ニュース
» 2010年08月06日 14時12分 UPDATE

職場でのSNS利用、140億ポンドの損失に――英調査

英国では200万人の労働者が職場で1日に1時間以上SNSを利用しており、140億ポンド(1兆9000億円超)に相当する労働時間が失われている可能性があるという。

[ITmedia]

 仕事中のSNS閲覧によって、英国では140億ポンドの損失が発生している可能性がある――同国の求人情報サイトMyJobGroupがこのような調査結果を発表した。

 同社の調査によると、約6%の労働者(英労働人口3400万人中200万人)が職場で1日に1時間以上、FacebookやTwitterなどのSNSにアクセスしていることが分かった。1日の労働時間のうち、8分の1を超える時間をSNSで過ごしていることになる。この調査は1000人の労働者を対象に行った。

 MyJobGroupは、SNSによる生産性低下によって、英国で最大140億ポンド(1兆9000億円超)に相当する労働時間が失われている可能性があるとしている。

 また調査では、55%の労働者が職場でSNSにアクセスしており、そのうち3分の1が30分以上SNSで過ごしていることも示された。多くの人は、SNS利用は悪影響をもたらさないとしており、SNSによって生産性が低下すると認めているのはわずか14%だった。逆に、SNSは生産性を高めると主張する人も10%いた。職場でのSNS禁止については68%が反対している。

 MyJobGroupのマネージングディレクター、リー・フェイヤー氏は、「息抜きには反対しないが、労働者が1日に1時間以上SNSで過ごすことで、生産性を高めようとする企業の取り組みが大きく阻害されている。英経済が低迷している現状を考えると、この問題の重要性は以前よりも増している」と語り、企業は仕事中の社員のSNS利用を監視した方がいいとしている。

関連キーワード

SNS | 職場 | 生産性 | 労働時間 | イギリス | Twitter | Facebook


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ