客層を定義して具体的なサービスモデルに落とし込む。最短10週間で事業のロードマップ作成までを手掛ける。

 自社システムにクラウドコンピューティングの仕組みを取り入れようとする企業には、「クラウド適用戦略立案コンサルティング」と呼ぶサービスを提供する。システムの現状を評価し、戦略を計画。システム構築のロードマップを最短10週間で策定する。システム構築の際にパブリッククラウド型のサービスを取り入れるべきか、自社システムをクラウド環境にして種々のリソースを動的に管理するべきかといった判断も行う。

 いずれのサービスも、具体的な製品やサービスの選定までは行わないとしており、クラウドコンピューティング関連の戦略やロードマップの立案までを支援する見通し。価格は2サービスとも約3000万円から。対象企業は大規模の企業に加え、「中堅・中小規模の企業も視野に入れている」(日本IBM)という。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -