ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「商戦」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「商戦」に関する情報が集まったページです。

ドコモの2022年夏モデルが出そろう ハイエンド全機種が5G SA対応、久々のarrows ケータイも
NTTドコモの2022年夏商戦向け新端末が出そろった。既に発表済みのものを含めるとハイスペックスマートフォンが4モデル、スタンダードスマートフォンが3モデル、4Gケータイが1モデル用意されている。AQUOS wish2 SH-51C以外のスマートフォンは分割払いの最終月の残価を端末ごとに設定し、端末を返却すると、残価の支払いが免除される「いつでもカエドキプログラム」の対象となる。(2022/5/11)

鉄道をモチーフ:
“電鉄系”ランドセルってなに? 百貨店で商戦ピーク
令和5年度に小学校に入学する子供向けのランドセル商戦が、大型連休に各百貨店でピークを迎えている。商品の豊富なラインアップや量販店とのサービスの違いを強調。今年は鉄道をモチーフにした電鉄系ランドセルの投入も目立つ。(2022/5/2)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
盛り上げ役がちょっと違う? 熱気が戻った2022年の「スマホ春商戦」
「春商戦」と呼ばれる1〜5月(特に3月と4月)は、携帯電話の契約や端末販売が一番多くなる時期……ですが、ここ2年は新型コロナウイルス感染症の影響でそうでもありませんでした。今年(2022年)は賑わいをある程度取り戻したものの、ちょっと今までとは様子が異なるようです。携帯電話ショップのスタッフから話を聞いてみましょう。(2022/4/25)

リベンジ消費を狙う:
そごう・西武は33万円のセット! 百貨店のバレンタイン商戦、高島屋や大丸松坂屋は?
百貨店各社が、バレンタインデーに向けた商品を発表している。(2022/1/21)

Transport Dive:
クリスマス商戦壊滅の米国 それでも輸送会社は収益を上げる
港のフル稼働を進めても一向に解消しない米国の物流の大混乱はいつまで続くだろうか。ロジスティクス専門会社の決算発表はさぞ厳しいかと思いきや、実際には収益力を高めている状況が見えてきた。物流混乱に対策するための大型の投資も発表している。混乱の渦中で見せたしたたかな成長戦略を読む(2021/12/21)

百貨店のクリスマス商戦活況 「リベンジ消費」追い風
新型コロナウイルス禍の自粛生活の反動による「リベンジ消費」の後押しもあり、各百貨店でクリスマス商戦が活況を呈している。巣ごもり需要で例年より価格が高めのクリスマスケーキの売れ行きが好調なほか、「自分へのご褒美」も含めたプレゼント用の高額商品の販売も伸びている。(2021/12/20)

百貨店のクリスマス商戦活況 「リベンジ消費」追い風
新型コロナウイルス禍の自粛生活の反動による「リベンジ消費」の後押しもあり、各百貨店でクリスマス商戦が活況を呈している。(2021/12/20)

Supply Chain Dive:
クリスマス商戦を襲う「在庫不足」回避へ ウォルマートとターゲットが種明かし
世界的なサプライチェーン逼迫が続く中、WalmartとTargetは商品を確保するためにどのような施策を採ったのか。大手以外の小売業者に残された選択肢とは。(2021/12/6)

年末も20%〜50%還元のお得な施策が続く スマホ決済12月のキャンペーンまとめ【2021年12月5日】
2021年12月もスマホ決済キャンペーンが充実しており、ボーナス商戦を盛り上げそうだ。au PAYでは、最大20%還元の「たぬきの大恩返し 冬」も見逃せない。d払いは最大50%を抽選で還元するキャンペーンも行う。(2021/12/5)

エアコン商戦 寒冷地で熱 暖房能力向上 灯油価格高騰も追い風
冬のエアコン商戦が始まった。灯油を使うヒーターが主流の寒冷地に向けて、家電各社は外気温がマイナス10度や20度を超えても室内がしっかりと暖まる高機能モデルを相次いで投入している。(2021/11/24)

エアコン商戦 寒冷地で熱 暖房能力向上 灯油価格高騰も追い風
冬のエアコン商戦が始まった。この数年、?激戦区?として注目されるのが北海道や東北地方だ。灯油を使うヒーターが主流の寒冷地に向けて、家電各社は外気温がマイナス10度や20度を超えても室内がしっかりと暖まる高機能モデルを相次いで投入している。新型コロナウイルス禍で在宅時間が増えたことや原油高も追い風となっている。(2021/11/23)

「Windows 11」が初めて迎える年末商戦 日本マイクロソフトと主要PCメーカーはどう臨む?
日本マイクロソフトが、2021年末から2022年始にかけてのコンシューマー(個人ユーザー)向けの「Windows 11」のプロモーション戦略を説明した。主要なPCメーカーと共同で、さまざまな取り組みを実施していくという。(2021/11/18)

磯部孝のアパレル最前線:
宣言解除でアパレル業界の復活なるか 秋冬商戦で問われる企業の力
コロナ禍で人流に変化がおきて生活者のライフスタイルも変わった。生活者のライフスタイルの変化に対応できた企業と出遅れた企業とでは業績に差が生まれたように思う。アパレル業界が打破しなければならないポイントや対応策について考えてみたい。(2021/10/27)

Amazon、年末商戦で15万人を臨時雇用(昨年は10万人)
Amazonは米国のホリデーシーズンに向けて、15万人を臨時雇用すると発表した。昨年は10万人を雇用した。(2021/10/19)

「らくらくスマートフォン」と「あんしんスマホ」 シニア向けスマホを2機種並べたドコモの狙いとは?
NTTドコモが2022年春商戦向けモデルとして、FCNT製の「らくらくスマートフォン」と京セラ製の「かんたんスマホ」の2機種を投入する。どちらもシニア向けスマートフォンで、ほぼ同時期に発売される予定となっている。なぜ、わざわざシニア向けスマホを2モデルも用意するのだろうか。狙いを考察してみよう。(2021/10/8)

ドコモの2021年冬モデルはいくら? オンラインショップ価格をチェック!
NTTドコモが10月6日、2021年冬商戦と2022年春商戦に向けた新モデルを発表した。発表済みのものを含めて、2021年10月6日時点で価格が決まっている機種の価格を簡単にまとめた。(2021/10/6)

ドコモが2021年冬・2022年春商戦向け新モデルを発表 全機種が5G対応 京セラ製スマホやThinkPadの姿も
NTTドコモが2021年冬商戦と2022年春少年向けの新モデルを発表した。全て5G対応モデルとなったことが大きな特徴だ。(2021/10/6)

“軽さは正義”の「AQUOS zero6」と“薄型+大容量バッテリー”の「AQUOS sense6」 シャープ新スマホの特徴
シャープが2021年秋冬商戦向けのスマートフォンとして、「AQUOS zero6」と「AQUOS sense6」を発表した。AQUOS zero6は、ディスプレイが6型以上、バッテリー容量が4000mAh以上の防水5Gスマートフォンで世界最軽量となる146gを実現。AQUOS sense6は4570mAhのバッテリーを搭載しながら、先代のAQUOS zero5G basicから1mm薄くすることに成功した。(2021/9/28)

コロナ禍のニーズに対応:
コンビニのクリスマス商戦スタート 大手3社の狙いは?
コンビニのクリスマス商戦が本格的にスタートする。各社はコロナ禍で“おうち時間”を充実させたいという利用者のニーズに対応する。(2021/9/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
小判、ギョーザ、からあげクン オリンピック効果に沸いた“注目”商品とは
東京オリンピックが終わった。オリンピックに関する商戦や経済効果はどうだったのか? 選手村で絶賛されたギョーザや、コンビニだけではない“注目”商品とは。(2021/8/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
花火商戦に“異変” 遊べる場所が減り続けていた「家庭用」が息を吹き返したワケ
コロナ禍で打ち上げ花火が苦戦している。一方、家庭用の手持ち花火などは好調だ。「SNS映えする」「近所迷惑にならない」といった現代風の工夫が支持されている。(2021/7/28)

4キャリアで比較! 最新Androidスマートフォンの価格まとめ(2021年夏編)
ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの2021年夏商戦向けスマートフォンが出そろった。ミッドレンジからハイエンドまで、バランスよくそろっているが、端末価格はどれくらいか。4キャリアの最新Androidスマートフォンの価格をまとめた(全て税込み)。(2021/7/20)

約9兆円の取引総額:
中国、独身の日に並ぶ「618」商戦 日本企業の口コミ数は「ユニクロ」や「資生堂」が上位 戦略は?
中国のセールといえば11月11日の独身の日(W11)が有名だが、それと並ぶのが6月18日の「618」だ。中国・星図データによると、今年の「618」の流通取引総額は5784億8000万元(約9兆8720億円)だった。(2021/7/16)

若者向けモバイルノートPC「LIFEBOOK CH」に直販限定のCore i7モデルが登場 Evoプラットフォーム準拠
富士通クライアントコンピューティングが2020年冬モデルとして発売した「LIFEBOOK CH」。夏商戦に向けて、直販限定でスペックを底上げしたモデルが登場する。合わせて、店頭販売限定だった「モカブラウン」ボディーを一部の直販モデルで選択できるようにする。(2021/6/16)

OPPOの端末戦略 フラグシップはキャリア市場、ミッドレンジは性能で勝負する
オウガ・ジャパンが5月25日、2021年夏商戦向けのスマートフォンを発表した。ラインアップは、フラグシップの「OPPO Find X3 Pro」、ミッドレンジの「OPPO Reno5 A」「OPPO A54 5G」の3モデル。フラグシップ機では他社が未導入の技術を採用し、キャリア市場で勝負していく意向を示した。(2021/5/27)

5Gは400万契約を超えて「普及期に」 ドコモ夏商戦発表会で語られたこと
NTTドコモが5月19日、2021年夏の新サービスと新製品を発表した。5Gの契約者数は400万を超え、「本格的な普及期に入った」と井伊社長は話す。ユーザー一人一人の声に耳を傾け、発表会のテーマを「5G for individuals」とした。(2021/5/21)

乗り換えを検討するサービスは?:
スマホ春の新規・乗り換え契約 3位「povo」、2位「Rakuten UN-LIMIT VI」、1位は?
MMD研究所が18〜69歳の男女を対象に「2021年春商戦の通信サービス契約者実態調査」を実施した。(2021/5/21)

NTTドコモが2021年夏商戦向け新モデルを発表 5Gスマホを中心に4Gスマホと5Gルーターも用意
NTTドコモが、2021年夏商戦向けの新型端末を発表した。先行して発表/発売されたものを含めると、総勢9(10)機種を取りそろえている。【更新】(2021/5/19)

4キャリアの新プラン、契約トップは「ahamo」の22.9% MMD調査より
MMD研究所は、5月18日に「2021年春商戦の通信サービス契約者実態調査」の調査結果を発表。4キャリアの新プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」「Rakuten UN-LIMIT VI」の加入実態を調査したものとなる。(2021/5/18)

次期「Nintendo Switch」は4K出力に対応か──Bloomberg報道
米Bloombergは23日、任天堂が年末商戦に向けてNVIDIAのチップを搭載し、4K出力に対応した新しい「Nintendo Switch」を準備していると報じた。(2021/3/24)

PS5版「torne」年末までに登場 PS4版もバッファローの「nasne」に対応 SIE発表
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは3月17日、PlayStation 5用の録画アプリ「torne」を年末商戦期向けに配信すると発表した。バッファローのnasneにも対応する。(2021/3/17)

新型「nasne」3月末に発売決定! PS5版「torne」アプリも年末商戦に向け配信へ
やったー!(2021/3/17)

石野純也のMobile Eye:
5Gのエリア拡大とともに広がるミッドレンジスマホ ソフトバンクとauの戦略を解説
5Gのエリアが広がるとともに、端末のバリエーションも広がり始めている。当初はフラグシップモデルが中心だったが、2020年の秋冬ごろから徐々に5万円を下回るエントリーモデルが増えてきた。ソフトバンクとKDDIが、春商戦向けの安価な5Gスマートフォンを発表。両社の戦略を中心に解説する。(2021/2/15)

Switchとプレステ5の売れ行きは:
家庭用ゲーム、年末商戦の結果は? ファミ通が発表
2020年12月の国内家庭用ゲームソフトとハードの売り上げランキングをファミ通が発表。年末商戦の結果は?(2021/1/7)

「桃太郎電鉄」最新作、累計出荷150万本突破 さくまあきら総監督が歓喜のグータッチ
年末商戦の勢いすごい。(2020/12/24)

福袋購入歴40年のベテランが分析:
福袋は「企業泣かせ」? 意外な成り立ちと工夫を凝らしたコロナ禍の戦略
新型コロナウイルス感染拡大の中、例年とは違う動きを見せる「福袋商戦」。福袋を40年以上買い続けてきた筆者のMOMOTA氏はこう分析する。(2020/12/10)

巣ごもり需要を狙う:
「阪神タイガース福袋」はオンラインで 百貨店の福袋商戦 ”密”を避けて年末から
新型コロナウイルスの影響で、2021年の福袋商戦は例年と違う形になりそうだ。密を避けるため、販売開始を年内に前倒ししたり、オンラインストアを活用したりと小売り各社が工夫を凝らしている。(2020/11/30)

「iPhone 12 Pro Max」と「Galaxy Note20 Ultra 5G」「Xperia 1 II」のスペックを比較 大画面ハイエンド5Gスマホの特徴は?
2020年の冬商戦で大画面のハイエンドスマートフォンを買いたいけれど、どれがいいのか迷っている――そんな人もいると思います。そこで、5Gに対応する「iPhone 12 Pro Max」と「Galaxy Note20 Ultra 5G」「Xperia 1 II」の3機種の主な特徴を横並びで比べてみました。(2020/11/5)

ドコモが2020-2021冬春新モデル8機種を発表 5Gミッドレンジや4Gスマホも
NTTドコモが11月5日、Androidスマートフォンの2020-2021冬春商戦向け新モデルを発表した。5Gはハイスペックモデルとミッドレンジモデルまで幅広くそろえる。4Gでも新機種を用意した。ドコモオンラインショップ限定カラーもある。(2020/11/5)

ファッションの一部として提案:
そごう・西武、ファッショナブルマスクの専門売り場開設 高まる「マスク商戦」
そごう・西武は、マスクをファッションの一部として提案するマスク専門売場「MASK!MASK!MASK!」を期間限定でオープンすると発表した。(2020/10/21)

「どう生きるか」でPCを選ぶ時代に向けて――富士通2020年個人向け冬PC 注目機種を紹介
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が2020年冬商戦向けの新モデルを発表した。あらゆるニーズに応えるべく非常に多岐に渡る新モデルの中から、筆者個人として注目する機種を紹介する。(2020/10/20)

今日のリサーチ:
ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデーシーズンに向けての準備もいよいよ始まります。(2020/10/19)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの秋冬モデルはいつ出る?/楽天モバイルが「5G」をスタート
auとソフトバンクが、2020年秋冬商戦向けのスマートフォンを発表しました。そうなると気になるのがNTTドコモの新スマホですが……。(2020/10/5)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDI高橋社長が「菅総理4割値下げ」を真摯に受け止め――「マルチブランドで低廉な料金を提供していく」
KDDIが2020年秋冬商戦に向けた発表会を開催した。auブランドのスマートフォンを全機種5Gにしたことが注目ポイントではあるが、記者としては菅義偉総理大臣が掲げる「携帯電話料金の値下げ」に対する高橋誠社長の受け止めが気になるところで……。(2020/10/2)

5G AndroidからiPhoneまで 秋冬スマホはミッドレンジに注目すべき理由
2020年の秋商戦では4〜7万円あたりで購入できる5G対応のミドル〜ミドルハイクラスのスマホが中心となりつつある。これは総務省の販売規制の影響だが、各社はどのようなラインアップで商戦に臨もうとしているのか解説する。(2020/9/8)

夏は激辛が支持される:
ローソンが「激辛好きのための」ポテチを発売 「激辛パウダー」マシマシで挑む夏商戦
ローソンが「激辛好き」を狙ったポテチを発売する。別添の特製「激辛パウダー」をかけて辛さを調整できる。自宅で過ごす消費者が増えたことから、ポテチ全体の売り上げは増えている。(2020/7/17)

Mobile Weekly Top10:
まだまだ主役は「LTEスマホ」/イヤフォンマイク端子が復活した「Xperia 1 II」
NTTドコモが、2020年夏商戦向けのLTEスマートフォンの販売予約を受け付け始めました。エリアに広がりがない現状を踏まえてか、5Gスマホが出てくる中でも熱視線を集めているようです。(2020/6/17)

UQ mobileの夏モデル発表 「AQUOS sense3 basic」「OPPO Reno3 A」「Galaxy A41」の3機種
UQコミュニケーションズが5月25日、MVNOサービス「UQ mobile」の夏商戦向けスマートフォン新機種を6月中旬以降に発売する。ラインアップはシャープ製の「AQUOS sense3 basic」、OPPO製の「OPPO Reno3 A」、サムスン電子製の「Galaxy A41」。いずれもミッドレンジのスマートフォンだ。(2020/5/25)

auの夏商戦向けLTEスマホが登場 「Xperia 10 II」「Galaxy A41」「AQUOS sense3 basic」
KDDIが4月15日、2020年夏商戦向けのLTEスマートフォン3機種を発表した。ラインアップは「Xperia 10 II SOV43」「Galaxy A41 SCV48」「AQUOS sense3 basic SHV48」の3機種。コストパフォーマンスを重視したミッドレンジモデルとなる。(2020/4/15)

石野純也のMobile Eye:
春商戦と楽天対抗 KDDIが「auデータMAXプランPro」の値下げに踏み切った理由
KDDIが、「auデータMAXプランPro」を、2月1日から1500円値下げする。ドコモとソフトバンクの大容量プラン、また春に本格参入を控えた楽天モバイルに対抗するという狙いがみてとれる。一方で、バンドルプランである「auデータMAXプラン Netflixパック」より安くなるという逆転現象が起きた点は気になる。(2020/1/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。