ニュース
» 2010年05月25日 18時58分 UPDATE

スターバックス、店舗のエネルギー使用の管理にSaaSを利用

スターバックス コーヒーは、国内約900店舗のエネルギー使用を管理するために日立製作所のSaaS型サービスを採用した。

[ITmedia]

 スターバックス コーヒー ジャパンは、国内約900店舗のエネルギー使用を管理するために日立製作所のSaaS(サービスとしてのソフトウェア)型環境情報サービス「EcoAssist-Enterprise-Light」を採用した。日立製作所が5月25日、発表した。

 EcoAssist-Enterprise-Lightは、電力やガスの使用量などの情報を収集・管理するソフトウェアの機能をインターネット経由で利用するサービス。ユーザー企業は自社内にシステムを構築する必要がないため、短期間で利用できる。二酸化炭素排出量などを算出する各種換算係数のメンテナンスなどの作業は日立製作所が行うため、ユーザーの手間は少ない。

 スターバックスは、改正省エネ法や地球温暖化対策法に基づいた省エネルギー対策を推進している。店舗のエネルギー使用の管理はこの取り組みの一環で、同サービスを使用して、各店舗における情報収集・管理業務を効率化し、監督官庁への各種届出や環境報告書の作成業務の精度向上を図るという。

 日立製作所は、省エネルギー対策に必要な管理標準作成、中長期計画の作成を支援するコンサルティングサービスも提供。スターバックスの店舗にある電気、ガス、水道の使用量を自動計測する機器とEcoAssist-Enterprise-Lightとのデータ連携を行い、省エネルギー対策に伴う作業負荷の軽減、管理業務の効率化を支援すると表明している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -