ニュース
» 2010年07月30日 13時31分 UPDATE

Microsoft、次世代バーチャル散歩ツール「Street Slide」披露

Microsoftの「Street Slide」は、360度パノラマ写真に加え、通り全体を一望できる写真も表示する。ストリートビューのようなサービスより効率的に目当ての場所を探せるという。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月28日、次世代のバーチャル散歩ツール「Street Slide」を披露した。ネットで街路写真を見られるGoogleのストリートビューやBingの「Streetside」をさらに進めたものという。

 ストリートビューやStreetsideでは、ある地点から見た360度パノラマ写真(Microsoftはこれを「バブル」と呼んでいる)を見ることができるが、バブルからバブルへと飛び飛びで移動するため、通り全体をシームレスに一望することはできない。Street Slideでは、バブルに加えて、街路全体を見られる長い写真を閲覧できる。街路写真の上や下には、通りの名前や番地、店のロゴなども表示される。目当ての店を探すような場合、バブルからバブルへと移動しながら探すよりも、Street Slideで通りをスクロールしながら探す方が効率がいいとMicrosoftは話している。

ah_teaser.jpg 街路を一望できるモード

 Street SlideはMicrosoftの研究部門で開発中の実験的な技術で、一般公開はされていない。同社はiPhone向けStreet Slideを開発中としているが、同ツールをBingの地図サービスに組み込むかどうかなどは明らかにしていない。

ah_ss.jpg

関連キーワード

Microsoft | Bing | ストリートビュー | Google | 地図


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -