ニュース
» 2010年09月24日 12時11分 UPDATE

Microsoft、「Windows Phone 7」開発ツールにVisual Basicを追加

Silverlight、XNAに加え、Visual BasicでもWindows Phone 7向けアプリが開発できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは9月23日(現地時間)、次期スマートフォンOS「Windows Phone 7」向けアプリ開発が可能なVisual Basicのコミュニティー技術プレビュー(CTP)版「Visual Basic CTP for Windows Phone Developer Tools」をリリースしたと発表した。CTP版はMicrosoftのダウンロードセンターから無料で入手できる。

 これまでWindows Phone 7向けアプリの開発ツールとしてはSilverlightおよびXNAが対応しているが、開発者からはVisual Basicへのリクエストが非常に多かったという。

 同ツールで作成したアプリは、エミュレータおよびWindows Phone 7のプロトタイプでテストできるが、正式版ではないのでアプリストアへの登録はできない。正式版リリースの予定はまだ決まっていない。

 同ツールには、テンプレート、エミュレータ、IntelliSense for Visual Basicなどが含まれる。利用するには、「Windows Phone Developer Tools」の最終版と、「Professional Edition」以上の「Visual Studio 2010」が必要。

 Windows Phone 7向けのアプリストア「Windows Phone Marketplace」へのアプリ登録開始は10月初めになる見込み。Windows Phone 7搭載スマートフォンは、10月に欧州で、11月に米国で発売の予定だ。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -