ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スターバックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

スタバ初夏の新作は「レモン ヨーグルト 発酵フラペチーノ」 ヨーグルト×チーズ×甘酒×レモンでさわやか
発酵素材テーマのフラペチーノは初。(2019/6/12)

スタバ、「スタアバックス珈琲」ロゴ入りのマグカップを発売 オンラインストアで数量限定
5月22日12時から!(2019/5/22)

AIで一人一人にあった商品提案――IoTやブロックチェーンも活用するStarbucks
Starbucksは、MicrosoftのクラウドやAI、IoT、ブロックチェーンといった技術を利用して、顧客に好みの商品を提案したり、コーヒーメーカーやグラインダーといった機器を管理したり、コーヒー豆の栽培元を管理したりしている。(2019/5/14)

スタバの新しいタンブラーやマグたちがオーシャンテイストで、落ち着いているのに華やか
夏らしい海をテーマにしたデザインで、レジャーにも持っていきたくなっちゃう。【5月18日価格を追記しました】(2019/5/12)

期間限定商品を投入:
スタバが若者のレトロブームを解釈したらこうなった
スタバが若者を中心としたレトロブームに着目し、「スタアバックス珈琲」キャンペーンを開始する。レトロな期間限定商品の中身とは?(2019/5/8)

スタバがレトロな喫茶店に? 期間限定「スタアバックス珈琲」プリンアラモードフラぺチーノや珈琲ゼリーがレトロかわいい
このロゴのグッズがメッチャ欲しい……。(2019/5/8)

「ゲーム・オブ・スローンズ」にスタバのカップが映ってる!? 公式「ミスでした」
(2019/5/7)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:G Suite対Office 365攻防戦の行方
特集はG SuiteとOffice 365を巡る市場分析。導入数を拡大中のG Suiteだが、Googleの苦戦は続くという。他にWindows Virtual Desktopと競合の関係、スターバックスが取り組むセキュリティ業務の自動化などの記事をお届けする。(2019/4/26)

スタバの「エスプレッソ アフォガート フラペチーノ」が復活! 2018年に人気だったほろ苦くて、ほろ甘い“大人のフラペチーノ”を味わいたい
暑くなってきたこれからの季節に。(2019/4/19)

ドトールとスタバ、分かれる「モバイル決済」戦略 “自前主義”か“オープン主義”か
ドトールコーヒーが、プリペイドカード「ドトールバリューカード」の機能を搭載したスマホアプリを提供する。モバイル決済とポイントサービスで“自前主義”を貫くドトールに対し、スターバックスは「LINE Pay」とも協業。(2019/4/18)

いったいどんな味なの? ジンジャーエールとコーヒーを混ぜたスタバの新ドリンク「ジンジャーエール クラウド」が気になる
スパイシー? しゅわしゅわ? 飲んでみたい!(2019/4/9)

次の一手はLINEとの提携:
利用者の30%以上がキャッシュレス スタバの決済事情
スタバ利用客の30%以上がキャッシュレスで買い物をしているという。さらにキャッシュレス決済の利用を伸ばすための戦略は?(2019/4/8)

LINE Payも原則全店対応へ:
スタバとLINEの包括提携スタート LINEアプリから「スターバックスカード」発行可能に
2018年12月に発表されたスターバックスとLINEの包括的業務提携。その具体的な取り組みが発表された。LINEアプリから「スターバックスカード」を発行できるようになった他、スターバックスが公式LINEアカウントを設置。2020年夏をめどに原則としてスターバックス全店舗で「LINE Pay」にも対応する。(2019/4/8)

「スタバカード」デジタル化、公式アカウントでPR――スタバとLINEが明かした提携の全容
スターバックス コーヒー ジャパンとLINEが、2018年末に発表した包括的業務提携の詳細を公表。「LINE」上から発行可能なデジタル版プリペイドカード「LINE スターバックス カード」を新設し、同日から発行・使用に対応する。スタバの「LINE 公式アカウント」も開設し、新商品情報などを配信する。(2019/4/8)

スタバに“イチゴすぎる”「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」再登場 今年はレッドとホワイトの2種類
名付けて「イチゴのふたご」。(2019/4/4)

スターバックス新作の「クラシック ティラミス フラペチーノ」が、まさに飲むティラミス
「ティラミスは飲み物」派のあなたに。(2019/3/13)

タイムアウト東京のオススメ:
デラックスなスタバに行く
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/3/5)

お酒も飲める!:
スタバ、焙煎工場併設の4階建て大型店舗「リザーブロースタリー東京」オープン 気になる内観は……
スターバックスコーヒージャパンは2月28日、「スターバックスリザーブロースタリー東京」を東京・中目黒にオープンする。4階建ての店内ではコーヒーの焙煎工程を見学できるほか、100種類以上のコーヒーなどを楽しめる。その気になる内観は……(2019/2/28)

スタバにコーヒー好き必見の新商品 コーヒー尽くしの「クラフテッド コーヒー ジェリー フラペチーノ」
定番商品として「ムース フォーム キャラメル マキアート」も発売。(2019/2/20)

スターバックス、定番ドリンクを値上げ
値上げ幅は10円から20円程度。(2019/2/10)

スタバに2019年SAKURAシリーズが登場! 「さくらフル」ラテ&フラペチーノ、「凛」「陽」テーマのグッズも
また今年も桜の季節がやってくる。(2019/2/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
スターバックス元CEOの嫌われっぷりを加速させる「大迷惑」な挑戦
米スターバックスのハワード・シュルツ前CEOが2020年の大統領選に出馬する意向を示し、騒動になっている。トランプ大統領の再選を阻止したい有権者にとっては大きな迷惑となり、「出馬するな」という声が飛び交う。シュルツはなぜこんなにも嫌われているのか。(2019/2/7)

「私服可」でもスーツで行くべき?:
「スタバでバイト」「手書きのES」は本当に有利? “就活都市伝説”の真偽を採用のプロに聞く
「スターバックスコーヒーでのアルバイト経験があると就職活動で有利になる」という説がささやかれるようになって久しい。「エントリーシートや履歴書を手書きすると、誠意が伝わって書類選考を通過しやすくなる」「体育会出身の学生は高評価」といったうわさも出回っている。これらの“都市伝説”は真実なのか。「リクナビ」の元編集局長の山崎淳氏に意見を聞いた。(2019/1/22)

スターバックスのバレンタインは「カスタマニア」! チョコレート×カスタマイズのココ&フラペチーノ
3種類のスペシャルカスタマイズも。(2019/1/9)

注文するときに舌かみそう? スタバがお正月に合わせた「ゴマ ゴマ ゴマ ラテ」「ゴマ ゴマ ゴマ フラペチーノ」を発売
エスプレッソとゴマ、ありそうでなかった!(2018/12/18)

スタバ、LINE Pay導入 18年中に一部店舗から
スターバックス店舗で「LINE Pay」のQRコード決済を使えるように。(2018/12/5)

LINEとスターバックスが業務提携 LINE Payのコード決済導入など
LINEとスターバックスコーヒージャパンが包括的な業務提携を結んだ。2019年春をめどに、スターバックスのLINE公式アカウントを開設する。また「LINE Pay 据置端末」を2018年内に一部店舗から順次導入する。(2018/12/5)

1000人のアナリストを導入してもムリ
セキュリティ業務を自動化するスタバの挑戦
1日に300万件発生する従業員のログイン、コーヒーマシンを含む20万のエンドポイントから収集するデータ。これらのセキュリティ業務を人間が行うのは不可能だ。そこでスターバックスは業務の自動化に取り組んでいる。(2018/11/30)

スタバのカップが「トトロ」の名場面に!? ロゴの人魚を変身させる工作がInstagramで人気
人魚の顔だけを生かし、さまざまな場面にアレンジしています。(2018/11/23)

スタバ、LINEと決済で提携 宅配「Uber Eats」も試験導入
スターバックスがLINEと決済サービスの分野で提携。都内3店舗ではフードデリバリーサービス「Uber Eats」も導入する。(2018/11/8)

スターバックス、11月9日からUber Eatsによるデリバリーサービスを試験導入 新コンセプトストアのオープンも
デリバリーサービスは新宿2店舗と六本木1店舗でトライアル。(2018/11/8)

年間100店舗増は継続:
日本のスタバが成長するためには? 米Starbucksのケビン・ジョンソンCEOに聞く
米Starbucksのケビン・ジョンソンCEOが来日し、プレス向けにラウンドテーブルを開いた。日本市場のビジネス拡大を目指し、新規出店を引き続き加速することや、デジタル戦略の強化などを語った。(2018/11/8)

スタバに大阪限定ビバレッジが登場 つい声に出したくなる「大阪めっちゃ抹茶ラテ&フラペチーノ」
スタバ×抹茶=最高。(2018/11/6)

スタバの美しすぎるイタリア1号店がオープン 「世界で最も美しいスターバックス」
本当にカフェなの……?(2018/9/12)

いもけんぴをドリンクに? スタバの新味は「クリスピースイートポテト」 フラペチーノとラテの2つの味わい
イモ好きさんはスタバへ集合。(2018/9/12)

Seattle's Best Coffeeなど:
ネスレ、スタバ商品の販売ライセンスを獲得
米Starbucks(スターバックス)は8月28日、スイスの食品大手Nestle(ネスレ)にスターバックス商品を世界的に販売する永久ライセンスを付与する契約を結んだ。ライセンス額は71億5000万ドル。(2018/8/28)

NYSE運営のICE、MicrosoftやStarbucksと共に仮想通貨企業Bakkt立ち上げ
Intercontinental Exchange(ICE)が、Microsoft、Boston Consulting Group、Starbucksらと提携し、仮想通貨のグローバルなプラットフォーム構築を目指す新企業Bakkt(バクト)の立ち上げを発表した。(2018/8/6)

上場時の決算書を分析:
家賃が200万円もするのにスタバがもうかる理由
スタバは大都市の一等地に多くの店舗を構えている。1杯数百円のコーヒーを販売しており、店に長居するお客も多い。家賃が200万円以上するような場所でも利益が出せる秘密とは?(2018/8/2)

スタバと「SNOW」がコラボ 新商品のレシートで限定ARスタンプ
スターバックスが写真加工アプリ「SNOW」とコラボ。新商品のレシートに印字されたコードを読み取ると、SNOWで限定ARスタンプがもらえる。(2018/7/20)

全店舗で廃止:
スタバのプラスチック製ストロー廃止、日本では?
カフェチェーンを展開する米Starbucksは7月9日、2020年までに全世界で展開する2万8000店舗で使い捨てプラスチック製ストローの使用を廃止する方針を発表した。(2018/7/10)

ストロー使わないふたに:
スタバ、プラ製ストロー使用廃止へ 世界全店で2020年までに
スタバは、2020年までに世界で展開する約2万8000の全店舗でプラスチック製使い捨てストローの使用を廃止する。(2018/7/10)

コーヒーの味わい深い戦略:
森永のカフェラテが強敵・スタバの「おかげで」売れた秘密
森永のチルドカップコーヒー「マウントレーニア」はカフェラテ市場を切り開いた商品。当初は伸び悩んだが競合であるスタバが参入したことで市場が活性化してヒットした。(2018/7/4)

スタバの「ティバーナ」シリーズに新作! ひんやりフローズンティー「ハーバル レモネード」「グレープフルーツ & トマト」
夏の暑さを忘れられそうな爽やかドリンク。(2018/6/25)

スターバックス「チャンキー クッキー フラペチーノ」復活! 6月20日発売
クッキーが丸ごと1枚入ったフラペチーノが期間限定でやってきます。(2018/6/20)

スタバの新味は「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ」 黄金色に輝く芳しい味わい
おいしそうです。(2018/5/24)

批判高まり:
米スタバ、8000店舗で一時閉店し社員教育へ 黒人男性逮捕受け
米コーヒーチェーン大手のスターバックスが、5月29日午後に米国内の直営店8000店舗を一時閉店する。(2018/4/18)

米スタバ、店内で人を待っていた黒人男性の逮捕めぐり謝罪 SNSで動画拡散
逮捕の様子を写した動画がSNSで拡散されていました。(2018/4/15)

スタバの新味は「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」 イチゴ農園をイメージしたビニールハウス店舗も登場
イチゴ過ぎるイチゴ感が味わえるとのこと。(2018/4/6)

川越にスタバの新店舗 小江戸の街並みに合わせた店造りで中庭も
中庭やテラスもあり、ゆったり過ごせそう。(2018/3/5)

ビジネスSNSは成長するか?:
スタバを変えたFacebookの「Workplace」 日本市場での可能性は?
ビジネス版Facebook「Workplace」。「働き方改革」が注目を浴びている日本市場ではどのように使われているのだろうか。FacebookのWorkplaceバイスプレジデントであるジュリアン・コドーニュ氏と、アジア太平洋地域担当グロースマネジャーの豊田哲太郎氏に聞いた。(2018/2/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。