ニュース
» 2010年12月24日 08時30分 UPDATE

Android Marketの有料アプリ料金支払い、AT&Tが電話使用料との合算を可能に

これまでGoogle Checkoutへの登録が必要だったAndroid Marketの有料アプリ料金支払いが、AT&Tでは電話料金とまとめて支払えるようになった。日本ではソフトバンクが既に同様のサービスを発表している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月23日(現地時間)、米AT&TがAndroid端末ユーザー向けに、有料アプリ料金を電話料金とまとめて支払える「AT&T Direct Carrier Billing」サービスを開始したと発表した。

 att

 現在、Android端末向けアプリストアAndroid Marketの有料アプリの料金は、Googleの決済サービスGoogle Checkoutに登録し、クレジットカードで支払う必要がある。なお、日本ではソフトバンクが同様のサービスを12月中旬から開始すると発表している(24日現在、まだ開始されていないようだ)。

 新サービスでは、Android Marketで有料アプリを購入しようとすると表示される「支払い方法を選択」画面で、「Bill my AT&T account(AT&Tのアカウントで支払う)」を選択できる。これにより、アプリの料金はAT&Tの月々の利用料金と合算されて請求される。

 Googleは13日にはAndroid Marketのユーザーインタフェース改良を発表しており、アプリのダウンロード拡大に努めている。Android Marketの登録アプリ数は10月の時点で10万本と発表されている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -