ニュース
» 2010年12月03日 07時00分 UPDATE

米オンライン年末商戦、スタートは上々

米国のネット年末商戦の皮切りとなる「サイバーマンデー」は、オンラインショッピングの支出額が前年から16%増えた。

[ITmedia]

 ネットでの米年末商戦の始まりとされる「サイバーマンデー」に、オンラインショッピングの支出額が初めて10億ドルを突破したと調査会社comScoreが報告した。

 サイバーマンデーとは、感謝祭の休暇明けの月曜日(今年は11月29日)。休み明けに職場の高速なネット回線を使ってオンラインショッピングをする人が多いためそう呼ばれている。

 今年のサイバーマンデーのオンラインショッピング額は、10億2800万ドルで前年同日から16%増えた。10億ドル突破は初めてという。増加の主な要因は、買い物客1人当たりの平均支出が増えた(12%増)ことだ。オンライン買い物客の数は4%増にとどまっている。買い物1件当たりの金額は平均で60.05ドルと10%増え、買い物件数は6%増の1710万件だった。

 「オンライン年末商戦は明らかに素晴らしいスタートを切った。喜ばしいニュースだ」とcomScoreは述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -