ニュース
» 2009年11月27日 17時43分 UPDATE

日立ソフト、Rubyによるシステム開発の専門組織を設立へ

日立ソフトはRubyを使って中小規模のシステム開発を手掛ける専門組織を12月1日に設立する。

[ITmedia]

 日立ソフトウェアエンジニアリングは11月27日、Rubyを活用したシステム開発を手掛ける専門組織「Rubyセンタ」を12月1日に設立すると発表した。中小規模のシステム開発を中心に扱い、全社のRuby関連の案件を扱う窓口にする。

 Rubyセンタの設置により、Rubyを活用したシステム開発を一本化させる。Ruby認定技術者を中心に約100人のエンジニアをそろえる。業種別の各事業部門と共同でRubyを使った新規システムを開発するほか、運用保守、教育、コンサルティングサービスも提供する。

 同組織の設立に合わせて、日立ソフトの松江事務所内に「Rubyラボ」を設置。地元のIT企業やRuby関連の団体と連携していく。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -