ニュース
» 2011年03月28日 07時41分 UPDATE

RIM、アプリ開発エミュレータのtinyHipposを買収

4月にタブレット「PlayBook」を発売するRIMが、BlackBerryアプリ開発促進を狙い、Webブラウザでアプリをエミュレートできる「Ripple」のベンダーtinyHipposを買収する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 カナダのResearch In Motion(RIM)は3月25日(現地時間)、モバイルアプリ開発エミュレータを手掛けるカナダのtinyHipposを買収することで合意に達したと発表した。米Appleや米Googleに後れを取っている自社製スマートフォンおよびタブレット向けアプリ本数の拡大が狙いだ。買収総額などの詳細は公表されていない。

 tinyHipposは2009年創業のウォータールーに拠点を置く非公開企業。アプリ開発者向けに、Webブラウザ(Google Chrome)でHTML5対応のモバイルアプリをエミュレートできる拡張機能「Ripple」を提供する。Rippleは、WAC、Opera、PhoneGap、Vodafoneのプラットフォームをサポートしている。

 ripple Ripple

 買収完了後、tinyHipposの従業員はRIMのアプリ開発チームに編入され、BlackBerry開発者向け環境の開発に従事する。一方、Rippleのダウンロード提供、新機能の追加は継続する計画という。

 RIMは4月19日に同社初のタブレット「PlayBook」を北米で発売する。同社は24日、PlayBookでAndroidアプリを利用できるようにすると発表した

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -