ニュース
» 2010年09月27日 17時57分 UPDATE

シトリックス、モバイルPCのデータ保護を強化する新機能を発表

シトリックスは、オフライン環境で利用できるクライアントハイパーバイザーと、データ暗号化機能の提供を発表した。

[國谷武史,ITmedia]

 シトリックス・システムズ・ジャパンは9月27日、デスクトップ仮想化製品の機能強化版となる「Citrix XenDesktop 4 Feature Pack 2」(FP2)を発表した。同梱される新機能の「XenClient」および「XenVault」により、モバイルPCのセキュリティ強化を支援できるとしている。

 XenClientは、米Intelのクライアント管理技術「vPro」を搭載したPCのハードウェア(ベアメタル)上で直接動作するクライアントハイパーバイザー。5月に米国で発表しており、FP2に含まれるのは正式版となる。

 同機能は単体でも利用できるが、仮想デスクトップのイメージをホストするサーバと連携するための「Synchronization for XenClient」および「Receiver for Client」を組み合わせて利用することで、盗難・紛失やPC障害時にバックアップが可能になる。事前にPCのXenClientで仮想マシンをセットアップし、その仮想マシンのイメージをサーバにバックアップする。仮想マシンはオフライン環境で利用でき、ネットワークに接続した状態ではサーバと同期して、定期的にバックアップが行われる。

citrix01.jpg XenClientの特徴(クリックで拡大)

 XenClient上で複数の仮想マシンを動作させることでき(OSのライセンス条件やPCのスペックにより異なる)、業務内容に応じて仮想マシンを切り替えて利用できる。PCの故障や、盗難・紛失の場合は、ポリシーに基づいてデータを保護する。サーバと一定期間に通信が行われない場合に仮想マシンの利用をブロックするなどのセキュリティ対策が可能という。サーバにバックアップしている仮想デスクトップのイメージを別のPCなどに配信して、再び利用できるようになる。

 同社によると、OSにハイパーバイザーのソフトウェアをインストールして利用する従来型の仕組みでは、OSが乗っ取られるなどのセキュリティ上の問題に直面した場合に、ハイパーバイザーやその上で動作する仮想マシンにも影響が及ぶリスクがあるという。だが、ベアメタル上でハイパーバイザーを動作させればこのようなリスクがなく、ハードウェアのパフォーマンスを損なうこともないとしている。

 XenVaultは、PCのHDD内に専用領域を確保し、その領域に暗号化したデータを保存する仕組みを提供する。個人PCを仕事で使用する際のデータ保護を目的にしており、企業のサーバから配信された仮想アプリケーションを個人PCで利用する場合に、アプリケーションで扱うデータをXenVaultの専用領域に格納することでデータを保護できるという。

citrix02.jpg XenVaultの特徴(クリックで拡大)

 専用領域を参照するにはパスワード入力が必要で、原則として仮想アプリケーションからファイルを開く必要がある。専用領域に対して、利用可能な期間や管理者が遠隔操作でデータを消去できるなどのポリシーを適用できる。同社は、PCが紛失・盗難に遭った場合でも、専用領域を削除してしまうことで、第三者による悪用を防止できると説明している。

 XenClientのライセンスは、単体利用もしくはサーバ連携で10台までの端末を利用する場合は無償となる。端末が11台以上の場合は有償版製品の「XenDesktop Enterprise/Platinum」が必要。XenVaultは無償で利用でき、Citrix Receiverのプラグインとしてダウンロードできる。提供開始時期は9月末の予定である。

木村氏 木村裕之副社長

 新機能を提供する狙いについて木村裕之副社長は、企業での仮想デスクトップの利用が世界的に普及しつつある中で、特に社外で業務を行う場合や企業の管理が行き届きにくい個人PCでの仮想デスクトップ利用を支援するソリューションが求められていたためだと説明した。

 近年は高速の無線通信サービスの普及で、社外でもネットワークに接続した状態で業務を行うことが容易になりつつある。だが社内にいるのと同様にモバイル環境で仮想デスクトップを安全に利用する手段がなかったという。またコストなどの制約によって、会社からPCを支給されない従業員は、個人所有のPCで業務を行わざるを得ない。しかし、データ保護といったセキュリティ管理が難しく、情報漏えいリスクが常にあった。

 なお、XenClientを利用できるのはvPro搭載モデルで、現時点で動作検証を終えているのは米Dellや米Hewlett-Packardなどの一部製品となる。対応機種は順次増えていく見込みだという。

関連ホワイトペーパー

Citrix(シトリックス) | 仮想化


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -