ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

  • 関連の記事

「XenClient」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「XenClient」に関する情報が集まったページです。

シトリックスが事業戦略説明会を実施:
モバイルワークスタイルはもはや幻想でなく実現可能な現実
 シトリックスが、2014年度の事業戦略説明会を実施。同社代表取締役社長 マイケル・キング(Michael King)氏は今年の注力キーワードとして“モバイル・ワークスペース”を挙げた。(2014/2/19)

主要3製品を比較、アプリケーション仮想化製品選びのポイント【前編】
アプリケーション仮想化でCitrix XenAppを選ぶ理由とは?
OSとアプリケーションを切り離す技術であるアプリケーション仮想化には、さまざまな製品が出回っている。前編では、Citrix XenAppの特徴とともに、最新バージョン6.5の機能を解説する。(2013/3/27)

「Citrix Synergy 2012 Barcelona」で聞いた:
今後はNexusやUCSにNetScalerが載っていく
(2012/10/19)

シトリックス、XenDesktop 5.6の機能強化パックをリリース
既存PCでリモートアクセスをできるようにする「Remote PC」や仮想デスクトップのアプリケーション体験を向上する機能などが追加される。(2012/7/5)

業界にビッグウェーブを引き起こすか
仮想デスクトップのグラフィックス性能を向上させるNVIDIAの仮想GPU
NVIDIA VGXは、仮想デスクトップのグラフィックスパフォーマンス問題を解決する技術だ。ユーザーはPC並みの環境を得ることができ、IT部門はCPU負荷やVDIの初期費用を軽減できるメリットがある。(2012/7/4)

Citrix Synergy 2012 レポート:
モバイルワークスタイルとクラウドサービスをつなぐ――新製品群が多数登場
Citrixは年次カンファレンス「Citrix Synergy 2012」で多数の新製品やサービス、新規プロジェクトを発表。国内での展開を含めて改めて取り上げてみたい。(2012/5/31)

Citrix Synergy 2012 レポート:
クラウドへのシフトを明確にしたCitrix
米Citrixの年次カンファレンスが米国サンフランシスコで開幕した。初日の基調講演ではマーク・テンプルトンCEOが、クラウドコンピューティングへの同社のビジョンを語った。(2012/5/11)

ホワイトペーパーレビュー
デスクトップ仮想化のコストとライセンスを知る3つのホワイトペーパー
BCP、セキュリティ対策などで注目が高まるデスクトップ仮想化。だが、イニシャルコストの高さが懸念されている。本稿では、デスクトップ仮想化のコスト感やライセンス体系をつかめるホワイトペーパーを紹介する。(2012/2/9)

VDIがPC市場で占める割合は2015年までに8〜12%
安価になり導入進むか? デスクトップ仮想化2012年の動向
アナリストによれば、VDI(仮想デスクトップインフラ)は依然として小規模でニッチな市場ではあるが、2012年にはこれまでよりも多くの大企業がVDIを検討するという。(2012/2/7)

なかなか進まないデスクトップ仮想化導入。その理由は?
デスクトップ仮想化、2012年に評価を予定する企業は約26%
ベンダーが積極的にデスクトップ仮想化のメリットを訴え導入を促す一方で、多くのユーザー企業は従来のPC運用からの脱却に関心がないことが米TechTargetの調査で分かった。(2011/12/19)

注目すべきは画面転送だけでない
3D対応やVoIPも実現、VMware View 5の新機能とライセンス
ヴイエムウェアから新しいデスクトップ仮想化製品「VMware View 5」が登場した。3Dアプリケーションへの対応やVoIPの実現、セキュリティ強化、ユーザー管理、監視など幅広い機能的向上が図られた。(2011/10/25)

運用実績7年の自治体モデルケース、コストも解明!
TCO削減で9億4000万の投資を回収した 和歌山県のシンクライアント導入事例
和歌山県は、2004年より約4000台の行政事務PCをシンクライアント化。2世代目となる現行システムには従来比5割増となる約9億4000万円のコストを掛けたが、それに見合う成果が得られそうだ。(2011/9/29)

シトリックス、デスクトップ仮想化製品の新バージョンを発表
シトリックスは、デスクトップ仮想化製品の最新版「Citrix XenDesktop 5.5」を発表。仮想デスクトップ画面の配信速度を3倍に高速化し、対応クライアントの種類も増やした。(2011/9/8)

XenServer Tips
XenServerネットワークの構成と設定
XenServerのネットワークについて解説する。後半では、コマンドラインインタフェース(CLI)を使用して、設定情報などを確認する。特にトラブルシューティングの際に役立つと思われる。(2011/8/18)

XenClient 2技術プレビュー版レビュー
大規模運用を実現するクライアントハイパーバイザー「XenClient 2」誕生
米Citrix Systemsは2011年5月末、クライアント向けベアメタル型ハイパーバイザーの新バージョン「XenClient 2」の技術プレビュー版をリリースした。対応ハードウェアを拡大すると共に、企業利用に必須の管理サーバ機能を拡充している。 (2011/7/5)

マイナー製品を選んだ米ユーザーの事例
クライアントハイパーバイザーのメリットと製品選定のポイント
クライアントハイパーバイザーは、従業員のPCを集中管理するのに有効な技術である。さまざまなベンダーがクライアントハイパーバイザー製品を提供しているが、どこに着目して選べばよいのだろう。(2011/6/17)

XenServer Tips
XenServerのコマンドラインインタフェース(CLI)を理解しよう
XenServer管理タスクの6、7割はXenCenterで管理が可能だが、残りはコマンドラインインタフェース(CLI)を使わなければならない。XenServerを使い込めば必ず使うCLIについて解説する。(2011/6/6)

XenServer Tips
XenAPIを呼び出しXenServerにリモート接続する方法 〜Python編
Pythonを使用してXenServerを管理する方法を解説する。XML-RPCでXenAPIを呼び出すことで、XenServerにリモート接続することができる。(2011/5/23)

Windows XPからの移行を簡易化するツール紹介(後編)
Windows 7移行ツールを評価してみた
Windows 7へのアップグレードを簡易化するツールは市場に多く存在する。それらの特徴や提供価格などを紹介する。(2011/4/22)

XenClientのHCLはなぜvProのみ?(後編)
クライアント型ハイパーバイザーの課題と選択肢
XenClient 1.0のHCLに登録されているチップファミリーは1種類、vProだけだ。しかし、クライアント型のハイパーバイザーを実行するのにvProは必要ない。(2011/4/1)

XenClientのHCLはなぜvProのみ?(前編)
クライアント仮想化にIntel vProは価格に見合う価値があるか?
XenClient 1.0のHCLに登録されているチップファミリーは1種類、vProだけだ。しかし、クライアント型のハイパーバイザーを実行するのにvProは必要ない。(2011/3/23)

XenServer Tips
XenServer 5.6 FP1へのアップグレード手順
XenServer 5.6からXenServer 5.6 FP1へのアップグレードを例に、XenServerのバージョンをアップグレードする際の注意点を取り上げる。(2011/3/14)

XenServer Tips
XenServerで無償/有償機能ライセンスを取得する
XenServerのライセンスには、無償機能で使用するものと有償機能で使用するものの2種類がある。有償機能用ライセンスでは、別途ライセンスサーバが必要になる。(2011/2/21)

開発中のMinWin
MinWinとHyper-VクライアントハイパーバイザーがWindows 8で登場か?(後編)
Hyper-VクライアントとMinWinの組み合わせは、開発の利便性やセキュリティ対策、レガシーアプリケーション対応などで多くの可能性を秘めている。(2011/2/8)

XenServer Tips
準仮想化ドライバXenServer toolsのインストール方法
XenServerがサポートするOSの準仮想化ドライバ「XenServer tools」について、機能とインストール方法を解説する。(2011/1/18)

XenServer Tips
XenServerにISOライブラリを登録する方法
XenServerにISOライブラリを登録すると、仮想マシンにOSやアプリケーションをインストールするときに非常に便利である。(2011/1/6)

XenServer Tips
XenServerでVMの仮想ディスクをVHD形式にする方法
仮想ディスクを保存するストレージを、デフォルトのボリュームベースのLVMからファイルベースのext3に変更する方法を解説する。これにより、シンプロビジョニングやエキスポートのパフォーマンスが向上する。(2010/12/21)

PCの運用管理業務を支援 vPro技術を活用した新サービスが登場
インテルのクライアントPC管理技術「vPro」を利用したヘルプデスクやセキュリティ対策の新サービスをインテルとパートナー各社が発表した。(2010/10/25)

vProの1500日
vProの登場は2006年の9月(日本では10月)。その後、世界経済の状況が大きく変化し、IT管理で求める機能も変わったという。そのvProの“いま”をインテルが語る。(2010/10/25)

仮想デスクトップ専用のアンチウイルス、McAfeeとCitrixが提供
McAfeeとCitrixは、XenDesktop専用のアンチウイルス製品を発表した。(2010/10/8)

シトリックス、モバイルPCのデータ保護を強化する新機能を発表
シトリックスは、オフライン環境で利用できるクライアントハイパーバイザーと、データ暗号化機能の提供を発表した。(2010/9/27)

デスクトップ仮想化製品紹介【第3回】
柔軟な操作性を備えたCitrix XenDesktop、仕組みとライセンス
Citrix XenDesktopは、マルチメディア系の処理を可能にした通信プロトコルやプリンタドライバ機能などを搭載し、最新のテクノロジーを駆使した仮想デスクトップの利用が可能である。(2010/9/17)

Citrix Synergy 2010 Report:
クライアント・ハイパーバイザーはPCセキュリティの次なる一手
Citrixが発表したクライアント・ハイパーバイザー「XenClient」は、PCセキュリティに新たな方法を提供するのが狙いだという。(2010/5/19)

Citrix Synergy 2010 Report:
「クラウド時代にふさわしいインフラパートナーを目指す」――CitrixのCEO
Citrixはデータセンターのクラウド化を支援する新製品や新サービスなどを多数発表した。(2010/5/14)

Citrix Synergy 2010 Report:
デスクトップ仮想化がもたらすワークスタイルの未来像
米Citrix SystemsのテンプルトンCEOがデスクトップ仮想化によって変わるワークスタイルの未来像を紹介した。(2010/5/13)

デスクトップ仮想化機能とユーザー体験を改善:
CitrixがXenDesktopの新バージョンをリリース
CitrixのXenDesktopの新バージョンは、オフィスワーカーがデスクトップ仮想化を簡単、安価に利用できるようにするのが狙いだ。1台のサーバがサポートするデスクトップの数が増えたほか、マルチメディア/音声配信機能も改善された。同社はエンドツーエンドの仮想化ソリューションでVMwareとの差別化を図る考えだ。(2009/2/5)

セキュリティと管理性の強化:
IntelとCitrix、デスクトップ仮想化で協業
IntelとCitrixは、デスクトップ仮想化技術を広範な企業ユーザーに提供する計画だ。Intelの管理/セキュリティ技術であるvProとCitrixのXenハイパーバイザーおよび仮想化アプリケーションを組み合わせることにより、企業のデスクトップ/ノートPC上で仮想マシンを容易に実行、管理できるようにする。(2009/1/23)

Citrix、クライアント側ハイパーバイザー開発へ
Citrix Systemsは「XenDesktop」を発展させたデスクトップ仮想化ビジョンを発表した。Intelと提携し、クライアント側のハイパーバイザーを開発する。(2009/1/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。