コラム
» 2010年05月27日 16時07分 UPDATE

位置情報戦争は始まったばかり――静かな火花を散らすfoursquare、Google、Facebook

TechCrunchのイベントにパネリストとして登壇した3社の幹部は、foursquareがロケーション分野の勝者なのかという質問に対し、戦いは緒に就いたばかりであると強調した。

[Clint Boulton,eWEEK]
eWEEK

 「foursquareは、ロケーションベースのソーシャルサービスをめぐる新たな戦いを制したわけではない」――ニューヨークで開催された「TechCrunch Disrupt」イベントにおいて、米Google、米Facebookおよび米foursquareの幹部はこう強調した。

 TechCrunchの記者マイケル・アーリントン氏は、Googleの技術担当副社長ビック・ガンドトラ氏、Facebookの製品管理担当副社長クリス・コックス氏、foursquareのデニス・クローリーCEOに対し、foursquareのソーシャルチェックインサービスはロケーションベースのサービスをめぐる戦いを制したのか、と質問を投げ掛けた。

 「彼らはロケーション分野のYouTubeなのか」とアーリントン氏は付け加えた。これは、Googleが所有する資産がユーザー作成動画の分野で圧倒的な地位にあることを認めたものでもある。

 友人検索アプリケーションの「Google Latitude」とモバイルソーシャルアプリケーションの「Google Buzz」を提供しているGoogleのガンドトラ氏は、ロケーションベースサービス市場には多数のプレイヤーが登場するだろうと語った。

 「foursquareは素晴らしいサービスを開発し、チェックイン(位置情報登録)機能でエキサイティングなことができることを示したが、この市場はまだ非常に若い」とガンドトラ氏は述べた。「来年にはさまざまな企業から多くの発表があると思う。それはコンシューマーにとって良いことだ」

 例えばGoogleは先週、開発者がGoogleのロケーションデータベースを利用したアプリケーションを作成するための「Google Latitude API」を発表した。同社では、300万人余りのLatitudeユーザー向けに、家電機器の管理、高速道路情報の確認、クレジットカード不正使用の警告といった機能を提供するアプリケーションを開発者たちが手掛けることを期待している。

 ガンドトラ氏によると、Googleは今年、Latitudeにエキサイティングな機能強化を施し、この技術の「人気をさらに高める」つもりだという。

 Googleは2月に、モバイルアプリケーション向けのGoogle Buzzを発表した。スマートフォンユーザーがBuzzに投稿したコメントには、ユーザーの場所と投稿時間に基づくタグが付けられる。アーリントン氏が指摘するように、これは一種のチェックイン機能のようなものだ(ただしGoogleはそう呼んではいない)。

 Buzzではプライバシー問題も起きたが、そのモバイルアプリはチェックイン機能を備えていないとはいえ、Googleがfoursquareと競争する上で最も有力なプログラムだ。Google LatitudeとGoogle Buzzは、いずれ統合される可能性が高い。

 アーリントン氏の質問に対してコックス氏は、ロケーションサービスは誰か1人が勝者になり、残り全員が敗者になるような分野ではないと述べた。そして「これはさまざまなエクスペリエンスの一部になるような機能だ」と付け加えた。

 伝えられるところによると、Facebookは今月、ロケーションベースのステータス更新機能を自社のユーザー向けに提供する予定だ。同社では、ファストフードチェーンのMcDonaldと共同でアプリケーションを開発中だともいわれている。このアプリケーションは、ユーザーがMcDonaldの店でチェックインすると、その店のお勧め商品が投稿に追加されるというものだ。

 foursquareのクローリー氏も、ロケーションベースサービスの市場には明確な勝者が存在しないことを認めた。同氏はDodgeball在籍中にfoursquareの初期バージョンを同社に売却し、GoogleによるDodgeball買収後にDodgeballを去った。

 「われわれは素晴らしいものを作っている」とクローリー氏は語った。「だがわれわれが勝者だとは思っていない。まだこの市場は非常に若い。2年前を振り返れば、何も面白い動きがなかった」

 さらに同氏によると、foursquareのチェックイン投稿ページに評価・採点機能とゲーム要素を取り入れたことにより、このスペースがより面白いものになったという。foursquareでは1日当たり70万件以上のチェックインがあり、100万人のユーザーの35%がこのアプリケーションを毎日使っている。

 foursquareは、PepsiCo、Starbucks、Bravo、MTVなどの企業と提携している。例えば、foursquareのユーザーがStarbucksの店で5回チェックインすると「バリスタバッジ」がもらえる。

 パネリストらの回答は当たり障りのないものだった。現実には、より多くのユーザーを獲得するために、そしてロケーションサービスを利用しようと考える広告パートナーを奪い合うために、各社の間で死闘が繰り広げられている。

 ガンドトラ氏は先週の「Google I/O」カンファレンスでAppleに対して大胆な発言をして注目を集めたが、奇妙なことに、アーリントン氏はこの件についてガンドトラ氏に説明を求めなかった。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -