ニュース
» 2010年09月27日 10時48分 UPDATE

欧州当局、Appleへの独禁法調査を終了 iPhone制限緩和で

AppleがiPhoneアプリ開発ツールに関する制限や修理サービスに関するルールを緩和したことで、EUは同社への調査を終了した。

[ITmedia]

 欧州連合(EU)の競争政策当局は9月25日、米Appleに対する独禁法違反容疑での調査を終了すると発表した。同社がiPhoneアプリ開発ツールに関する制限を緩和したことと、EU域内で国境をまたぐ修理サービスを認めたことを受けての決定だ。

 EUは2010年春に、Appleに対し2件の問題に関する予備調査を開始した。うち1件は、Appleが4月にiPhone開発者規約を改定し、開発に利用できる言語やツールを限定する文言を盛り込んだ問題だ。この変更はサードパーティーの開発ツールを締め出すと批判されていた。Appleは9月上旬にこれらの制限を緩和した。

 もう1件は、iPhoneが故障した場合、購入した国でしか修理サービスを受けられないというルールだ。このため、EU域内のほかの国でiPhoneを購入したユーザーが、自国で製品保証を利用して修理サービスを受けられないようになっていた。EUはこれを欧州市場を分断する地理的制限として問題視していた。Appleはこのルールを欧州経済地域内では行使しないことにした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ