ニュース
» 2010年03月16日 11時25分 UPDATE

Microsoft、「Silverlight 4」のRC版をリリース

「Silverlight 4」のRC版のダウンロード提供が始まった。Webカメラやマイクのサポートやマルチキャスティング機能など、多数の機能強化が行われている。

[ITmedia]

 米Microsoftは3月15日、開発者向け年次カンファレンス「MIX10」において、RIA(リッチインターネットアプリケーション)再生用Webブラウザ向けプラグイン「Silverlight 4」のリリース候補(RC)を公開したと発表した。開発者向けサイトから無料でダウンロードできる。正式版は4月に公開する予定という。

 Silverlight 4を開発に利用するには、Visual Studio 2010をインストールしておく必要がある。上記のサイトでは、「Silverlight 4 Tools for Visual Studio 2010」やユーザーインタフェースデザインツールの新版「Expression Blend 4」のβなど、RIA開発をサポートする多数のツールが公開されている。

 RCでは新たにWebカメラやマイク、プリンタに対応し、ドラッグ&ドロップやコピー&ペーストでデータをアプリケーションに追加できるようになり、高精細ビデオのマルチキャスティングも可能になった。そのほか米GoogleのWebブラウザ「Google Chrome」に対応するなど、多数の機能強化が行われている。

 サイト自体がSilverlightで構築されたSilverlightアプリのショーケースページで、サードパーティー製のアプリを閲覧することができる。

showcase

 Microsoftによると、2009年11月の時点で45%だったSilverlightの普及率は、現在60%に拡大しており、ビジネスアプリにも使われ始めているという。MIXの基調講演にはeBayなどのパートナー企業が登壇し、アプリを披露した。eBayのアプリではスマートフォンのカメラで撮影したバーコードで製品を検索したり、出展物の写真を編集してアップロードする機能などが紹介された。

ebay

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ