ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「個人情報保護」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「個人情報保護」に関する情報が集まったページです。

リクナビ運営元に「Pマーク」取り消し措置 “内定辞退予測”を問題視
JIPDECがリクルートキャリアのプライバシーマークを取り消した。学生の内定辞退率を予測して他社に販売するサービス「リクナビDMPフォロー」に個人情報の取り扱い不備があったと判断したため。同社はJIPDECの認定個人情報保護団体からは脱退しない。(2019/11/14)

Amazon.co.jpで他人の注文履歴が見える不具合、約11万件のアカウントに影響 個人情報保護委が再発防止求める
やっと詳細情報が。(2019/10/11)

個人情報保護委、アマゾンに行政指導 注文履歴など流出を問題視 11万件のアカウントに影響か
Amazon.co.jpで注文履歴などが他人の会員ページに誤表示される不具合が発生した件で、個人情報保護委員会がアマゾンジャパンに行政指導。再発防止策と利用者からの問い合わせへの対応を確実に行うよう求めた。(2019/10/11)

「プッシュページ」を使ったメカニズムを解明:
オープンソースWebブラウザのBrave、GoogleによるGDPR規制回避策を明るみに
Brave Softwareは、Googleのリアルタイム広告入札システムに関する新しい証拠を規制当局に提出した他、Googleが、GDPRに基づく個人情報保護規制を回避するのに使用しているとみられるメカニズムを明らかにした。(2019/9/9)

「個人情報どう使われた?」就活生に広がる不信 リクナビ内定辞退予測問題、データビジネスにも影響
「リクナビ」を利用した学生の内定辞退率を予測したデータが無断で企業に販売されていた問題で、政府の個人情報保護委員会は、サイトを運営するリクルートキャリア(東京)に組織体制の見直しなどについて勧告し、同社が謝罪する事態となった。就職活動中の学生にとっては人生を左右しかねない個人情報が軽く扱われたことになり、成長が見込まれるビッグデータを活用する「データビジネス」にも影響を与えそうだ。(2019/9/3)

リクナビ問題:
「個人情報どう使われた?」就活生に広がる不信
就職情報サイト「リクナビ」を利用した学生の内定辞退率を予測したデータが無断で企業に販売されていた問題で、政府の個人情報保護委員会は、サイトを運営するリクルートキャリアに組織体制の見直しなどについて勧告し、同社が謝罪する事態となった。(2019/9/2)

個人情報保護委員会がリクルートキャリアに是正勧告 学生の内定辞退率予測を提供、原因は「学生視点の欠如」
一連の問題の根本原因は「学生視点の欠如」「ガバナンス不全」。(2019/8/26)

「内定辞退率」予測のリクナビ、個人情報保護委が行政指導 「全社的な意識改革」求める
「リクナビ」の内定辞退率予測に関連して、個人情報保護委員会がリクルートキャリアに行政指導。9月30日までに具体的な措置内容を報告するよう求めている。(2019/8/26)

内定辞退率の予測データ販売:
リクナビ問題が大炎上した真相 “利用者不在”の人材ビジネスに潜む「構造的歪み」とは
リクナビの学生の個人情報を元に「内定辞退率」の予測データが販売されていた問題。SNSでは「学生は商売道具じゃない」と大炎上している。個人情報保護の専門家や他社の意見から問題の焦点を探る。(2019/8/13)

「リスト型攻撃に対策を」 金融庁と経産省、決済事業者に不正アクセス対策強化を要請 7payの不正ログイン被害で
金融庁と経済産業省、個人情報保護委員会がキャッシュレス決済事業者に対し、不正アクセスに備えた対策を強化するように要請している。(2019/8/6)

今日のリサーチ:
広告宣伝担当者に聞く、個人情報保護の規制強化による影響――サイカ調査
世界的な個人情報保護強化の流れを、広告宣伝担当者はどのように捉えているのでしょうか。(2019/8/2)

FacebookにFTCから約5400億円の制裁金 個人情報保護めぐり
消費者プライバシーに関する50億ドル(約5400億円)の制裁金は過去最大。(2019/7/25)

調査対象の8カ国のうち51%が被害に:
「日本は実際の被害は少ないが、危機意識は諸外国より高い」 F-Secure意識調査
F-Secureの個人情報保護に関する意識調査によると、家族の誰かが何らかサイバー犯罪の被害を受けたことがあると回答した割合は51%、自分がサイバー犯罪などの被害に遭うのではないかと感じていると回答した割合は71%だった。(2019/7/11)

巨大IT規制、成長との両立目指す 公正な取引環境と個人情報保護
政府は5日、成長戦略の素案で、プラットフォーマーと呼ばれる巨大IT企業の規制方針を盛り込んだ。公正な取引環境を確保するため独占禁止法を補完する新法をつくるほか、個人情報保護法も改正しプライバシーの保護を強化する。デジタル市場を評価する専門組織を早期に創設するなどで技術革新(イノベーション)の促進にも留意し、規制と成長の両立を目指す。(2019/6/6)

開発段階から検討必須! あなたの製品のセキュリティ対策(3):
IoT機器に求められるGDPR対応、対策のポイントを解説
2018年5月、欧州連合(EU)の個人情報保護法であるGDPR(一般データ保護規則)の適用がスタートした。GDPRはデータ漏えいが起きた場合の罰則規定が非常に厳しいことから企業に大きな動揺を与えている。本稿ではGDPRについて今一度簡単におさらいし、IoT機器の開発でGDPR対応に必要な考え方と対策のポイントについて解説する。(2019/4/23)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
少数精鋭の税理士集団がサーバ環境を自力構築、高度な要件をクリアした方法とは
少数精鋭の税理士集団である藤戸綜合事務所。医療法人の顧客も多い同社にとって、個人情報保護に向けたセキュリティ対策は重要だ。そんな同社が、高いセキュリティ要件を満たしつつ、サーバの構築と運用を自力で行える理由とは。(2019/4/2)

JapanTaxi、「車載タブレットで乗客の顔写真撮影」で行政指導 乗客に明示へ
個人情報保護委員会がJapanTaxiに行政指導。タクシーに搭載したタブレットのカメラで乗客の顔写真を撮影して性別を推定していたことについて「カメラの存在や利用目的の通知が不十分」と指導を受けたという。(2019/3/25)

閉鎖した「破産者マップ」、行政指導されていた 個人情報保護法に違反?
個人情報保護委員会が「破産者マップ」に閉鎖を求める行政指導を行っていたことが分かった。個人情報保護法に違反する恐れがあったという。(2019/3/20)

新しいダイソンのロボット掃除機は何が変わった?
ダイソンが発売したロボット掃除機の新製品「Dyson 360 Heurist」。デザインや機能は従来機のそれを踏襲しているが、中身はほぼ一新。クラウド連携も個人情報保護の観点から仕様を変更していた。(2019/2/28)

Tカード、「個人情報を令状なしで警察に提供」に批判 個人情報保護委員会に問題ないか聞いてみた
個人情報保護法を所管する国の機関に聞いてみました。(2019/1/24)

個人情報保護委員会、Facebookに行政指導
不正アクセスなどを受けて。(2018/10/22)

流出事件の多発を懸念:
Facebookに行政指導 政府・個人情報保護委 情報流出の原因究明など要請
個人情報保護委が、個人情報の流出が相次ぐ米Facebookに行政指導。個人情報の適切な取り扱いや、2018年9月に発覚した事件の原因究明、再発防止などを求めた。(2018/10/22)

政府の個人情報保護委員会、Facebookを行政指導
Facebookからの個人情報流出が相次いでいることを受け、政府の個人情報保護委員会は22日、米Facebookに対して、日本のユーザーへの分かりやすい説明や、再発防止などを求める行政指導を行った。(2018/10/22)

「暗号化」は情報漏えい対策の要
インターネット分離環境でも利用できる「完全な暗号化」対策とは
数あるセキュリティ対策の中でも「データの暗号化」は、国内外の個人情報保護規制において重要な施策と見なされている。ユーザーの利便性を低下させない暗号化技術とは。(2018/10/24)

Facebook「ユーザーへの啓蒙続ける」 プライバシー保護の取り組み、2万人体制に
Facebookが、個人情報保護の取り組みに関する説明会を開催。相次ぐ不正アクセスや情報流出のニュースを受け、一層取り組みを強化する考えだ。(2018/10/17)

「特定の学生の個人情報が拡散されている」 東京医科大、情報保護を「お願い」
東京医科大学は、「本学の特定の学生について、SNS等で個人情報が拡散されている」とし、学生の個人情報保護について「配慮」を求める告知を出した。(2018/7/5)

巨額の制裁や詐欺のリスクも:
「制裁対象」は意外なところに 知っておくべきGDPRの「5つのポイント」
2018年5月25日、組織による個人情報保護を厳格に定めた「GDPR(EU一般データ保護規則)」がついに施行された。「自分たちは関係ない」と思っている企業も、対象になっているケースがあるので要注意だ。(2018/6/12)

Facebook傘下のWhatsApp創業者が退社へ 個人情報保護で対立との報道
Facebookが2014年に買収したWhatsAppの共同創業者、ジャン・コウムCEOが退社すると自身のFacebookで発表した。ユーザー情報を広告に利用するかどうかなどでFacebookと対立していたとWashington Postが報じた。(2018/5/1)

Facebookのデータ不正流用問題、日本政府も「対応を検討」
Facebookユーザー約5000万人の個人情報が流用された問題で、日本政府の対応を問われた菅官房長官は、「個人情報保護委員会で対応を検討すると聞いている」などと話した。(2018/3/28)

「k-匿名化」の課題を解決するアルゴリズム
個人情報保護法の改正で進むパーソナルデータ活用、より安全な匿名加工情報とは
改正個人情報保護法で新設された「匿名加工情報」制度は、個人識別性を持たない行動情報などの利活用を促す。前提となる「匿名加工」における、より安全な手法を解説する。(2018/1/11)

残された時間は72時間
怖いのは罰金ではなく信頼失墜 GDPRで向き合うべき企業の課題とは
施行が迫るEU版個人情報保護法「GDPR」。残された時間でGDPRが求める高いレベルの個人情報保護を実現する方法はあるのか。企業の課題となるポイントを解説する。(2017/12/26)

GDPR初歩の初歩(2):
GDPR対策は個人情報の暗号化から
EUの新しい個人情報保護規制「GDPR」には域外適用の規定があり、多くの日本企業が規制対象となります。規制に対応するには個人情報の暗号化が第一歩。3つのステップに従って暗号化を検討する必要があります。(2017/12/14)

GDPR初歩の初歩(1):
GDPR施行は、日本のITエキスパートにとってよそごとなのか?
EUの新しい個人情報保護規制「GDPR」の施行が半年後に迫っています。EUに立地する企業はもちろん、事業所がなかったとしてもEU域内で事業を展開する日本企業には「域外適用」として規制の対象になる場合があります。どのような企業が対象となるのか、規制に対応するためには何をすればよいのか、解説します。(2017/12/7)

属人的な情報保護に決別し、自動化の世界へ
「GDPR」「改正個人情報保護法」を乗り切る“これからの情報保護”の在り方とは
「GDPR」「改正個人情報保護法」などの新たな法制度に加え、クラウドやモバイル環境の普及で情報保護対策の見直しを迫られている企業は少なくない。何から着手すべきか。(2017/11/28)

一問一答:気になるトピックをエキスパートが解説:
「GDPR」について今、マーケターが知っておくべきこと
2018年5月に迫る「EU一般データ保護規則」(GDPR)、そして日本の改正個人情報保護法全面施行。「データ」にまつわる制度変更にデジタルマーケティング担当者はどう対処すべきか。専門家に基礎を解説してもらった。(2017/11/13)

GDPR順守だけではない電子メールセキュリティ(前編)
今すぐ再確認すべき電子メールセキュリティ総まとめ
GDPRの施行を目前に控え、日本企業も改めて個人情報保護体制を見直す必要がある。まずは最も狙われやすい電子メールのためにやるべき有用な対策をまとめた。(2017/11/10)

機械学習/AI技術も活用:
インフォマティカ、EU新個人情報保護規則(GDPR)に向けた対応支援ツールを提供開始
インフォマティカ・ジャパンは、EU一般データ保護規則(GDPR)に対応する企業を支援するガバナンスソリューションの提供を開始する。データの格納場所や構造を問わず管理できる。機密データを素早く特定できる他、データに対する異常行動を探知することも可能。(2017/9/19)

「小規模取扱事業者」も対象になる
改正個人情報保護法、中堅・中小企業は何の対策から始めるべき?
改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説する。(2017/9/1)

予約を無断キャンセルした客の番号を共有するサイト、注目浴びる 背景には飲食店の“泣き寝入り”事情
サイト運営者、個人情報保護委員会に取材しつつ、飲食店経営者に“無断キャンセル”の実情を聞いた。【訂正】(2017/7/8)

週刊「調査のチカラ」:
情報格差の時代をサバイブするのは誰か?
子育てを終えた女性が思うこと、シニア世代の買い物事情、新入社員の不安な胸の内に改正個人情報保護法まで、気になる調査データをお届けします。(2017/6/24)

Microsoftに続きAWSも
「EU一般データ保護規則」(GDPR)、AWSが施行日までの準拠を約束
欧州連合(EU)における個人情報保護の新しい枠組み「一般データ保護規則」(GDPR)について、AWSは2018年5月の施行日までに全サービスを準拠させると発表した。顧客のGDPR対応を支援するためのサービスも提供する。(2017/5/17)

情報セキュリティは企業の“イノベーションを守る楯”:
PR:「改正個人情報保護法」の施行が迫る! 機密データを効果的に守るためのポイントは?──「オラクル・セキュリティ・フォーラム 2017」レポート
「改正個人情報保護法」の施行が迫る中、企業が自社の情報セキュリティ対策を見直す動きが活発化している。日本オラクルと富士通が2017年2月に開催した「オラクル・セキュリティ・フォーラム 2017」では、両社のエキスパートが参集し、個人情報を効果的に守るためのポイントを解説した。[セキュリティ対策][Database Security](2017/4/24)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
個人情報保護法とGDPRの違いとは――EUに事業を展開する企業が知っておくべきこと
2018年、「EU一般データ保護規則」が施行される。新たな規制では個人データの取り扱いに本人の明確な同意が必要になる。EUに事業を展開している日本企業が知るべき規則とは。(2017/4/18)

スマホ版「KOF」訴訟問題、運営していたのは中国企業だった? 公式サイトで異例の「表記ミス」謝罪 → 新たな法的問題も浮上へ
謝罪内容が事実であれば、新たに個人情報保護法違反の可能性も浮上することになります。(2017/4/12)

Azure漫遊記:
“コンプラ”を理由にクラウドを使わない時代は終わったのか
個人情報の扱いなど、企業コンプライアンス(法令順守)の重視から、オンプレミスサーバにこだわる企業も少なくない。だが、クラウド上の個人情報保護や特許にまつわる問題への対応は確実に進んでいる。パブリッククラウドの1つ「Microsoft Azure」では、これらの問題を未然に防ぐための施策を数多く用意している。(2017/5/12)

契約条項の大幅な見直しが必要か
世界で激変する個人情報保護ルール、2017年の法規制で影響を受けるのは?
データアナリティクスやブロックチェーン、アジャイル開発などの最新ITを進める中で、テクノロジーに関する企業同士の契約状況を大幅に見直す必要が出てくる。どのように見直せばいいか本稿で紹介する。(2017/3/7)

2020年までのCAGRは4.5%、SaaS型製品、UTM市場も拡大:
国内セキュリティ製品市場は2020年までに3359億円規模に拡大 IDC調査
IDCジャパンが国内情報セキュリティ製品における2020年までの市場予測を発表。2017年以降は、サイバー攻撃対策と個人情報保護対策への需要が増え、2020年までに3359億円規模に拡大すると予測される。(2017/1/6)

富士通、マイナンバー対応の個人情報管理支援サービスを開始
富士通と富士通総研は、マイナンバー制度や個人情報保護への継続的対応を支援するコンサルティングサービスを開始した。(2016/8/5)

2017年の問題に? 匿名化した個人情報が特定されるリスクを自動評価する技術
改正個人情報保護法で匿名化した個人情報の活用が可能になるが、対応によっては個人特定されるリスクを伴う。このリスクを評価する技術を富士通研究所が開発した。(2016/7/20)

マイナンバーカードのケースにご注意 丸見えのQRコードからマイナンバーを読み取れてしまう事が判明
個人情報保護委員会では注意喚起を発布。(2016/6/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。