ニュース
» 2010年04月12日 06時59分 UPDATE

「Javaの父」ジェームズ・ゴスリング氏、Oracleを去る

OracleによるSunの買収後同社を去ったジョナサン・シュワルツ氏、ティム・ブレイ氏、サイモン・フィップス氏などに続き、Javaの生みの親であるジェームズ・ゴスリング氏もOracleを退社した。

[ITmedia]
gos ジェームズ・ゴスリング氏

 米Oracleの米Sun Microsystems買収後、シニアアーキテクトとしてOracleにとどまっていたジェームズ・ゴズリング氏が、4月2日(現地時間)付で同社を辞めたことを自身のブログで9日に明らかにした。

 1984年にSun入りしたゴズリング氏はJavaの生みの親として知られ、Sunでは副社長兼Sun Fellowを務めていた。OracleによるSun買収発表後に開催されたJavaOneでは、Javaの将来について「Javaの命運はOracleとエリソン氏(OracleのCEO)および同社幹部にかかっている」と語っていた

 同氏は「退社の理由を説明するのは難しい。正確かつ正直に言うことは有害無益になると思う。当面の予定は決めておらず、職探しを始める前に少し休むつもりだ」と語っている。

 OracleによるSun買収後、元Sun幹部の退社が続いている。元CEOのジョナサン・シュワルツ氏、元会長のスコット・マクニーリー氏、XMLの共同開発者でWebテクノロジーディレクターだったティム・ブレイ氏、元最高オープンソース責任者のサイモン・フィップス氏などが同社を去っている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -