ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「EU」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

European Union:欧州連合

関連キーワード

欧州委員会、政治広告の透明性とターゲティングに関する法案 2023年施行を目指す
EUの欧州委員会は、政治広告の透明性とターゲティングに関する法案を発表した。2023年施行を目指す。違反した組織には罰金を科す。(2021/11/26)

欧州議会代表団、台湾とサイバー対策で意見交換 オードリー・タン氏らと会談
EU欧州議会のグリュックスマン議員を団長とする代表団が台湾を訪問し、蘇貞昌行政院長と会談した。蔡英文総統やデジタル担当閣僚のオードリー・タン氏らとも会談。サイバー攻撃やフェイクニュース対策などについて意見交換する。(2021/11/4)

Lightning狙い撃ちな「USB Type-C法案」 EUとAppleそれぞれの思惑
欧州委員会が、スマートフォンをはじめとする電子機器の充電ポートをUSB Type-Cに義務付ける法案を提出したことが明らかになった。事実上「Lightning狙い撃ち法案」といえるこの法案をEUはなぜ提出したのか。懸念の声を上げたApple両者の狙いを考える。(2021/10/25)

海外医療技術トレンド(76):
日本の一足先を行く米国のコミュニケーション重視型医療機器サイバーセキュリティ
本連載第69回で欧州連合の医療機器サイバーセキュリティ政策動向を取り上げたが、今回は米国の最新動向を整理してみたい。(2021/10/15)

技術的主権の強化を目指す:
欧州が欧州半導体法「European Chips Act」の策定へ
欧州委員会委員長であるUrsula von der Leyen氏が2021年9月15日(現地時間)、一般教書演説の中で、「European Chips Act(欧州半導体法)」の策定に関する発表を行った。中国政府が半導体イノベーションに数十億米ドル規模の資金を投じていることや、米国議会が半導体の戦略的価値について合意に達したことなどを受け、EUは、主体的な最先端技術の実現を目指す法案を策定し、競争に参入していく考えを表明した。(2021/10/8)

石川温のスマホ業界新聞:
欧州委員会がスマホ充電端子を「USB Type-C」に統一へ――アップルはLightningを辞めるのか。それともMagsafeにシフト?
欧州委員会が、スマートフォンの充電端子をUSB Type-Cに統一する法案を上程した。この法案が成立すると、ヨーロッパ連合(EU)加盟国で販売されるスマホの充電端子は全てUSB Type-Cとすることが義務付けられる。この法案に対して、独自のLightning端子を採用するAppleが反発している。(2021/10/1)

米EU、新興技術で連携 中国対抗へ協議会 半導体やAIルールも協力
米国と欧州連合が、先端技術協力や貿易ルール整備の連携を話し合う「貿易テクノロジー協議会」の初会合を米ペンシルベニア州ピッツバーグで開いた。会合後に共同声明を発表し、中国などの不公正貿易に対抗するため「団結する」と宣言。軍事転用可能な技術の輸出規制で協調するほか、AIなどの新興分野で人権重視の活用法を主導する立場を打ち出した。(2021/10/1)

EU、スマートフォンなど電子機器の充電を「USB-C」に統一する法案 Appleは「イノベーションを抑制する」
欧州委員会は、スマートフォンなど電子機器の充電方法をUSB-Cに統一する法案を提出した。スマートフォンでUSB-Cを採用していないのはほぼAppleのみ。Appleは「1種類のコネクタのみを義務付ける厳格な規制はイノベーションを抑制する」とコメントした。(2021/9/24)

Facebook傘下のWhatsAppにGDPR違反でアイルランドが約293億円の制裁金
Facebook傘下のWhatsAppがEUの一般データ保護規則(GDPR)に違反したとして、アイルランドが2億2500万ユーロ(約293億円)の制裁金を科すと発表した。GDPRの制裁金としては7月のAmazonに次ぐ高額さだ。(2021/9/3)

Clean Skyとの協業:
航空宇宙用途のSiCパワーモジュール開発、Microchip
Microchip Technologyは、欧州委員会(EC)コンソーシアムのメンバーであるClean Skyとの協業により、航空宇宙用途に向けたSiC(炭化ケイ素)ベースのパワーモジュール製品ファミリー「BL1/BL2/BL3」を開発した。(2021/9/1)

海外医療技術トレンド(74):
EUのワクチンパスポートを支える分散型連携基盤と「トラスト」
本連載第61回で、欧州連合(EU)の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)向けデジタル接触追跡アプリケーションの越境連携エコシステムを紹介したが、今回は、ワクチン接種証明書(いわゆるワクチンパスポート)を取り上げる。(2021/8/16)

Apple「App Store」の“光と影”【第3回】
Apple「App Store」へのEU警告は実店舗の“Visaしか使えない”問題にも飛び火か
「App Store」における独占的地位乱用の疑いで、EUはAppleに警告した。今回の警告はAppleだけでなく、実店舗を含む決済の在り方そのものに影響を及ぼす可能性があると専門家は指摘する。どういうことなのか。(2021/8/8)

「66%の攻撃がサプライヤーのコードに集中」欧州セキュリティ機関の最新調査
EUのネットワーク・情報セキュリティ機関が最近のサイバー攻撃に関する調査結果を発表した。それによると、サイバー攻撃の66%がサプライヤーに向けられており、今後その傾向は強まるとされる。(2021/8/6)

“いま”が分かるビジネス塾:
マンションで充電は難しいのに、「EV」は普及するのか
EUがガソリン車の新車販売を2035年までに禁止する方針を打ち出したことで、各社はEVシフトの前倒しを進めている。充電設備の不足が懸念されている日本で、EVは普及するのだろうか。マンションで充電することは難しいのに……。(2021/8/3)

Apple「App Store」の“光と影”【第2回】
AppleへのEU警告が浮き彫りにした「App Store」の「情報の非対称性」問題とは?
EU欧州委員会によるAppleへの警告は、「App Store」が抱える問題を浮き彫りにした。専門会は、App StoreにおけるAppleの慣行が「情報の非対称性」を招いていると指摘する。どういうことなのか。(2021/8/1)

高根英幸 「クルマのミライ」:
EUが2035年に全面禁止検討 エンジンは本当に消滅するのか
7月中旬、EUの欧州委員会は2035年にEU圏内でのエンジン車販売を禁止する方針を打ち出した。マイルドハイブリッドやフルハイブリッドも禁止される見込みだ。つまり、現時点ではバッテリーEVとFCVしか認められないという方向だ。(2021/7/27)

Apple「App Store」の“光と影”【第1回】
EUはなぜAppleに警告したのか? 「App Store」の“あの慣行”を問題視
EUの欧州委員会は「App Store」をめぐって、Appleに反トラスト法違反の疑いがあると警告した。欧州委員会は、App Storeの何を問題視したのか。(2021/7/25)

米、英、EU、NATO、日本など、サイバー攻撃で中国を非難
米、英、EU、NATO、日本などが7月19日、3月に発生したMicrosoft Exchange Serverの脆弱性を悪用したサイバー攻撃について、中国を非難した。米司法省は同日、中国政府とつながりがあると見られるハッカー4人を指名手配したと発表した。(2021/7/20)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
「35年までにHVも禁止」のEU、自動車大国ドイツの反応は
環境問題では“優等生”のドイツですが、「HVも禁止」には批判的な反応が目立ちます。(2021/7/19)

自動車業界の1週間を振り返る:
2035年にHEV禁止? 欧州の電動車推進の行方は
毎週のように電動化に関する話題を振り返っていますが、今週も大きなニュースがありました。EUの欧州委員会が気候変動対策案「Fit for 55」を発表。その中に、乗用車と小型商用車のCO2排出基準を厳しくする方針が含まれていました。(2021/7/17)

EU国境炭素税、2026年から全面実施
【パリ=三井美奈】欧州連合(EU)欧州委員会は14日、地球温暖化対策の計画案を示した中で、環境規制の緩い国からの輸入品に課税する「国境炭素税」の導入を発表した。温室効果ガス排出量の多い鉄鋼、セメント、肥料、アルミニウム、電力の5品目を課税対象とした。域内の輸入業者へ2023年から報告を義務づけ、26年から徴税も含め全面実施する。(2021/7/15)

EU、Googleの広告事業に関する独禁法調査開始
EUの欧州委員会が、Googleを独禁法違反の疑いで正式調査すると発表した。Googleが自ら運営する広告サプライチェーンで自身の広告を優先的に扱うことで、競合する広告主とパブリッシャーに損害を与えた可能性を調査する。(2021/6/23)

EUでビジネスする企業は要注意
EUのAI規制法案、制裁金はEU最高レベル
EUが進めているAI規制案は、プライバシーや人間の行動を制約するAIの開発や利用を制限あるいは禁止する。違反には「全世界の売上高の6%」という制裁金が科される可能性もある。日本企業も注視する必要がある。(2021/6/17)

欧州委員会、Appleに「App Storeで支配的な立場を乱用している」と予備的見解を通知
欧州委員会はAppleに対し、App Storeで支配的立場を乱用しているとの異議申立書を送った。2019年のSpotifyによる申し立てを受けた独禁法調査の一環だ。Appleは12週以内に回答する必要がある。(2021/5/1)

スペインで5000人規模のコンサート実験、感染者6人も「イベント中の感染示唆しない」 EU内で同様の実験続く
エンターテインメントを含む文化活動における新型コロナ対策に一石を投じそうです。(2021/4/30)

EU、包括的なAI規制案 無断監視を禁止し、罰金も
欧州連合は、AIに関する包括的な規制案を発表した。AIの危険度を4段階に分け、ハイリスクなAIについては事前審査を義務付ける。違反すれば罰金を科す。(2021/4/22)

海外医療技術トレンド(70):
欧州をけん引するポストコロナのデータ駆動型健康戦略「EU4Healthプログラム」
本連載第57回で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にデジタルで挑む欧州を取り上げたが、今回はポストコロナ時代に向けた欧州連合(EU)の新戦略について紹介する。(2021/4/16)

大山聡の業界スコープ(39):
半導体は政治的駆け引きのネタ? 米国/EUの半導体巨額支援政策を考える
連日、米国政府や欧州連合(EU)が半導体業界に巨額の支援を行うと報道されている。ただ筆者としては「何かヘンだ」と違和感を覚える。米国やEUの本当の狙いは他にあるのではないか、と勘ぐってしまう――。(2021/3/12)

海外医療技術トレンド(69):
加速するEU医療機器規則とIMDRFセキュリティ原則の国際調和
本連載第50回で、欧州の医療機器規制改革とサイバーセキュリティ動向を取り上げたが、新規則施行に向けた動きが本格化してきた。(2021/3/12)

健康への影響はない:
クラシエフーズ、「メントスグレープ」を自主回収 日本では使えない食品添加物を含んだフレーバーを誤って充填
クラシエフーズは一部の「メントスグレープ」を自主回収する。EU向けのフレーバーが誤って充填された。そのフレーバーには日本では認められていない食品添加物が使用されている。(2021/3/11)

Microsoftによる「フォールアウト」のZeniMax買収をEUが承認
Microsoftが昨年10月に発表したゲーム企業ZeniMax Mediaの75億ドルでの買収を、欧州連合(EU)が承認した。ZeniMaxは「Doom」や「Fallout(フォールアウト)」などの人気ゲームを輩出するBethesda Softworksを傘下に持っている。(2021/3/9)

英政府、Appleを独禁法違反の疑いで調査開始 アプリストアの開発者向け規約で
欧州委員会に続き、英政府もAppleを独占禁止法違反の疑いで正式に調査を開始した。App Storeでのアプリ開発者向け利用規約が不公正で反競争的であるという苦情を受けたもの。(2021/3/5)

電動化:
欧州でもEVバイクの交換式バッテリーを標準化へ、ホンダとヤマ発など4社が協業
ホンダ、ヤマハ発動機、オーストリアのKTM、イタリアのピアッジオ(Piaggio & C)の二輪車メーカー4社は、電動二輪車(EVバイク)や、欧州連合(EU)のUNECE規格に基づく車両区分でLカテゴリーに属する小型電動モビリティの普及を目的とした交換式バッテリーコンソーシアムの創設に合意した。(2021/3/2)

Epic Games、AppleをEUで提訴 米英豪での訴訟に続き独禁法違反を主張
米Epic Gamesが、独占禁止法に違反しているとして米Appleを欧州連合(EU)に提訴した。App Storeからの「Fortnite」削除をめぐる訴訟。すでに米国とオーストラリア、英国でも訴訟を進めている。(2021/2/18)

GoogleのFitbit買収が完了 日本の公取委も承認
Googleは、2019年11月に発表したFitbitの買収を完了したと発表した。昨年12月のEUに続き、日本の公正取引委員会などもこの取引を条件付きで承認したため。Fitbitは独立子会社として存続し、ブランドも残る見込み。(2021/1/15)

2020年改正個人情報保護法の解説 〜EUの一般データ保護規則(GDPR)との比較も含めて
2020年6月に改正案が可決された個人情報保護法。個人データを利用する事業者にはどのような規制が適用されるのか。(2020/12/29)

GoogleのFitbit買収をEUが条件付きで承認 残るは豪政府当局の承認
Googleが昨年11月に発表したウェアラブル企業Fitbitの買収を、EUの欧州委員会が条件付きで承認した。FitbitのユーザーデータをGoogleのターゲティング広告に流用しないなどの確約(コミットメント)にGoogleが同意したため。(2020/12/18)

欧州連合、IT大手を規制する2つの法案を発表 企業買収の事前通知や不適切投稿の迅速な削除を義務付け
欧州委員会は、IT企業を規制する2つの法案「デジタルサービス法」と「デジタル市場法」を発表した。Google、Facebook、Amazon、AppleなどのIT大手が対象になる。(2020/12/16)

Dropbox使うバックドア「Crutch」発見、EU加盟国の外務省で5年間も潜伏
Dropboxに機密データを転送するバックドア「Crutch」が発見された。このバックドアはEU加盟国の外務省で5年間に渡って潜伏しながら諜報活動をしていたとみられる。データ転送にDropboxの正規の方法を使うため、発見しにくいという。(2020/12/3)

EU、Amazon.comを独禁法で新たに正式調査
EUが米Amazon.comが米Amazon.comがオンライン小売りプラットフォームでの支配的な立場を悪用し、小売り市場の公正な競争を阻害しているとしてに異議告知書を送り、新たな正式調査も開始した。(2020/11/11)

【特集】物流Techのいま(2):
日通が採用し、ソニーや安川電機が出資、日本郵便が共創を模索する「プラットフォーマー」は物流の何を変えるのか
物流Techを語る際、直近で最も具体的な実装が進む分野の一つが倉庫オペレーションの最適化だ。EUに技術的な源流を持つ物流Tech企業が日本国内で注目を集める。ソニーや安川電機などから出資を受け、経営メンバーにはIT業界の大物も名を連ねる。注目される理由はそのビジネスモデルにある。大手企業との協働を続々と仕掛ける企業を取材した。(2020/11/11)

市場動向:
技研ヨーロッパが蘭・工場新設、EU圏で「圧入」市場拡大を狙う
技研製作所グループでオランダに拠点を置く、Giken Europeの新工場と事務所棟が竣工した。新工場ではEU圏での圧入市場の拠点となると位置付けられている他、大型圧入機の実習も含めた研究機能も備えるため、日本で培った圧入技術のノウハウを欧州にも普及させるとともに、圧入事業の市場拡大をも狙う。(2020/8/21)

EU、Googleによる21億ドルのFitbit買収の正式調査開始 結論は12月9日
欧州連合の欧州委員会が、GoogleによるFitbit買収についての調査を開始した。ウェアラブル端末から集めたデータを広告に使用することで、広告市場での立場をより強固にするかどうかを中心に調査するとしている。(2020/8/5)

EU、中国やロシアの個人と組織に制裁 マルウェア「WannaCry」「NotPetya」などに関与
制裁対象となる中国人2人とロシア人4人および中国、ロシア、北朝鮮の3組織は、マルウェアを使った大規模攻撃や世界の企業を標的とするサイバースパイ活動に関与したとされる。(2020/7/31)

Slack、MicrosoftをEUに提訴 「TeamsのOffice 365バンドルは独禁法違反」
Slackが、MicrosoftがSlackと競合する「Teams」を「Office 365」にバンドルするのは独禁法違反だとして欧州委員会に提訴した。Microsoftは、Teamsには動画チャット機能があるからコロナ禍で伸びたが、Slackにはないので伸びないと語った。(2020/7/23)

Apple、アイルランドの税優遇をめぐる130億ユーロ追徴課税裁判で勝訴(一審)
欧州連合が2016年、アイルランド政府に対しAppleに最高130億ユーロ(約1.5兆円)を利子付きで追徴課税するよう要請したことに関する裁判で、一審の裁判所がこの要請を無効と判断した。(2020/7/17)

欧州委員会、Appleを独禁法違反の疑いで調査開始 App StoreとApple Pay
App StoreとApple Payの2つがそれぞれ調査される。(2020/6/17)

IIJmio meeting 27:
5G時代の仮想通信事業者「VMNO」は、MVNOと何が違うのか? IIJ佐々木氏が解説
ファンミーティング「IIJmio meeting 27」で、IIJの佐々木太志氏が「VMNO」について解説。VMNOは、もともと欧州のシンクタンクCERREが欧州委員会に提出した政策ペーパーの中で言及した、5G時代の新しい仮想移動通信事業者のコンセプト。自由度の低いMVNOに対し、VMNOは基本的にはホストMNOと同等のサービス自由度を有する。(2020/5/22)

KAMIYAMA Reports:
コロナ・ショックからの回復を支える財政拡大
過去最大級の経済対策を決定した日本では、今後感染拡大防止が奏功した段階で、地域活性化などのアイデアの具体化を含む追加対策が打ち出されることになるだろう。米国では、追加の経済対策が議論され始め、欧州でもEUがルールを一時緩和し、機動的な財政政策が打てるようになった。(2020/4/13)

工場ニュース:
欧州の自動車工場は新型コロナで3月末まで操業停止、需要急減と部品調達も要因に
欧州域内における新型コロナウイルス感染症の急拡大に対応するため、EUならびに各国政府が地域封鎖や外出制限、出入国の制限などを始めている。これらの政策に合わせて、欧州域内にある自動車メーカーの工場も操業を停止している。(2020/3/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。