ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Checkout」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Checkout」に関する情報が集まったページです。

「Google Wallet」、「Android Pay」誕生後も送金サービスとして生き残り
Googleの新モバイル決済サービス「Android Pay」は現行の「Google Wallet」に代わるものではあるが、Google Walletは完全になくなるわけではなく、友人や家族とのオンラインでの送受金サービスとして残すという。(2015/6/1)

Google Walletには電子メール送金機能を追加:
「Google Checkout」が11月20日でサービス終了、正式にWalletへ一本化
米Googleは5月21日、オンライン決済サービス「Google Checkout」の提供を2013年11月20日で打ち切ると発表した。(2013/5/21)

「Google Wallet」がクラウドベースに 米4大カードに対応
米ユーザー向けAndroid端末のモバイル決済サービス「Google Wallet」で、MasterCardに加えてVisa、American Express、Discoverも使えるようになった。(2012/8/2)

Google、“選択と集中”のためのサービス終了予告第五弾 APIの非推奨ポリシーの変更も
Googleは、“春の大掃除”として、幾つかの古いAPIの非推奨化や特許検索サービスのGoogle検索への統合などを発表した。(2012/4/23)

ソースネクスト、Androidアプリのパッケージ販売を開始
ソースネクストが、自社開発のアプリと同社が厳選したアプリを「Android厳選アプリ」シリーズとして家電量販店やオンラインショップで販売すると発表した。3年以内に100タイトル以上をラインアップする。(2011/9/13)

XGA E Inkディスプレイ搭載、Google Books対応「iRiver Story HD」レビュー
韓国のiRiverが米国で販売する「Story HD」は、初めてXGA E Inkディスプレイを搭載し、さらに初めてGoogle Booksにネイティブ対応した電子書籍リーダー端末だ。その使い勝手を試してみた。(2011/8/23)

Google、ハリー・ポッターのサイト「Pottermore」と提携
提携により、「Pottermore」で購入したハリー・ポッターの電子書籍を、Googleのクラウド上のライブラリに保管できるようになる。(2011/7/21)

Google、モバイル向けWebサイトをテンプレートで作成できる無料ツールを公開
レストランやショップは、HTMLの知識がなくてもこのツールでモバイル向けの自社サイトを構築できる。(2011/6/30)

Android Marketアプリ内課金サービス徹底解説(3):
Androidアプリ内課金の管理・テスト・セキュリティの8つのポイント
Androidアプリの新たな可能性を開拓するアプリ内課金について、概要から利用方法、アプリへの実装の仕方まで詳しく解説する特集(2011/6/17)

Google Offersがβスタート 支払いはGoogle Checkoutで
GoogleのGroupon対抗クーポンサービスがポートランドでスタートした。第1号は地元のコーヒーショップで使える70%ディスカウントクーポンだ。(2011/6/2)

Android Marketアプリ内課金サービス徹底解説(2):
Androidアプリにアプリ内課金を実装してみよう
Androidアプリの新たな可能性を開拓するアプリ内課金について、概要から利用方法、アプリへの実装の仕方まで詳しく解説する特集(2011/5/13)

Google Chrome Storeでアプリ内課金が可能に
Google Chromeのアプリストアが日本語にも対応し、アプリ内課金が可能になった。Angry BirdsのWeb版ではアプリ内でスペシャルレベルを購入できるようになる見込みだ。(2011/5/12)

Google、震災復興を目指す日本への世界中のメッセージを日本語表示するページをスタート
世界中からの励ましのメッセージをGoogle翻訳で日本語化して表示する「Messages for Japan」サイトがスタートした。(2011/4/11)

せかにゅ:
東日本震災の復興支援、海外IT企業も 寄付やサービス無料化で
GoogleやMicrosoft、Appleをはじめ、海外のIT企業も日本の震災の復興支援に乗り出している。ソーシャルゲームのアイテムで100万ドルの寄付を集めた例も。(2011/3/15)

ドコモのiMenu、災害時仕様に 義援金の受け付けも
ドコモがiモードサイトのトップページを災害時仕様に変更。災害に役立つ情報を無料で提供中だ。「ドコモケータイ送金」を利用した募金も行っている。(2011/3/15)

被災地への募金受け付け、ネットで始まる
東北地方太平洋沖地震の被災地を支援するための募金受け付けをヤフーなどが始めた。(2011/3/12)

Google Appsに有料の追加ストレージサービス「User Managed Storage」
Google Appsのユーザーは、最大16Tバイトまでのクラウドストレージを購入し、Google DocsやPicasa Web Albumsで利用できるようになる。(2011/3/2)

auのスマートフォン、Androidマーケットのキャリア決済が可能に
3月末からauのキャリア課金がAndroidマーケットの支払いに対応。au one マーケットに加え、Androidマーケットのアプリ購入代金も、毎月の利用料と合算で支払えるようになる。(2011/2/28)

Google、サービス利用時のアカウント設定変更を簡易化
ユーザーは身の安全を守るため、偽名で市民デモの動画をYouTubeにアップロードしたい場合もある――。Googleが、ログイン状態を簡単に変更できるようナビゲーションバーを改訂した。(2011/2/25)

Google、コンテンツ販売・決済サービス「One Pass」発表――Appleに対抗
Appleが前日に発表した定期購読サービスに対抗し、Googleがパブリッシャー向けのコンテンツ販売システムを発表した。収益分配率や価格設定権などがAppleよりパブリッシャーに有利になっている。(2011/2/17)

安藤幸央のランダウン(55):
開発者は覚えておきたいアプリストア/マーケット大全
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2011/2/7)

Google、Appleとの戦いに向けモバイルアプリ開発者を大量採用へ
スマートフォン出荷台数シェアでは世界首位に立ったAndroidだが、利用できるアプリ数ではiPhoneに大きく水をあけられている。Googleはこの差を縮めるため、アプリ開発のエキスパートを大量に採用するようだ。(2011/2/1)

せかにゅ:
ホワイトiPhone 4は2月末に発売?
米家電量販店Best Buyのデータベースでは、iPhone 4ホワイトモデルが2月27日に入荷されることになっているという。(2011/1/21)

初めてのAndroid――操作の基本をマスターしよう(後編)
Android端末の操作には、従来型の携帯電話とはちょっと異なる作法がある。本特集の後編ではAndroid端末の初心者を対象に、端末にプリセットされる便利な機能の使い方を解説する。(2010/12/28)

Android Marketの有料アプリ料金支払い、AT&Tが電話使用料との合算を可能に
これまでGoogle Checkoutへの登録が必要だったAndroid Marketの有料アプリ料金支払いが、AT&Tでは電話料金とまとめて支払えるようになった。日本ではソフトバンクが既に同様のサービスを発表している。(2010/12/24)

Google、電子書籍ストアを米国でオープン
「Google eBookstore」ではWebブラウザで電子書籍を購入し、クラウドに保存して読むことができる。(2010/12/7)

進化するデバイス技術と新しいコンテンツ:
米国の電子書籍周辺事情を整理する(後編)
日本でも急速に盛り上がる電子書籍市場。本連載では一足先に電子書籍がブレイクしている米国市場の現状について取り上げてきたが、最終回となる今回は、Androidや電子書籍専用端末などの今後、そして、コンテンツに関して筆者が注目している取り組みについて紹介する。(2010/12/3)

Android Marketを悩ます有料アプリの問題
Android携帯は46の地域で売られているにもかかわらず、アプリ開発者は13カ国でしかアプリを販売できない。この状況が海賊版問題を生み、Android Marketの成長を妨げている。(2010/8/24)

Google、「Chrome Web Store」に5ドルの登録料――不正ソフト予防策として
10月開店のアプリストア「Chrome Web Store」には、開発者とユーザーを不正から守るための「5ドルの登録料」と「ドメイン照合システム」が設けられた。(2010/8/20)

Kindle、NOOK、iPadが電子書籍市場からGoogleを締め出す?
電子書籍市場はAmazonのKindleとBarnes & NobleのNOOK、AppleのiPadの3強の戦いになり、Googleやソニーなどのプレイヤーは締め出されるかもしれない。(2010/8/18)

Googleに音楽サービスは必要なのか?
Googleがオンライン音楽ストアとクラウド音楽サービスを開発していると報じられている。だが、Googleは勝ち目のない戦いをするより、Appleが音楽市場を囲い込んでしまったことを受け入れるべきだ。(2010/6/25)

せかにゅ:
州検事総長がTwitterで死刑執行を報告、物議醸す
ユタ州の検事総長が「死刑執行の許可を出した」とTwitterでつぶやいたことが物議を醸した。死刑反対の声だけでなく、Twitterを死刑の報告に使ったことへの批判も上がった。(2010/6/21)

AndroidスマートブックとWindows phone:
KDDI、au向けスマートフォン「IS series」2機種を発表
auの新たなスマートフォン「IS series」2機種が登場。シャープ製のAndroid端末「IS01」と、東芝製のWindows phone「IS02」が、6月上旬以降に発売される。あわせて、IS seriesの新規契約者を対象に、2年間で最大2万6280円を割り引くキャンペーンも実施する。(2010/3/30)

au、Android端末向けポータル「au one Market」をオープン――「IS01」発売と同時に
KDDIがauのAndroid端末向けポータルサイト「au one Market」を提供。同社初のAndroid端末「IS01」の発売に合わせてオープンする。(2010/3/30)

海外ケータイとプリペイドSIMを日本で購入する:
第2回 海外ケータイを“個人輸入”――日本語重視ならスマートフォンがお勧め
前回は、海外ケータイを購入するにあたっての注意事項を取り上げた。今回は、海外で利用するSIMロックフリー端末とプリペイドSIMを実際に購入する方法を解説しよう。(2010/3/11)

Google、ビジネスアプリストアでGoogle Appsエコシステム強化
ユーザーは「Google Apps Marketplace」で購入したサードパーティー製アプリを、OpenIDでのシングルサインオンでGoogle Appsとシームレスに利用できる。(2010/3/11)

神尾寿のMobile+Views:
Xperiaは“iPhoneキラー”になり得るか
“もっともiPhoneに近い”と言えるソニー・エリクソンの「Xperia」。ソニー・エリクソンとドコモは、スマートフォン分野におけるApple/ソフトバンクモバイル連合の快進撃にブレーキをかけられるのかを考えてみたい。(2010/1/27)

YouTube、動画の有料レンタルを開始
YouTubeは動画の有料レンタルモデルを導入し、動画のマネタイズ手段を拡大する。(2010/1/21)

購入リポート:
高度3000メートルで「Nexus One」を買ってきました
Googleが自社ブランドで自らAndroidケータイを発売する――。2009年末から、IT業界は話題騒然となっていた。この“Googleフォン”をぜひとも入手したいと思い、年明け早々からドタバタ劇を繰り広げたあるライターの物語。(2010/1/15)

Google、大地震被災のハイチを支援
Googleのトップページにハイチ大地震の関連情報まとめページへのリンクを設置し、Google Checkout経由の献金ボタンを表示したほか、被災後の現地の航空写真を提供している。(2010/1/15)

Googleの「Nexus One」Web直販の狙いとは
「Nexus One」の発表における最大のニュースは、Google自身が携帯端末市場に参入したことだ。だが同社のビジネスモデルを「Amazonの猿まね」と評するアナリストも。(2010/1/7)

Google、自社ブランドAndroid携帯「Nexus One」発売
うわさされていたGoogleのオリジナルAndroid携帯が正式に発表された。米国ではGoogleのオンラインストアから直接購入できる。(2010/1/6)

Google、Android 2.1搭載の“スーパーフォン”「Nexus One」を発表
Googleが1月5日(現地時間)、自身が端末の開発に深く関わり、Android OSの性能を最大限に引き出したスマートフォン「Nexus One」を発表した。米国では即日販売を開始している。(2010/1/6)

賢者の意志決定:
「iPhone or Android?」――あなたの知らないモバイル業界の真実
iPhoneアプリをビジネスとしてとらえたときに、最も難しい話題の1つが、プロモーションです。本稿では、実体験に基づくiPhoneアプリのプロモーション手法を考察するとともに、モバイル業界は今後はiPhoneやAndroidとどのように向き合うべきか、そして、iPhoneとAndroidの最終戦争の行方について、前回に引き続き“鬼才”清水亮が解説します。(2009/12/12)

HT-03A、Android 1.6で何が変わる?
10月23日から、「HT-03A」向けのAndroid 1.6アップデートの配信が始まった。すべてのユーザーに行き渡るまでには1週間程度の時間を要するようで、まだアップデートできていない人も多いようだが、グーグルの説明会で明らかにされたAndroid 1.6の新機能をまとめる。(2009/10/23)

「HT-03A」がAndroid 1.6にバージョンアップ 有料アプリ購入にも対応
ドコモが10月23日から、HT-03A向けのAndroid OS 1.6の配布を開始する。1.6では、Androidマーケットでの有料アプリ購入に対応したほか、細かな使い勝手の向上が図られている。更新ファイルは無線LAN優先で自動的にダウンロードされる。(2009/10/22)

販売は「改善に努めています」:
日本でもAndroidマーケットへの有料アプリ“登録”が可能に
グーグルが9月15日、日本のAndroidアプリ開発者もAndroidマーケットを通じて有料アプリケーションの販売が可能になったことを明らかにした。(2009/9/15)

せかにゅ:
どうしてiPod touchはカメラなしなのか?
iPod nanoにはビデオカメラが搭載されたが、iPod touchにはカメラが付かなかった。「iPhoneとの競合を避けるためでは」という説もあるが……。(2009/9/10)

Android Market、有料アプリの提供に対応
これまで無料アプリのみだったAndroid Marketで有料アプリが販売されるようになる。決済にはGoogle Checkoutが使われる。(2009/2/14)

YouTubeの一部ビデオがダウンロード可能に
スタンフォード大学の講義などをダウンロードし、オフラインでじっくり見ることができるようになった。(2009/2/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。