ニュース
» 2010年11月04日 17時37分 UPDATE

NEC、基幹向けクラウドでSAPと協業

NECは国内ITベンダーとして初めて、SAPとクラウドサービス事業で協業した。今後、NECの基幹向けクラウドサービスの中核としてSAP ERPを位置付けるという。

[石森将文,ITmedia]

 NECは11月4日、独SAPとクラウドサービス事業で協業したと発表した。この分野で独SAP AGとパートナーシップを結ぶのは、NECが初めてとなる。

 NECでは、自社の基幹システムなどで利用実績のある構成をもとにクラウドサービスの提供基盤としたデータセンターを「クラウド指向データセンター(CODC)」と定義している。国内および海外各地にCODCを展開し、クラウドサービスの提供拠点とする計画だ。今回の協業によりNECは、基幹領域のアプリケーションソフトウェアとして「SAP ERP」を採用し、CODCを通じて月額利用料方式のクラウドサービスとして提供する。なおNECは、SAPのデータセンター環境認定基準「SAP Cloud Services-Certified」を日本のITベンダーとして初めて取得した。

 今後はまず、日系企業の国内外の事業所に対し、CODCを通じてSAP ERPの各機能を提供する。対象領域は経理から始め、販売、購買などにも順次拡大する。NECの自社実績をもとに展開することから、当面は製造関連企業への展開が主となる見込みだが、今後は他産業への導入も図る。NEC自身の業務プロセス改革とITシステム改革で得られた成果をフィードバックしたコンサルティングサービスも提供するという。

 NECは、CODCを海外主要地域に展開することで、海外の企業にも基幹システムを中心としたクラウドサービスを提供するとしており、「SAP ERPを、基幹システム向けクラウドサービスの中核メニューとして位置付ける」(NEC)という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -