ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「参入」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「参入」に関する情報が集まったページです。

NHKも採用する「バーチャルプロダクション」 先進性だけじゃない、業界の“切実な導入理由”とは
一般のテレビ番組でも広がりつつあるバーチャルプロダクションだが、どうも先進性だけでなく「切実な面」でも選ばれるようになっているという。バーチャルプロダクションにいち早く参入し、NHKとも協力するスタジオブロスに、業界が導入する背景を聞いた。(2024/2/21)

軽さが特徴の布製ランドセル、イトーヨーカ堂も参入 開発のきっかけとなった、小学生の悩みとは?
イトーヨーカ堂が2025年におけるランドセルのラインアップを公開した。初めて布製ランドセルに参入する。ニトリなども参入しているが、背景に何があるのか。(2024/2/15)

「永遠に完成しないオフィス作る」 イトーキ、オフィスのデータ活用事業に参入 IoT・コンサルで継続支援
「永遠に完成しないオフィス、データで進化し続けるアジャイルな形のオフィスを作る」──イトーキがオフィスの活用情報などを使ったデータ活用事業に参入すると発表し、こんな方針を掲げた。(2024/2/14)

「ジン」ブーム背景に参入障壁の低さと自由度の高さ サントリーが牽引、相次ぐ地方参入 
30年に国内ジン市場を23年比で2.1倍の345億円まで引き上げる計画を示した。こうした動きに呼応するように、近年は地方の小規模蒸留所によるクラフトジン製造への参入も相次ぐ。ブームが広がる背景には何があるのだろうか。(2024/2/8)

「IdeaPad S10e」から15年――レノボ・ジャパンのコンシューマーPCの歩みを振り返る
レノボ・ジャパンが日本のコンシューマーPC市場に本格参入してから15年を迎えた。同社がその歩みを振り返るイベントを開催したので、実機の写真を交えつつ昔を振り返ってみようと思う。(2024/2/8)

元メルカリ青柳氏がライドシェア新会社立ち上げ その名も「newmo」(ニューモ)
グリー元CFOで、メルカリの日本事業を統括していた青柳直樹氏が、新会社「newmo」(ニューモ)を設立。2月6日に、ライドシェア事業への参入を発表した。(2024/2/7)

DPUを丸分かり解説【後編】
「DPUと呼べるプロセッサ」はこれだけあった 主要ベンダーを整理
「DPU」(Data Processing Unit)のニーズが高まる中で、さまざまなベンダーがDPU市場に参入した。自社に最適なDPUを選ぶ際に知っておきたい、注目のDPUベンダーとは。(2024/2/2)

産業動向:
非木造の15兆円超市場へ“木造化”で参入 SDGsの木造建築会社へ、AQ Group
AQ Groupは、「普及型純木造ビル」で日本の街並みに木造建築物を復興する「Re:Treeプロジェクト」を始動する。国内で普及している木材や構法を用い、5階建て以下の木造ビルや木造マンション、木造商業ビルを展開し、SDGsを標ぼうする木造建築会社を目指す。(2024/1/30)

製品動向:
現場のコミュニケーションの課題を音声技術で改善、NTTソノリティが参入
NTTソノリティが法人向けの音声DX事業に参入した。現場向けの音声コミュニケーションツールを展開するBONXを関連会社化し、建設業や製造業、医療業界などのデスクレスワーカーを対象としたNTTソノリティ初のサービス事業「ゼロから始めるNTTの現場DX」を開始した。(2024/1/30)

カーナビの“パイオニア”がスマホアプリに参入 「COCCHi」はサイバーナビの使い勝手を継承しているか?
「カロッツェリアカーナビゲーションのノウハウを搭載!」と謳われており、カーナビ専用機と同等の機能、使い勝手をスマホで活用できるというアプリです。、スマホ標準の地図アプリと比べて、どのような違いがあるのかという点にスポットを当ててレビューしていきましょう。(2024/1/23)

頭脳放談:
第284回 社会を支えるパワー半導体メーカーの再編にルネサスが参入? で、パワー半導体って何
ルネサス エレクトロニクスがGaN(窒化ガリウム)技術を持つTransphorm(米国)の買収を発表した。これによりパワー半導体のポートフォリオを拡充するという。そもそもGaN技術やパワー半導体とはどういったものなのだろうか? 筆者が最新の動向を解説する。(2024/1/22)

どうなる「楽天経済圏」 モバイルの巨額赤字だけでない、深刻な懐事情
「第4の事業者」として携帯通信サービスへ鳴り物入りで参入した楽天だったが、苦境が続く。中でもオープンAI社の騒動には、相当なショックがあったのではないかと識者は分析する。(2024/1/19)

SUBARU、新車サブスクに参入 トヨタグループのKINTOと協業
トヨタ自動車グル−プのSUBARUは、新車を定額で乗り換えられるサブスクリプションサービス「KINTO ONE(SUBARU)」を2024年初夏にスタートする。(2024/1/16)

給餌、給水──猫2匹がエレコムの自動ペットケア製品を試してみた 細かな使い勝手を検証
エレコムがペット家電への新規参入と同時に第1弾の製品投入を発表した。1月中旬発売予定の3製品を借りる機会を得たので、拙宅猫が使ってくれるか、また飼い主にも心地よい製品なのかどうかを試してみた。(2024/1/12)

エレコムがペット家電に参入 自動給餌器など3製品を発売
エレコムは9日、ペット家電市場に参入すると発表した。1月中旬から自動給餌器や自動給水器、ペット用フードスケールをECサイトを中心に販売する。(2024/1/9)

エレコム、ペット家電市場に参入──第1弾は自動給餌器/給水器/フードスケールを発売
PC周辺機器を中心に開発してきたエレコムが、ペット家電市場への参入を発表した。第1弾は「食」に関連したアイテムだ。エレコムが作るペット家電とは一体どのようなものだろうか。また、なぜペット家電の開発に至ったのだろうか。(2024/1/9)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
いよいよ来るか、工場での「リニア搬送」への期待
三菱電機の参入でいよいよ本格導入が進むと見ています。(2023/12/11)

いまさら聞けない「ガバメントクラウド」(政府クラウド) さくらインターネット参入が注目されるワケ
ガバメントクラウドの基礎知識を整理。さくらインターネットの採択がもたらす影響を考察する。(2023/11/28)

PayPayポイントアップ店にミニストップ&松弁ネットを追加 12月は+3%
通常よりもPayPayポイントがためられる「PayPayポイントアップ店」へ、12月1日からコンビニエンスストア「ミニストップ」と松屋フーズの弁当予約サービス「松弁ネット」が参入する。(2023/11/28)

FAインタビュー:
工程集約で成長するオムロンのロボット、モバイルマニピュレーターの浸透に期待
ロボット事業に2016年から参入し、後発でありながら着実に成長を続けているのがオムロンだ。オムロンのロボット事業の現在地とこれからの方向性について、オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー ロボット事業本部 本部長の氏本拓志氏に話を聞いた。(2023/11/22)

ポストサードパーティーCookie時代の新たな選択肢:
リアル店舗向けリテールメディア「AdCoinz」、既存のDOOH(デジタル屋外広告)との違いは?
リアル店舗の価値最大化に向けて小売業支援を行うLMIグループが新たに広告事業に参入。新たなリテールメディアが消費者と広告主、店舗(ロケーションオーナー)にもたらす価値とはどのようなものか。(2023/11/17)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「メルカリvs.タイミー」勃発 スキマバイト市場の“勝者”はどちらになるのか
メルカリが“スキマバイト”事業への参入を発表した。この知らせに「久しぶりにワクワクしてます」と応じたのは、市場のパイオニア的存在であるタイミーの小川嶺CEOである。タイミーが事業を開始してから5年余りが経過しているが、なぜ今、メルカリは市場に切り込もうとしたのだろうか。(2023/11/17)

医療機器ニュース:
第二種医療機器製造販売業許可を取得し、メディカル事業へ本格参入
NTTテクノクロスは、第二種医療機器製造販売業許可を取得し、医療機器製造業登録を実施した。医療機器のうちクラスIIに分類される医療機器プログラムの設計、開発、販売が可能となる。(2023/11/16)

ダイシングに比べて切るスピードが最大100倍に:
PR:SiCウエハー切断に革新をもたらす新工法 「ガラス加工の常識」で半導体市場に挑む
次世代パワーデバイスの材料として開発が進むSiC(炭化ケイ素)。半導体としての特性は優れるものの、非常に硬く、SiCウエハーからダイを切り出すダイシングの工程にかなりの時間がかかるのが難点だ。半導体産業に近年参入した三星ダイヤモンド工業は、従来のダイシングとは全く異なる切断工法「スクライブ&ブレーク」を提案する。ガラスや液晶パネルの切断加工を長年手掛けて「切る技術」を磨いてきた同社の工法によって、SiCウエハーの切断スピードを最大で従来の100倍に高速化できるという。(2023/11/16)

メルカリ、スキマバイト事業に参入 「メルペイで給与受け取り」にも今後対応へ
メルカリが、隙間時間などを活用して、単発・短時間で働けるスポットワーク事業に参入し、新サービス「メルカリ ハロ」の提供を発表した。2024年初旬に首都圏の一部からスタートし、順次全国に展開するとしている。(2023/11/13)

サムスンも生成AI開発に参入 Galaxy端末に搭載へ
韓国Samsung Electronicsは11月8日(韓国時間)、同社が開発した生成AI「Samsung Gauss」(サムスンガウス)を発表した。韓国の報道によれば、2024年上半期に「Galaxy S24」シリーズに搭載する予定という。(2023/11/9)

ジャパンモビリティショー2023:
溶接せず組み立てられる車体フレーム、小型モビリティに参入しやすく
ユタカ技研は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」において、軽自動車未満の小型モビリティ向けの汎用フレームを展示した。(2023/11/8)

宇宙開発:
PR:荏原製作所、宇宙事業を本格始動 ロケット用の電動ポンプを開発中
民間企業による宇宙ビジネスの裾野が拡大する「ニュースペース時代」が本格的に到来する。産業用ポンプで高い技術力をもつ荏原製作所は、宇宙事業に新規参入し、電動ポンプを開発中だ。液体メタンを使う新しいエンジンに狙いを定め、「ロケットエンジンの心臓部」に革新を起こす。低コストで安全に宇宙へ到達する技術を開発し、人類の宇宙活動を支える存在になることを目指す。(2023/10/31)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
異業種からのEV参入の突破口となる「B2B」と「ソフトウェア」
“隙間”を満たすさまざまなアプローチが必要だと考えます。(2023/10/30)

ジャパンモビリティショー2023:
「EV参入への門戸を自ら閉ざすつもりはない」THKが自社開発EVプロトタイプを出展
THKは、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」に初出展し、EV時代に向けて、独自の直動部品などを活用したステルスシートスライドシステムなどの新技術群を紹介した他、これらの技術を詰め込んだ独自開発のEVプロトタイプを世界で初めて披露した。(2023/10/30)

携帯、配信に次ぐ収益源に:
チケット最高額は1200万円 ドコモが「バイエルン対マンC」でスポーツ興行に参入した狙い
ドコモはJリーグと共に主催者となり、世界最高峰のクラブチームであるマンチェスター・シティFCとFCバイエルン・ミュンヘンという「奇跡の一戦」を開催した。なぜ通信会社ドコモが、スポーツ興行に参入したのか。キーマンに聞いた。(2023/10/25)

頭脳放談:
第281回 OpenAIも参入とうわさの「AIチップ」は何を行うチップなのか? その用途は?
OpenAIが独自のAI(人工知能)チップを開発しているという報道があった。OpenAIが正式に発表したものではないが、かなり確度が高そうだ。AIチップとはどういったものなのか、どういった用途に使うものなのかを簡単に解説しよう。(2023/10/20)

電力供給サービス:
4種のNon-FIT太陽光から電力調達、京セラが「再エネ電力供給ビジネス」に本格参入
京セラが、自社製の太陽光発電システムと電力調達/販売をセットにした電力供給ビジネスを開始した。企業向け、住宅向け、それぞれに初期費用ゼロのNon-FIT太陽光スキームを展開する。(2023/10/10)

電子ブックレット(FA):
大手メーカーから新興、海外勢まで参入、無人搬送車関連ニュースまとめ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、AGIV(無人搬送車)やAMR(自律型搬送ロボット)などに関する直近の記事をまとめた「無人搬送車関連ニュースまとめ」をお送りします。(2023/10/10)

石野純也のMobile Eye:
Pixelが国内でシェア急増も「8/8 Pro」は大幅値上げ 競合からは“包囲網”も
Googleは、Pixelシリーズの最新モデル「Pixel 8」「Pixel 8 Pro」を10月12日に発売する。日本市場参入当初はパイが小さかったPixelだが、廉価モデルのaシリーズを含めたコストパフォーマンスの高さやAI関連機能が評価された結果、シェアを急速に高めている。一方、円安の影響でPixel 8/8 Proは価格が高騰。競合メーカーの製品作りにも影響を与えている。(2023/10/7)

山根康宏の中国携帯最新事情:
Xiaomiが“スマホの先”に見据えるもの ロボット開発でIoT家電の覇権を握れるか
Xiaomiはロボット事業にも参入しており、2023年8月には犬型のスマートロボット「CyberDog 2」を発表した。Xiaomiがロボットを手掛ける背景には、スマートフォンの次の見据えた動きがある。Xiaomiはスマートフォンに並ぶ柱の事業として10年以上前からIoT製品の開発も進めている。(2023/10/3)

材料技術:
DNPが透明導電フィルム市場に再参入、直径11nmの銀ナノワイヤを採用
DNPは粒径11nmの銀ナノワイヤ分散液を用いた透明導電フィルムを武器に、一度撤退した透明導電フィルム市場に再参入する。(2023/10/3)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
GaNパワー半導体市場、勢力図の書き換えは進むか
近年、GaNパワー半導体市場において、大手パワー半導体メーカーの参入や大型の買収/投資が目立ってきました。(2023/10/2)

京セラ 再エネ電力供給ビジネスに参入 自社の太陽光発電システムから電力調達
住宅や企業の工場に初期投資なしで太陽光発電システムを導入できるサービスを展開し、余剰電力を京セラがビジネスに活用する。(2023/9/29)

Xiaomi(シャオミ)が日本でロボット掃除機を発売 2万4800円(税込み)
Xiaomi Japanが、日本のロボット掃除機市場に参入する。水拭きにも対応し、最大4000Paの吸引力を備える2in1タイプで、ECサイト限定で販売される。(2023/9/27)

ロジスティクス:
鹿島建設が物流施設開発に参入 初弾は東京と宮城で着工
鹿島建設は、物流施設の開発に乗り出した。開発から設計、施工までを一貫して手掛ける東京と宮城の2物件を皮切りに、物流施設のブランド「KALOC」を展開していく。(2023/9/26)

知らないと損!?業界最前線:
焼けた肉を盤上で切ってそのまま口の中へ バルミューダのホットプレートが目指した“体験”、開発者に聞く
バルミューダがホットプレート「BALMUDA The Plate Pro」を発表した。扇風機やトースターなどで人気の同社だが、参入したスマートフォン事業は2年で撤退するなど迷走も見えた。起死回生を図るこのホットプレートについて、開発の経緯や目指す姿などを担当者に聞いた。(2023/9/23)

NEWS
2027年度に“2兆円超え”のメタバース市場 リードする技術と課題は?
矢野経済研究所の調査によると、国内のメタバース市場は2023年度に前年度比207.0%増の2851億円まで成長する見込みだという。メタバース市場に参入する事業者の動きとは。(2023/9/22)

電動化:
電池産業の参入障壁は意外と低い!? 今ある製造技術が生きる可能性も
日本の電池産業が新規参入を求めている。プレイヤー増加を求めているのは、製造装置だ。(2023/9/14)

宇宙ビジネス、異業種参入相次ぐ 2040年に150兆円市場へ
宇宙ビジネスに異業種からの参入が相次いでいる。2040年には世界市場規模が150兆円近くに拡大するとの予測もあり、日本国内でも成長産業として期待されている。(2023/9/8)

欧州委員会、DMA(デジタル市場法)の「ゲートキーパー」6社を発表 Apple、Googleなど
EUの欧州委員会は、IT大手規制法のDMA(デジタル市場法)の下、他社参入を防いでいる「ゲートキーパー」と認定した6社を発表した。(2023/9/7)

株式会社Gerson Lehrman Group提供ホワイトペーパー:
PR:「定量調査」の質をどう高める? “8つの原則”などベストプラクティスを紹介
製品開発や新規市場参入などにおいて、正しい方向性を決めるために重要なインサイトを獲得する手段として有効な「定量調査」。しかし、実用的なデータを得るためには、ポイントを押さえた適切なサーベイ設計が求められる。(2023/9/7)

社員寮をリノベーション:
コクヨ、賃貸住宅に参入 フィットネス教室やスナックも開業できる
(2023/8/29)

医療機器ニュース:
室内用と買い物用の歩行車2製品を発売、歩行器市場に参入
パナソニック エイジフリーは、歩行器市場への新規参入を発表した。「くらしサポート歩行車 スムーディ」シリーズとして、室内用歩行車「カジサポ」と買い物用歩行車「カウサポ」を発売する。(2023/8/24)

国産クラウド、ガバメントクラウド参入の意思は 富士通、NEC、さくらなど各社に聞いた【追記あり】
ガバメントクラウド参入の意思を国内ベンダー各社に聞いた。(2023/8/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。