ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「労働時間」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「労働時間」に関する情報が集まったページです。

仕事が「つまんない」ままでいいの?(55):
働き方改革では、心の病は防げない
「心の病による労災申請過去最多」なのだそうです。ストレスチェックや働き方改革をしているのに、なぜなのでしょう?――大切なのは「労働者の心の強さ」ではなく「職場の心理的な安全」なのかもしれません。(2019/7/17)

MONOist IoT Forum 福岡2019(後編):
デジタル変革で何ができるか、医療現場の革新を目指すオリンパスのビジョンと苦労
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは福岡市内でセミナー「MONOist IoT Forum 福岡」を開催。後編では特別講演のオリンパス カスタマーソリューション開発 グローバル ヴァイスプレジデントである相澤光俊氏による「顧客価値向上を実現するオリンパスのICT-AIプラットフォーム」、経済産業省 製造産業局 ものづくり政策審議室 課長補佐である住田光世氏による「2019年版ものづくり白書の概要」などについてお伝えする。(2019/7/16)

“好き嫌い評価”が特に不評:
転職希望者の8割が「会社の人事制度」に不満 どんな条件なら今の会社に残る?
あしたのチームが「転職に関する調査」を実施。転職希望者の8割以上が、今の職場の「人事評価制度」に不満を持っていることが分かった。(2019/7/9)

幸楽苑HD 勤務シフト作成の自動化プログラム導入 
今月中に試験運用を始め、来年8月をめどに全店舗での導入を目指す。(2019/7/5)

「この虫の名は?」すぐ解決 20万匹の害虫画像を学習した、駆除を支える「クラウド×AI」がスゴい
大阪に拠点を置く、害虫駆除機器の専門商社「環境機器」が、害虫の画像を自動で取得し、名前を判定するサービス「Pest Vision」を開発。画像は、Amazon Web Services上に構築したAIを使って分析している。環境機器の担当者に、その仕組みと精度について聞いた。(2019/7/5)

ラーメン屋・幸楽苑、店長の「シフト作成」をクラウド活用で自動化へ 「バイト入れる?」と聞く手間省く
ラーメンチェーンの幸楽苑が、アルバイトの勤務シフトを自動作成するクラウドサービス「beepシフト」を導入する。アルバイトが働きたい日時を専用のアプリに入力すると、時間ごとに必要な人数を分析した上で、シフトを作成する仕組み。店長が手作業でシフトを決める負担を軽減する狙い。(2019/7/4)

残業は減ったのか:
働き方改革で悲鳴をあげているのは誰? 実態調査で見えた現実
政府が旗を振る「一億総活躍社会」の実現に向け、働き方改革関連法が4月に施行された。管理職以上のエグゼクティブを対象にした働き方改革に関する実態調査で、興味深い現実が浮き彫りになった。(2019/7/2)

18万時間分の業務自動化を目指し、RPA効果を“見える化”――ニチレイロジグループ、「Teachme Biz」を導入
低温物流事業を展開するニチレイロジグループは、スタディストのSOP(標準作業手順書)作成/共有クラウド「Teachme Biz」を導入。動画などを採用した分かりやすい手順書でRPAの効果を可視化し、社内のRPA化を推進する。2019年度に18万時間の業務のRPA化を目指す。(2019/7/2)

「トップ30社平均」は東京都最低賃金の5.4倍:
上場企業の「想定時給」ランキング、3位三井物産、2位三菱商事 8000円超えで「ぶっちぎり1位」になったのは……?
上場企業の「想定時給」ランキング……。3位三井物産、2位三菱商事に続き「ぶっちぎり1位」になったのは……?(2019/6/27)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(54):
終身雇用崩壊時代の「働き方のグラデーション」
終身雇用が崩壊する――ショッキングなニュースが飛び込みました。この先の働き方を考えたとき、エンジニアは何を意識し、何をしていけばいいのでしょうか。(2019/6/19)

政府の狙いは何だったのか:
働き方改革で得する人、損する人
政府が主導したことから、すっかり定着した感がある「働き方改革」。この改革で得するのは誰なのか……。(2019/6/19)

自由か権利か……UberEats配達員のホンネ 「個人事業主だから労災や雇用保険の対象外」で紛糾
大都市圏で展開する飲食宅配代行サービス「UberEats」。配達員はアプリ経由で好きな時間に仕事ができるという最先端の働き方だが、「個人事業主」という立場で契約しているため、労災や雇用保険の対象にならないという問題が浮上している。労働組合結成に向けた動きも出るなか、自由と権利のバランスに揺れる配達員のホンネを聞いてみた。(2019/6/18)

上場企業の“時給”ランキング、ぶっちぎり1位の「キーエンス」は8000円超え
トップ30社の平均は東京都の最低賃金の5.4倍に。(2019/6/17)

電力設備の有効活用からカラス撃退まで
中部電力がデータの“脱サイロ化”に「Tableau」を選んだ理由
システムの「サイロ化」の課題を抱えていた中部電力は、課題解決のためにデータ分析システムを構築し、可視化ツールとして「Tableau」を導入した。Tableau選定の理由とシステムの運用体制、実際の活用例を紹介する。(2019/6/17)

ソフトバンク孫社長「日本復活のシナリオは、RPA+AIによる生産性向上」
米国トップシェアを誇るRPAツールのイベントにソフトバンクの孫正義社長が登壇。RPAとAIを掛け合わせた労働生産性の向上とは。(2019/6/14)

製造マネジメントニュース:
AIを活用した輸送車両シェアリングサービスをタイで提供開始
日立製作所は、2019年6月から輸送車両シェアリングサービスをタイで提供開始する。AIを活用し、複数の輸配送事業者の中から、荷主からの輸送依頼に最適な車両を手配する。(2019/6/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本発の“AIブレスト”は、世界の「ムダな会議」を変えるか
日本だけでなく、世界の企業で「無駄な会議」が指摘されている。そんな重苦しい会議シーンを一変させるかもしれないサービスを日本企業が開発した。AIを活用した「ブレストサービス」とは、どのような技術なのか。(2019/6/13)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
働き方改革の3要素で見極める、快適なモバイルワークに適したPCの条件
働き方改革の一環として採用が進むモバイルワーク。この施策を定着させるには、オフィスにいるのと同じように、スムーズに仕事を行える環境づくりが欠かせない。快適なモバイルワーク環境の構築を、デバイス整備の観点から見ていく。(2019/6/19)

AI時代の人間は「ガンダム」や「聖闘士星矢」のようになる:
パッと見ただけで年収が分かる時代が来る?――DMM亀山会長らが見通す未来
DMM.com会長の亀山敬司氏、gumi会長の國光宏尚氏、グリー会長兼社長の田中良和氏、ウォンテッドリー代表取締役CEOの仲暁子氏らが未来を見通す――。(2019/6/12)

具体的な利用例や相違点を紹介
いまさら聞けない「サーバレス」「マイクロサービス」は何が違うのか
サーバレスアーキテクチャとマイクロサービスアーキテクチャは、それぞれに特徴があり、目的に応じた使い分けが大切だ。主な相違点と特徴を見てみよう。(2019/6/10)

従業員の負担は減らないとの声も:
残業時間の上限規制、「良くないと思う」企業が3割 特に多い業種は……
エン・ジャパンが企業の「時間外労働の上限規制」実態調査を発表した。上限規制を「良くないと思う」と応えた企業は、全体の約3割。最も多い業種では6割を超えた。(2019/6/7)

ヘルスケア商社のイワキ、ロボットを内製し、販売実績集計や基幹システムへの入力業務を自動化――日立ソリューションズのRPAソリューションを導入
ヘルスケア/ファインケミカル商社のイワキは、日立ソリューションズの「RPA業務自動化ソリューション」を導入。「Automation Anywhere」を活用し、営業事務で発生する「値引き申請のデータ入力処理」を自動化。業務時間縮減と業務効率向上を実現した。今後、適用業務を拡大する。(2019/6/7)

製造IT導入事例:
建築現場のテレワーク実現へ、日本MSとコベルコ建機が協業
日本マイクロソフトとコベルコ建機は、コベルコ建機が実現を目指す建設現場のテレワークシステム「K-DIVE CONCEPT」推進のため、協業を開始する。(2019/6/7)

産業動向:
建設業の給与水準6年連続で増加、他業種より改善が進む
ヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2019年5月分のマンスリーレポートをリリースした。今回のトピックスでは、厚生労働省の「毎月勤労統計調査」から、建設業の給与額と労働時間の推移について、製造業や情報通信業と比較しながら紹介している。(2019/6/5)

ラーメン屋・幸楽苑、店長の報告業務をクラウドにシフト 「FAXに依存」「伝言ゲーム状態」から脱却へ
幸楽苑が、クラウド上で報告書を作成・共有できるアプリ「cyzen」を全店(508店舗)に導入。紙とFAXに頼った“報連相”からの脱却を目指す。従業員のモチベーションやコスト効率を改善し、さらなる業績回復を目指す。(2019/6/4)

世界を「数字」で回してみよう(58) 働き方改革(17):
障害者雇用対策に見る、政府の覚悟と“数字の使い方”
今回は、働き方改革のうち「障害者の雇用」に焦点を当てます。障害者雇用にまつわる課題は根が深く、これまで取り上げてきた項目における課題とは、少し異質な気がしています。冷徹にコストのみで考えれば「雇用しない」という結論に至ってしまいがちですが、今回は、それにロジックで反論してみようと思います。(2019/6/3)

管理職の負担増:
長時間労働の是正、中小企業の約7割で「進んでいない」
あしたのチームが「2019年4月 中小企業の働き方改革実態に関する調査」を発表した。残業の多い社員が時間外労働の上限を超える恐れのある企業のうち、69.8%の企業で労働時間の適正化が進んでいないことが分かった。(2019/5/30)

3人に2人が間違えた「週休2日制は毎週2日間休める?」 ややこし過ぎる「週休2日制」「完全週休2日制」の違い
アンケート形式で正答率を調べたところ、ちゃんと正解している人の方が少数。(2019/6/1)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「月28日勤務」「危険な環境」 東京五輪の建設現場に根付く“恐怖の文化”
2020年東京五輪の競技会場などの建設現場における「過酷な労働環境」を指摘する報告書が公表された。そこに記された「culture of fear(恐怖の文化)」という言葉が象徴するように、日本では非人間的な働き方が“当たり前”になっているのではないか。(2019/5/24)

「経費を自腹で払ったことがある」会社員の6割以上 「経理担当が不機嫌で渡しづらい」といった声も
理由はいろいろですが……。(2019/5/22)

違法な長時間労働、アニメ制作会社「マッドハウス」に是正勧告
 アニメ制作会社「マッドハウス」(東京都中野区)が社員に違法な長時間労働をさせたなどとして、新宿労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが17日、分かった。勧告は4月17日付。(2019/5/20)

アニメ会社マッドハウス、労基から是正勧告 スタッフが月393時間労働や37連勤など労働実態を証言
マッドハウスは問題を一部認めていますが……。(2019/5/17)

技術的課題も、運用やコストの課題も
「VDI構築の課題」はHCIの技術とサービスで解決する
VDIは多様な働き方を支えるITインフラだが、初期コストの高さやインフラ設計の難しさ、運用の煩雑さが課題になりがちだった。こうした課題を「HCIなら解決できる」といわれている理由と、選定の核心となる要素を解き明かす。(2019/5/15)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
なぜ日本人は「労働の奴隷」に? 新時代の働き方のヒント
日本のものづくりが世界に後れを取り、生産性が下がっているのは、私たちの働き方に「遊び」がなくなったからだ。江戸時代の職人たちは人間らしい働き方をしていたのに、なぜ現代の働く人たちは「労働の奴隷」になってしまったのだろうか。(2019/5/10)

専門家のイロメガネ:
わたし、定時で帰れるの? 残業を強制できるラインはどこか
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』が話題になる背景には、多くの人にとって定時で帰れず残業が当たり前の状況があります。本来、残業をせずに定時で帰っていいラインとはどこにあるのでしょうか?(2019/5/8)

働き方改革「高プロ」導入は1%……主要企業アンケートで浮かぶ改革慎重姿勢
主要企業116社を対象とした企業アンケートでは雇用改革をめぐる制度への慎重姿勢も浮かび上がった。(2019/5/7)

昼に集中して営業:
串カツ田中、“時短”の実験店で売り上げアップ その理由は?
串カツ田中は2018年8月から実験店舗で営業時間を変更している。トータルの営業時間は減ったのに、売り上げはアップしたという。背景に何があるのか?(2019/4/26)

コスト削減と自動化を推進する
サーバレスで「労働時間の4割がインフラのお守り」という常識が変わる
IaaSとPaaS分野で「サーバレスコンピューティング」が注目されつつある。Gartnerのアナリスト、アラン・チャンドラセカラン氏のインタビューを基に、この技術が企業にもたらすメリットを説明する。(2019/4/25)

シシド・カフカの必要以上の真面目さに激しく共感 吉高由里子「わたし、定時で帰ります。」が丁寧に描いた、仕事旧世代の「定時で帰れない」問題
悪質なパワハラでひとは壊れます、壊れたあとの働き方が勝負。(2019/4/23)

うらやましい? マイクロソフト、金曜日を休みにして「週休3日」にチャレンジ
家族旅行などの費用補助もあるそうです。(2019/4/22)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「工数ビジネスの限界」
SIerが得意としてきた「工数ビジネス」は、いまや限界になりつつあります。その流れを推し進めているビジネス環境の変化を踏まえつつ、理由を解説します。(2019/4/17)

働き方改革関連法施行後の「自己防衛術」:
悪質手口から有休を守れ! あなたにもできる「ブラック企業との戦い方」
働き方改革関連法で注目されるのが年5日の「有給休暇の取得義務」――。取得させないように動く経営者からいかにして自分を守るのか?(2019/4/16)

「働き方改革」プロジェクトリーダーを命ず:
【第9回】順調に見えた改革案、意外な「致命的欠陥」とは?
順風満帆に進んでいるように見える働き方改革案作り。しかし「このままでは失敗です」と異議が。(2019/4/12)

クラウド勤怠管理システムの選び方
勤怠管理システムと人事・給与システムを連携させる際の意外な落とし穴
クラウド勤怠管理システムを導入するなら、人事・給与システムと連携させるのが自然だ。連携時には企業ごとの勤怠管理業務ルールの違いに注意する必要がある。自社に合った仕様を正しく見極めるヒントを紹介する。(2019/4/11)

“負の伝統”と決別、Windows 10運用を便利に:
PR:IT資産の導入・管理からの解放――悩めるIT部門の救世主「Simplitクラウドサービス」とは
「PCなどの資産は所有するものではなく、サービスとして利用すること」を意味する「DaaS(Device as a Service)」という概念が注目を集めている。横河レンタ・リースもこの概念に賛同し、IT資産の導入・運用をパッケージ化した「Simplitクラウドサービス」を提供している。「Windows 10」の大型アップデートにも柔軟に対応できるという、同サービスの実力とは――。(2019/4/9)

利益が少ない:
コンビニオーナーの4割は「本部に不満」、その理由は?
コンビニのオーナーは、フランチャイズ本部との関係をどのように感じているのだろうか。加盟店のオーナーに満足度を聞いたところ「満足している」と答えたのは53%に対し、「満足していない」は39%だった。経済産業省の調べ。(2019/4/5)

1位は?:
この国で働きたいなあ 憧れる国ランキング
働き方について、憧れる国や地名がありますか? 18〜64歳の男女に聞いたところ、「ある」と答えたのは49.0%、「ない」と答えたのは51.0%であることが、管理ソフトウェアなどを手掛けているWrikeの調査で分かった。(2019/4/5)

「労働時間の満足度が高い都道府県ランキング」、1位は「沖縄県」
「ストレス度の低さ」でも1位の県。(2019/4/4)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「働き方改革」の労務管理をスムーズに変える方法
これからの労務管理は「働き方改革」の目線が必須。実務対応やトラブル解決のヒントを整理した。(2019/4/4)

毎日1.6時間:
会社は「調べもの」にいくら払っている? 1日当たり1057億円
業務時間中に「調べもの」をするのに、どのくらいの時間をとられているのだろうか。20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ……。オウケイウェイヴ総研調べ。(2019/4/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。